softgoods

2019-2020最新モデル入荷リスト|ソフトグッズ編

MOJANE 2019-2020 SOFT GOODS ARRIVED

2019-2020注目すべき最新アイテム

今期のMOJANEは、ここ数年で最もソフトグッズが充実しています。MOJANEが大切にしている「機能性とデザイン性を両立したアイテム」が数多く発表されているからです。特に、セカンドレイヤーやフリース類は、各ブランドがPOLARTEC®(速乾性と保温性のある軽量素材)を積極的に採用しているので、スノーボードブランドならではのシルエットを重視しても、機能面で悩まされる事はありません。また、今季はアフターライディングの場面で活躍するリラックスアイテムにも注目。在庫状況、サイズのご相談なども、お気軽にお問い合わせください。

OUTER WEAR

OUTER WEAR

BURTON、VOLCOM、HOLDENの3ブランドの中から、アーバン・アスレチックなスノーウェアをセレクトしました。僕たちの目的はアウトドアではなく、あくまでもスノーボーディング。ジャケットの着丈は短か過ぎず、ゆとりのある身幅、腕を大きく動かせるように深めの袖ぐりである事。ボトムスはスノーボードのスタンスを考慮して作られた立体設計であることが大前提です。若者だけではなく、40代、50代のスノーボーダーにもお勧めしたい、今、最も旬なシルエットを揃えています。

PICK UP!

BURTON ak HOVER JKT & PANTS

BURTON ak HOVER JKT&PANTS

MOJANEの定番は、スポーティーでタフなHOVER(ホバー)シリーズ。スノーボードウェアとしてはトップクラスの3レイヤーGORE-TEX構造。80デニール(※)のナイロンプレーンウーブンを採用し、あえてバリッとした質感を出しています。クオリティーはもちろん、型崩れしにくくシルエットを長期間維持できます。また、HOVERの「黒」の風合いは、様々なウェアを着尽くしたベテラン勢の終着点ともなっています。
※デニールは繊維の太さを表す単位。他ブランドの類似ランクのウェアは、軽量化を測る為に薄手の30-40デニールが主流です。
HOLDEN

HOLDEN

2002年、プロスノーボーダーのMikey LeBlancとデザイナーのScott Zergebelがタッグを組み、オレゴン州シアトルで設立。パフォーマンス性能とファッション性だけでなく、製造工程や技術面で環境に配慮すべきだと考えているブランドです。設立後、日本でも知名度を高めている途中、アウトドアブランドとしてやや迷走した時期がありましたが、2016年Timeless Quality™の精神に基づいたリデザインに成功し、再び脚光を浴びています。最も過酷な環境下でも格好良くありたいと願う、流行に敏感なスノーボーダーの為のウェアです。
AK457

BURTON AK457

細部にまで気を配ったディティールとカラー展開で大人達を刺激。藤原ヒロシによる日本限定のハイエンドライン。長い間、スノーボードシーンのトレンドセッターを努めてきたAK457ですが、今期がラストシーズンとなります。最後を飾るのは、目にも鮮やかなピンクとベビーブルー、そして圧倒的な人気を誇るブラックが登場。惜しまれながらも華やかな終幕、是非チェックしてください。

INNER WEAR

レイヤード

今年、是非注目して頂きたいのがインナーウェアのラインナップです。北海道の冬山という厳しい環境でも十分な機能性を持ったインナーアイテムを幅広い価格帯でご用意しました。パーソナリティやご予算に合わせてご提案致します。

PICK UP!

BURTON ak HIGH GRADE DOWN INS

BURTON ak HIGH G DOWN JKT

伸縮性があり、冷たい風を遮断しつつ汗を外へと放出してくれます。つまり、軽く、暖かく、動きやすい。800フィルパワーのダウンを覆うのは、PERTEX® ULTRA LIGHTWEIGHT10D。生地の目からダウンの毛が飛び出さない”ダウンプルーフ”です。小さなバッグに収まるパッカブルタイプなので、スノーボードトリップの持ち運びにも便利。今期のMOJANE激プッシュアイテムの1つとなっています。凝ったキルティングデザインもポイントです。32000円+TAX
BURTON MINTURN FULL ZIP

BURTON MINTURN FULL ZIP

コストパフォーマンスに優れたミッドウェイトのセカンドレイヤー。POLARTEC®を代表するフリース素材”CLASSIC 200″が使われています。汗をかいても外へ逃がすので、特有の柔らかな肌触りは損なわれません。伸縮素材のサイドパネルが通気性を高め、また、長めの袖丈とサムホール(親指が通る穴)によって手首の防寒もバッチリ。ドロップテール(後身頃が長いデザイン)なので、ダイナミックに動いても背中が出ません。スノーボーディングをよく考えて作られています。16000円+TAX
VOLCOM POLARTEC® 1/2ZIP

VOLCOM POLARTEC® 1/2ZIP

スタイル重視のスノーボーダーから絶大な支持を得るVOLCOMから、実用性の高いフリースインナーが登場。POLARTEC®200を使用しているので、程よい厚みがあり、軽く、とても暖かです。VOLCOMファンはもちろん、人と違うスタイルを狙いたい!という方にもお勧めです。14000円+TAX

GOGGLE

GOGGLE

北海道のシーズンの大半は雪や曇り。山の天気は常に変わり易く、雪面の凹凸が見えにくくなりがちです。「見えない」時間を極力作らない為に、レンズのバリエーションが多いアイテムを厳選。また、ウェアとのコーディネイトを引き締める、シンプルかつ存在感あるものをセレクトしました。

DRAGON

DRAGON

MOJANEでは久々の登場となったDRAGON。平面と球面を融合させた”PXV”は、たった1つのフレームとレンズで大抵のコンディションをカバーするパノラック・レンズ。パウダーでもパークライディングも高性能を発揮します。DRAGONのLUMA LENSは外見は濃色レンズですが、中から覗くと透き通る様に良く見えます。見やすいレンズは欲しいけど、外から目が見えるのは抵抗がある、という方にお勧めです。
ANON

ANON

レンズとフレーム、そしてゴーグルを介してネックウォーマーやフードクラバがマグネットで繋がるANONのMAGNA TECHコレクション。磁力によるワンタッチ機能は、天気の変わりやすい雪山で大きなアドバンテージを生み出します。スタイリッシュで機能的、MOJANE激PUSHブランドです。
REVOLT

REVOLT

北海道を拠点とするプロスノーボーダー中井孝治さん監修、プロフェッショナルが作り出した本物のプロダクトブランドです。REVOLT(リボルト)の特徴は曇りにくいレンズ。腰以上の未圧雪パウダーをピストンで繰り返す、彼らの映像を観ればこのブランドの本質が感じられると思います。MOJANEユーザーの中では、ライディング時間の長い方々に支持されています。

GLOVE

グローブ

スノーボーダーはボードのエッジを掴む事が多く、グローブの手の平部分が傷みやすいので、買い替えのサイクルが意外と早いアイテムです。よりグラブしたくなる様な、手をアピールしたくなる様なグローブを選び、ライディングスタイルを彩りましょう。MOJANEでは、防水性、透湿性、防風性を備えたGORE-TEX仕様のグローブをお勧めしています。

PICK UP!

BURTON ak 3L HOVER MITT

BURTON ak 3L HOVER MITT 24000円+TAX

BURTON GORE-TEX GONDY MITT 14000円+TAX

BURTON ak OVEN MITT  

BURTON ak OVEN MITT 21000円+TAX

1 2
Categories : SNOWBOARD, RECOMMEND
Tags:, ,

COMMENT

シェア