BIG GULP

BIG GULP|北海道のタイトなツリーランで潜在能力を発揮!?

2020-2021 BURTON FAMILY TREE

初中級者のパウダーボード

2020-21のFAMILY TREEでは、SENSEISTRAIGHT CHUTERといった印象の強いボードに人気が集まっていますが、他にも知ってもらいたいモデルがあります。
その一つが、アメリカコロラド州、アスペンのRADIO BOARDSHOPとの共同開発で生まれたBIG GULP(ビッグガルプ)です。

big gulp burton

BIG GULP

SIZE:144.149.154.159.164 ¥87.000+TAX
BURTONでは、世界各地のスノーエリアからアイディアを汲み上げる新たなプロジェクトが始まっています。カチコチバーンが日常的なリゾートエリアにあるRADIO BOARDSHOPがBIG GULPに込めたのは、「パックされたハードバーンを楽しむ為のボード」というテーマです。
ただ、一言にハードバーンとは言っても、コロラドと北海道では雪環境も遊び方も違います。

そこでMOJANEは、BIG GULPが備えるグリップ力と総合滑走性に着目し、初~中級レベル層が楽しめるパウダーボードとして推薦することにしました。BIG GULP本来のテーマとは少し違った解釈ですが、ボードの魅力が浮かび上がって来るはずです。

BIG GULP

北海道流の
BIG GULP

日本では、ハードバーンで技術を競うテクニカルスノーボーディングという分野が独自に発展してきました。テクニカル競技者は、有効エッジの長いハンマーヘッドやアルペンボードで硬い急斜面を高速滑走します。また最近は、ボードの全長は短めでも長い有効エッジを持つボードが人気傾向にあります。

有効エッジの効果
スノーボードの全長とは別に、エッジの長さに注目してください。ボード全長が長く有効エッジが短い場合、実際の長さよりターンの動作が楽に行えます。一方、有効エッジが長ければ、全長の短いボードでもボードが長く感じられます。スウィングウェイト(振り回し)は軽く、ターン中に荷重をかける事が容易で、体がボードに乗りやすくなる。つまり、有効エッジが長いほど、ターン中にスノーボードに身を任せる事ができる仕組みです。スペックを見る際は、スタンダードなモデルや乗ったことのあるモデルと比較するとイメージしやすくなります。また、試乗の機会があれば、チェック項目に追加しましょう。

BIG GULPを見ると、太く短めのデザインです。ウェスト幅の広さはハードバーンでの安定感とドラグ回避には役立ちますが、ハードバーンをコンセプトとしているにも関わらず、有効エッジは定番モデルCUSTOMと比較しても短いのです。例えば、181cmの僕なら推奨サイズは154。この長さで硬いバーンを攻めるには抵抗感を持ってしまいます。

「BIG GULPで本当にハードバーンを攻められるのか?」北海道での試乗会では、そのテーマを試す環境がありませんでした。それでも実感できたのは、初級者から楽しめるオールマイティ性です。ノーズの浮力とテールの高い操作性は、パウダーボードとしても有効ですし、北海道のトリップボードを選ぶ際の候補にもなるでしょう。また、体格や足サイズが大きく、ドラグ問題を抱えている方の味方になると思います。是非チェックしてください。

BIG GULP
BIG GULP
BIG GULP

名機を集約したデザイン

BURTONとRADIO BOARDSHOPのコラボレーションは今回が初めてではありません。BIG GULPでは、2018-2019のコラボ作、MISTRESS(ミストレス)とBURTONのDUMP TRUCK(ダンプトラック)を織り交ぜて完成したデザインだそうです。

また、試乗したMOJANEレビュアーからは、DUMP TRUCKの他にもSTUN GUN、GATE KEEPER、LAND ROADなど、様々な類似ボードの名前が挙がりましたが、どのモデルも同じベクトル上に並ぶ要素を持っていると思われます。

ノーズ:DUMP TRUCKのDNA
BIG GULPはショートファットボードに分類こそされないものの、かなり太めのボードです。154でウェストは26cm。これは身長180の僕が乗るサイズになります。日本人の多くが149と154の2サイズを選ぶ事となり、159以上は足の大きな人や、体格がずば抜けて大きな人に向けられています。これは2016-17に発表されたDUMP TRUCKに似たデザインです。154に乗っているはずが、158かと錯覚する乗り心地。大きなノーズと太めのウェストは、まさにDUMP TRUCKの上半身です。オーバーサイズ的なデザインはあくまでも体格を重視したものだと思います。
テール:LAND ROADのDNA
BIG GULPのテール部分は、操作性の高いLAND ROADに似ています。LAND ROADは昨シーズン”Mystely Land Road”として復活し、コアなファンを沸かせました。このボードが多くのスノーボーダーを熱狂させた理由は抜群の操作性と言えるでしょう。大袈裟なピンテールではなく、すこしラウンドさせたピン・テールが深雪での回転性を生みます。今後もこの要素は、様々なモデルに受け継がれていくと思います。

rai takeda

上級者には平凡すぎる?

試乗会でのBIG GULPのフィーリングは上々でした。ボードは軽く、太いウエスト特有の安定感を備えながら、長いストロークのターンが楽しめる。硬くないのでポップ感もあり、短くてもパウダーではしっかりと浮く。
こうして改めて書き出してみても、悪いところは見当たりません。ですが、じゃじゃ馬ボードの楽しさを知っているスノーボーダーにとって、クセの無い優秀なオールマイティー性が仇となり、「滑りやすいけれどつまらない」という印象になってしまうかも知れません。

オールマイティー性だけで比較するなら、HOME TOWN HEROの感動には勝てなかったというのが正直なところ。ですが、BURTONが単に乗りやすいだけのボードをFAMILY TREEから出すだろうか?BIG GULPのオールマイティ性を北海道で活かすには?という疑問が僕の中にずっと残っていました。

新たな解釈の糸口は、ハードローカル鶴さんと行った3月中旬の札幌国際スキー場で見つけることが出来ました。

Masaichi Hirayama

BIG GULPを開花させるアイディア

 
昨今の北海道は、3月でもパウダースノーが楽しめる日があります。たとえ札幌市街が雨でも、札幌国際スキー場では見事な雪が迎えてくれる日があるのです。この日も季節外れのパウダーでした。新型コロナの影響で来場者は少なく、コース内はノートラック状態。それだけでも僕は満足でしたが、国際を知り尽くす鶴さんが案内してくれたのは、コース外のタイトで深いツリーラン。起伏が激しく、ラインを読み間違えると一瞬でストップしてしまうような、そして飛べるポイントがあちこちに。
こういった状況では、スピードとボードのコントロール性能はもちろん、経験と技術、セッティングまでもが試されます。

そこでふと、試乗会での記憶と目の前の状況が結びつき、「BIG GULPはこうした入り組んだ地形で威力を発揮するに違いない!」と閃きました。

RADIO BOARDSHOPの意図とは違うかも知れませんが、BIG GULPを検討中の方は是非似たようなシチュエーションで秘めたポテンシャルが爆発する瞬間を確かめてもらいたいと思います。そしてもちろん、ハードバーンでの乗り心地も…!

BIG GULP DETAILS

BURTON INFORMATION
BEND: Directional Camber
SHAPE/FLEX: Directional, 12mm Taper, Twin
CORE: Super Fly II 700G Core with Dualzone EGD,Squeezebox
FIBERGLASS/BASE: Triax with Carbon I-Beam,Recycled Sintered WFO
EXTRAS: The Channel®, Super Sap® Epoxy, Balanced Freeride Geometry, Pro-Tip, Infinite Ride
ARTIST: Ty Williams ty-williams.com
PERSONALITY: 5 – 8 (Medium – Aggressive)
TERRAIN: Park: 3, Groomers: 7, Powder: 8

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア