パーフェクトビンディングCARTELと来季の目玉MALAVITA x REDWING

BURTON 2017-2018 BINDINGS REPORT ①

来季BURTONからリリースされるビンディングの中から、MOJANEが注目するアイテムを3回に分けて紹介します。

CARTEL EST / REFLEX
まずは、多くのスノーボーダーの足元を支えているCARTEL。そのフィールドレンジ、対象レベルの幅は圧倒的に広く、ビンディングを選ぶ際には、必ず候補に入るモデルです。

ハンモックの網目のバランスが変化し、ソフトなのにしっかりとしたホールド感。
2018シーズンのCARTELは、”ハンモックストラップ2.0”のアンクルストラップを装備。従来のハンモックストラップのメッシュバランスが改良されています。足首のホールド感が増し、硬いボードにもしっかりと機能してくれます。 

とにかく締まりが良いので、ビタ!っとした装着感を求めるライダーにお勧めします。
ストラップ自体は柔らかく、様々なブーツにフィットするでしょう。オールマイティーかつ、コストパフォーマンスに優れているがCARTELの最大の魅力。このハンモックストラップ2.0はCARTELのみのアップグレードになります。
BURTON専用マウント”EST”とBURTON以外のボードにも使える(BURTONにも使用可)”REFLEX”があります。

MALAVITA x REDWING EST / REFLEX
お次は、2018シーズンの目玉となるMALAVITA x REDWING Leather。アンクルストラップとトゥストラップにREDWING社製のレザーを配置。DANNY君がプロデュースするボード”THINKERS”とのセットアップは非常にカッコイイです。

レザーストラップは、スノーボード史上、無視できない素材の一つです。
レザーの魅力は、使うほどに味わいが増し、自分のフィッティングになっていくこと。ストラップのホールド感も抜群です。このシルエットは、過去にリリースされた”リアクトアンクルストラップ”がベースとなっています。

ライダーズチョイスのノーマルバックル。実はこっちの方が良いという声も。
通常MALAVITAはナナメの”ダブルテイクバックル”ですが、DANNY君のこだわりは従来のストラップ”タン”(ギザギザのベルト)。よってバックルも通常のバックルです。性能自体はMALAVITAと大きく変わりありません。
BURTON専用マウント”EST”とBURTON以外のボードにも使える(BURTONにも使用可)”REFLEX”があります。この様なビンディングはシリーズ化する可能性は低いので、コレクターズやファッション性を重視するスノーボーダーにとって、非常に魅力的なアイテムではないでしょうか。

※EST / REFLEX
EST/イー・エス・ティーと呼ばれるビンディングシステムとREFLEX/リフレックス呼ばれるシステムがあります。ESTはBURTON BOARDのみ対応。 REFLEXはBURTONを含む、全ての2×4マウントシステムに対応します。ご購入の際はお間違いの無いように、必ずご確認下さい。