skate

スケートボードのファーストステップ
初心者の為の基礎まとめ #3

スケートボードビギナー向けチュートリアル

早速、練習を始めよう

初めてのスケートボードをゲットしたら、次の問題はどうやって乗るか。当然、初めから軽々と乗りこなせる人はいません。今回は、どんなジャンルにも共通するスケートボードの基本の乗り方を解説します。トリックの練習やスケートパークに行く前にマスターしていたい基礎的な動作です。また、2ページ目では適切な練習場所やスケートボードのマナーやルールをまとめています。

woody press

1.スケートボードに乗る前に

見よう見まねでももちろん始められますが、安全の為に事前に知っておきたいポイントが2つあります。

①自分のスタンスを知る

まず、左右の足のどちらを前にすると乗り易いかを確かめます。
片足を前に出して基本姿勢をとるスポーツ(スノーボード、野球、フェンシングなど)の経験がある方は、自分がどちらの足を前に出すと動きやすいのかを知っています。それが「スタンス」です。スタンスを知る最も簡単な方法は、目を瞑って立ち、だれかに背中を押してもらうこと。前のめりになった時、咄嗟に出た方の足が利き足であると言われています。右足が利き足ならレギュラースタンス、左足が利き足ならグーフィースタンスです。利き手と利き足は同じ場合が多いですが、「利き手は右だけど利き足は左だ」という人もいますので、一度確かめてみましょう。

スノーボードと同様、利き足はスケートボードのテール側に乗せてボードを操作することとなります。

レギュラー:ボードのノーズ側「左足」・テール側「右足」
グーフィー:ボードのノーズ側「右足」・テール側「左足」

②乗り降りの鉄則

スケートボードは、ノーズ側に乗せるスタンスの前足から乗り出し、テール側に乗せる後ろ足から降ります。後ろ足を残してしまうと、ノーズが浮いて後方に転倒する危険があります。必ず前足から乗り、後ろ足で降りることを確認してください。

2.ボードの上に立ってみよう

公共の施設や広場に出る前に、やっておきたい練習があります。最初から広いスペースは必要ありません。ガレージや室内でも十分です。平らな場所にスケートボードを置き、実際に乗ってみます。不安定で怖いと感じたら、ストッパーを利用したり、ウィールが進みにくい芝生の上で挑戦しましょう。

skate

ボードの上でスタンスを取る

ボードの上で立ち位置を確認します。スケートボードの上では、トラックよりも若干内側に足を置きます。足幅が狭いなと感じたら、後ろ足はキックの上に乗せてもOKです。但し、荷重をかけてしまうと背中側に勢いよく傾くので、とても危険です。荷重しない様に注意してください。また、頭が前足の膝より前に出ないように、体の軸を意識します。

僕はレギュラースタンスなので、左足を先に乗せます。その時、スノーボードのようにつま先ををやや進行方向に向けると乗りやすいです。また、つま先やかかとが極端にボードから出ないように、ボードの中心ラインにバランスよく足を乗せます。後ろ足も前足と同様です。

skate

ボードの上で動作確認

ボードに両足を乗せたら、顔を上げ、両手を広げて足首を前後に動かしてみましょう。トラックがグネグネと動くと、上半身は不安定になります。ボードの真ん中で重心をキープするイメージでつま先側や踵側に荷重の移動を続けてみてください。こうしてトラックの可動域を身体で知ることで恐怖心が無くなっていくはずです。

次に、そのままボードの上でしゃがんでみましょう。これが案外難しい。最初はガニ股になったり、腰が浮いてしまったりすると思いますが、後ろ足を折りたたむようにして頭が自分の前膝の真上にくるように。バランスを崩さずスケートボードの上に体がすっと収まる状態を目指します。しゃがんだ状態から立って、またしゃがむ。膝や足首を柔らかく使う事がポイントです。関節を痛めないよう少しずつ練習して下さい。因みに、この柔軟性がスノーボードやサーフボードのコントロールの練習にも通じます。

この動作に慣れると、スケートボードが進行中でもバランスを保ちながら重心を下げることができるようになります。
常にどちらかにバランスを崩してしまう様であればもう一度スタンスを見直してみましょう。

skate

3.いざ、屋外へ。プッシュで前進!

ここからは広いスペースで行います。なるべく凹凸や段差のない平ら~ごく緩やかな傾斜の場所で行いましょう。

後ろ足で地面を蹴りながらスケートボードを走らせる動作を「プッシュ」と呼びます。スケートボードで最も基本的かつ重要な技術です。スケートボードの全てはこのプッシュから始まります。

skate

前足をセットし、後ろ足で地面を蹴りスケートボードを前進させます。この時、前足は膝の内側に重心を置きます。その真上に頭がくるよう意識してみてください。スケートボードが走り出したら、後ろ足をボードに乗せます。足元が気になりますが、視線は進行方向へ。

スケートが前に進んでいる時は、棒立ちにならないように腰を落とします。頭は自分の膝よりも前へ出ないように、後ろに反りすぎないように、また、出っ尻にならないように意識しましょう。ボードの真ん中に重心をキープして両腕はリラックスして自然に広げます。ボードから降りるときは、蹴った方の足から着地です。初めのうちは降りるのが少し怖いかも知れません。

後ろ足で地面を蹴り、プッシュ〜進む〜腰を落とす〜止まる。まずはこの流れをスムーズに行えるよう繰り返し練習しましょう。

身体が慣れてきたら、連続プッシュに挑戦です。ボードの動きに身を任せながらポジションをキープして、プッシュを繰り返します。段々と傾斜や少しの凹凸にも対応できるようになります。どんな場所でも安定したプッシュが出来ることがスキルアップの近道です。スピードに慣れることも大切ですが、危険も伴うので十分ご注意を。

skate

3つの基礎トリックをマスターしよう

スケートボードのトリックは無限にありますが、誰もが身に付ける最初のステップをご紹介します。

skate

1.ターン

プッシュしてまっすぐ進めるようになったら、左右にターンしてみましょう。足首できっかけを作り、頭を腰がボードと垂直になるよう意識します。腰と目線で行きたい方向に進みます。この時、前のめりにならないように。頭は常にボードの上です。ゆるい傾斜を下れば、ターン時のスピードコントロールも練習できます。

skate

2.チクタク

後ろ足をキックに乗せ、ボードのノーズを左右に振りながら進ませる動作です。タイミングよく加重しながらボードを前に送り出すことで、進行方向を変えながら前へと進みます。チクタクで傾斜を上る練習は足の筋力トレーニングにも有効です。

skate

3.マニュアル

スケートボードの進行中に、テール側のウィールに加重してノーズを浮かせながら進みます。踏みすぎると後方へ転倒したり、スケートボードだけが勢いをつけて進んでしまい、周囲の人や物に衝突する恐れがあります。ボードの持つ特性を身体で覚えてから慎重に練習しましょう。

1 2
Categories : SKATEBOARD
Tags:,

COMMENT

シェア