burton bottom feeder

BOTTOM FEEDER|BURTONのニュー・ショートファットボード

2018- 2019 BURTON FAMILY TREE BOTTOM FEEDER

セカンドボードの最有力候補

2018-2019シーズンのFAMILY TREEから、画期的なショートファットボードBOTTOM FEEDERが登場します。初心者から中・上級者まで広く楽しめるのが特徴で、小さい山やトラバースで遊べる山、柔らかい雪の季節に大活躍するモデルです。

“BOTTOM FEEDER”の意味を調べてみると「他のものの不幸から利益を得る日和見主義者。水底で生活し餌を採る魚。食物連鎖を低く常食にする腐食動物。」等と書かれています(webrioより引用)。解釈はそれぞれですが、BURTONは皮肉やジョークが大好きだ、という事は周知の事実です。

海に繋がるモデル名とショートファットというジャンル、これまでのBURTONとSURFの関係を考えると、過去モデル”FISH”や”SIKP JACK SURF”の流れを汲んだ、CHANNEL ISLAND(世界一のシェアを誇るサーフボードブランド。BURTON SNOWBOARDSが買収)とのコラボレーションを連想してしまいますが、実際にはコラボモデルではないようです。期待していた僕としては残念でしたが、疑いはかけておくことにします。

burton bottom feeder

より短く、より攻撃的に

burton punhundler
PUNHUNDLER
比較対象となるモデルは、2017-2018シーズン”FAMILY TREE PANHUNDLER(パンハンドラー)”です。
昨年、他ブランドに少し遅れをとった形でリリースされたBURTON初のショートファットボードPANHUNDLERは、BURTONの良さ(足首の動きだけでボードを曲げられる等)を活かしつつ、流行のショートファット形状を取り入れた変化球的モデルでした。

PANHUNDLERの継続やアップグレードを期待していた方も多かったように思いますが、FAMILY TREEではどんなに注目を集めたモデルも、1シーズン限り。BURTONの潔さには感服させられますが、それがFAMILY TREEの面白さでもあり、各モデルを完成させている証なのだと思います。

BOTTOM FEEDERは、PUNHUNDLERでは満たされなかった攻めれる感、振り切った感があり、セカンド・ボードとしての選択肢を越えたオール・マイティーなショート・ファットボードだと言えるでしょう。これまでのショートファットが不得意としていた長距離ライディングも、BOTTOM FEEDERは難なくこなしてしまいます。疲労感をカバーするカーブに対する反応の良さはPUNHUNDLERから引き継がれていて、BURTONらしさを感じます。

burton bottom feeder
BOTTOM FEEDER 150 /82.000円+TAX

BOTTOM FEEDERのデザインとスペック

burton bottom feeder
レングスは150ワンサイズ、ウェスト27.0cm、ベンドはフラット形状。カービングラインが取れるキャンバーの良さもありますが、とにかくプレイフルである事がショートファットの醍醐味だと思うので、フラット形状はポイントです。ノーズはPUNHUNDLERとほぼ同じ綺麗なラウンドピン。テールはムーンテールと呼ばれる珍しいデザインです。テールがおわん型になっている為パウダーに干渉せず、テールブロウに最適!因みに、PUNHUNDLERはスパッと切れたスカッシュデザインでした。

注目したい点は、緩やかなノーズロッカーです。2018-2019シーズン、FAMILTY TREEからリリースされるSTUN GUNは、絶対に沈ませないという強烈なノーズロッカーがあったのに対し、SPEED DATEやBOTTOM FEEDERはスピードと安定感を重視した反り上りの少ない設計となっています。この他、ショート・ファットの代名詞的ボードの1つ、YES NOW BOARD “THE420″もノーズロッカーが小さいので、乗ったことのある方はその感触を想像してみてください。

burton bottom feeder
burton bottom feeder
burton bottom feeder

フレックスとトーション

ショート・ファットボードは、通常のスノーボードのようにフレックスだけでその乗り心地を推測することは難しいです。他ブランドを含め、ショートファットボードのフレックスは驚くほど柔らかかったり硬かったり、極端なものも少なくありません。ですが、ボード自体が太いので基本的に安定感があり、実際に乗ってみると極端なフレックスも個性のうちに入ってしまいます。また、ショートファットボードの開発に積極的なメーカーの多くが独自のボード作りを行っていることも、フレックスがボードに及ぼす影響の多様性を生んでいます。大まかにみると、安定感を出す為の硬さは必要ないというのがショートファットボードのスタンダードな特徴だと言えます。

これらを踏まえて解説すると、BOTTOM FEEDERは柔らかいファンフレックスです。ノーズ、テール、そしてトーション(ねじれ)、どんな人でもボードのフレックスを感じられる程、べろ~んとした柔らかさがあります。先にも例に出したYES NOW BOARD “THE420″を知る人は、その柔らかさからは想像もつかない安定感とスピード性能を楽しんだかと思います。それと同様、BOTTOM FEEDERも柔らかさと速さに対応する安定性を両立しています。また、BOTTOM FEEDERに乗ってみると、ボードコア材が薄く感じられます。これは決して頼りないという意味ではなく、足裏と雪面が一体になるようなイメージです。この感覚については、ビンディングとのセットアップで違いが出そうです。BURTONなら最低でもGENESISは付けてもらいたいところですが、MALAVITAも楽しいと思います。

burton bottom feeder
TEST RIDER : Rai Takeda

スピードに強いTRIAXの秘密

BOTTOM FEEDERは、PAN HUNDLERよりも若干しっかりしている印象を受けました。その理由は、ボードの中身にありました。TRIAX(トライアックス)と呼ばれる3方向に編まれたファイバーグラスです。TRIAXにより、スピードに対する安定感や、薄く感じるのに頼れる感触が生まれているようです。BOTTOM FEEDERはショートファットでありながら、ゲレンデの斜度が23°以下で発揮するカービング要素も備えています。PAN HUNDLERとの性能の差は、このカービングとスピード感の部分でしょうか。

余談ですが、このTRIAXファイバーグラスは、2009-2015まで続いたDANNY DAVISのシグネイチャー”EASY LIVING”といったバチバチのビッグキッカー仕様のボードに採用されていました。今思うとEASY LIVINGはTRIAXを使用した分、重かったです。短く軽いショート・ファットボードでは、重さの問題が軽減されます。BOTTOM FEEDERの場合、TRIAXを採用したことで<コストを下げ、強度を上げた→コアを薄くして、軽くなった>というBURTONの妙なる采配。セカンドボードとしての役割を十二分に満たすスペックアップに好感度も上がります。

burton bottom feeder
Masaichi Hirayama/Rai Takeda

広いレベル層にハマる次世代ボード

2018-2019シーズンのFAMILY TREEは、ショートファットのBOTTOM FEEDER、ミディアムワイドのSTUN GUNなど、個性あるサブボードがメインコンテンツになってしまうほど充実しています。これらのボードは曲がりやすく、踏みやすく、良くしなる。上級者が遊べるボードであると同時に、初心者でも扱いやすい要素を十分に満たしています。「まずは一般的なボードを手に入れよう」的な先入観に囚われる事なくスノーボードを選ぶ新時代が始まっているように感じます。レベルに応じたボード選びよりも大切なのは、どんな遊びがしたいのか、という乗り手のコンセプトなのかもしれません。

BURTON FAMILY TREE とは?

BURTONの中でも特別なラインナップとなっているFamily Tree(ファミリーツリー)。毎シーズン、ユーザーの意見や要望を積極的に反映した強力な顔ぶれが揃います。フリーライディングボードを中心に、ボードの発展を家系図(Family Tree)になぞらえて、そのDNAを受け継ぎ、次世代に託すことを目的としています。BURTONとディーラー、そしてユーザーがタッグを組んで生み出す参加型プロジェクトです。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , ,

COMMENT

シェア