WOODY PRESS

トレーニングの為のスケートボードWOODY PRESS

スノーボードのオフトレ、サーフィンの陸トレ

効果絶大、オフシーズンのトレーニング

WOODY PRESS(ウッディープレス)は、サーフィンの陸上トレーニングの為に開発されたスケートボードブランドです。僕らMOJANEの仲間は、スノーボードシーズンが終わると、このスケートボードで気になるフォームを修正し、サーフシーズンが始まれば、サーフィンの陸トレとして活用しています。

WOODY PRESS
WOODY PRESSから登場した2018年の新作トラック”CARVE(カーブ)”は、あらゆるスケートボードを乗りこなすためのバランス感覚を身に付け、ボードと身体を連動させる感覚を掴むことが出来ます。慣れてくると、プッシュせずに前進させられるようになり、その動作がスノーボードやサーフィンとリンクしていきます。スケートボードとしては小さめですが、まるで長いボードに乗っている感覚です。
初心者はまず乗り慣れる事から。中級者は大きめのクルーザーとして。上級者は本格的なフォーム改善やイメージトレーニング用として。レベルに応じた使い道があるので、どんなレベルの方でも始められます。

WOODY PRESS
WOODY PRESS/CARVE 18500円+TAX

高コスパのコンプリートボード

WOODY PRESSのCARVEは、買ったその日からすぐに練習を始められるコンプリートボードです。通常のスケートボードは、デッキの他に目的に適したパーツ(ウィールやトラック等)を揃えて取付ける作業が必要ですが、コンプリートボードは完成品からスタートできるので、面倒事は一切ナシ。とても気軽なボードだと思います。

WOODY PRESS
スケートボードの価格帯は幅が広く、パーツの細部にまで拘れば、高価な代物になることもしばしば。CARVEの価格は18500円+TAX。決して安価ではありませんが、これ以上パーツ代がかからないので明快です。どのパーツも手抜きがなく、乗り比べてみるとコストパフォーマンスに優れている事を体感して頂けると思います。セッティングについては、体重や用途に合わせて店頭で微調整致しますのでご安心ください。

WOODY PRESS

3Sの世界を繋げるWOODY PRESS

スノーボード、スケートボード、サーフィン。3Sやヨコノリと呼ばれるスポーツの中で、スケートボードは山と海を繋げる役目も担っています。スケートボードでは、目的に応じてウィールやトラックのサイズを選びますが、CARVEにセッティングされたトラックは、やや大きめです。ウィールは大きすぎず、固すぎず、転がりが良いので、多少の悪路も気にせずプッシュ。このセットアップにより、スノーボードやサーフィンに近い動作が生まれ、明確なイメージを持ちながら練習することができます。

WOODY PRESS

正しいフォームへ導くCARVEの難度

WOODY PRESSからは、これまでにもサーフィンのトレーニング用スケートボードがリリースされてきましたが、新作のCARVEは一体何が違うのでしょうか?MOJANEユーザーからは、前モデル”スラスター・システム”と比較して「フォームに胡麻化しが効かなくなった」「難しいから楽しい」という声が。評判は上々です。僕自身フォームがかなり改善されたと実感しています。

特にスノーボードは、見よう見まねで上達してきた方も多いと思いますが、自己流によるフォームの”癖”が上達を遮っている場合があります。綺麗なフォームを身に付ける為に、CARVEの難しさが効果的です。

逆に、スノーボードやサーフィンのビギナーがCARVEで練習すると、初めから正しいフォームを身体に覚えさせることが出来るので、よりスムーズなレベルアップが期待できます。これからスケートボードを始めたいと考えている方で、スノーボードやサーフィンにも興味があれば、基本のスケートとして最初の1本に選んでいただきたいと思います。

WOODY PRESS

CARVEの乗り方と練習法

WOODY PRESSの乗り方は、通常のスケートボードの様にプッシュでスピードを付けるのではなく、一蹴りした後は体の上下・左右の運動を加えて自走させます。上級者の練習を見ると、身体の動きだけでスピーディーにカーブを繰り返し、ギュイン、ギュインと深いS字を描き続けます。簡単そうに見えますが、自走させるにはかなり練習が必要です。もしも夏の間に、スムーズに自走させられるようになったら、スノーボードのボードコントロールが格段に上達しているはず。また、サーフィンではアップスアンドダウンスのきっかけを掴んだと言えます。

WOODY PRESS
CARVEトラックは、ボードをキックでパタつかせる”チクタク”動作がしにくいのが特徴です。チクタクはボードコントロールに必要な要素ですが、簡単にノーズが動かせないので、スノーボードやサーフィンでボード後部をしっかり踏み込む練習に繋がります。上半身と下半身の動きをスムーズに連動させることが正しいフォームへの第一歩。慣れると自然に行うことが出来ますが、身体が覚えるまで繰り返し練習しましょう。

スノーボードシーズンの充実度は、夏の過ごし方で決まります。次の冬まで何をして過ごそうかな…というスノーボード燃え尽き症候群の皆さん、WOODY PRESSのスケートボードを使ってクルージングはもちろん、スノーボードやサーフィンの為のトレーニングを試してみてはいかがでしょうか。

Categories : SKATEBOARD, RECOMMEND
Tags:, ,

COMMENT

シェア