burton2021

BURTON 2021|新作速報!試乗会で絶対に乗ってほしい注目ボード

2020-2021 BURTON SNOWBOARDS

ジェイクが遺した最後のバートン?

2020-2021のBURTONは、2019年11月22日に逝去したJake Burton氏が手掛けた実質最後のコレクションとなるのでしょう。ファンにとって特別なシーズンです。例年、2月より全国各地で開催される試乗会「BURTON TEST RIDE TUOR」に向けて、来季BURTONの傾向とMOJANEが選ぶお勧めモデルをご紹介します。

BURTONには、大きく分けて2つのラインがあります。通常のボードラインナップ(インライン)と、フリーライディングに的を絞ったFAMILY TREE(ファミリーツリー)です。MOJANEでは、定番モデルの変化を追いつつ、FAMILY TREE、バインディング、STEP ON、ANONの動向をリサーチしてきました。

burton2021

FAMILY TREEに起きている変化

2020-2021のFAMILY TREEから感じたテーマは「FUSION」です。過去の印象的なアーカイブからボードデザインを融合させ、新たな乗り味が生みだされています。例えば、AURAのDNAを感じる「SENSEI」、ルックスこそ違えどMOON BUGGYのノーズロッカーとCUSTOM-Xの力強いテールを併せ持った「STRAIGHT CHUTER」など、正にファミリーツリー(家系図)を辿ることが出来そうなモデルがズラリ。

また、これまで1シーズン限りのモデルを基本としてきたFAMILY TREEですが、今季のヒット作HOME TOWN HERO(ホームタウンヒーロー)が大幅なサイズ展開で再登場することも大きなトピックスです。サイズが豊富に揃ったことで、メンズとウィメンズの境界線が取り払われます。これは、FAMILY TREE全体に見られる新たな傾向で、時代のムードをいち早くスノーボードに取り入れるBURTONらしいアイディアです。今後は体型や性別を越えた、ボーダレスなスノーボードアイテムが増えていくのではないかと期待が膨らみます。

burton2021

2021 FAMILY TREE

straight chuter burton
STRAIGHT CHUTER(ストレートシューター)
96.000円+TAX
SIZE(151.155.159.162)
ダニーデイビス(DANNY DAVIS)が乗るモデルで、彼自身が北海道キロロでもテストを行っています。スピードレンジを上げて縦に落としていくボードですが、サイズによって表情と性格が大きく変わるので、試乗会では是非サイズを乗り比べて下さい。朝から晩まであらゆる斜面を滑り倒したい人にお勧めです。また、知らない斜面を開拓しに行く浮力も持っています。
sensei burton
SENSEI(センセイ)92.000円+TAX
SIZE(151.156.161.170)
AK457のテクニカルディレクターとしても活躍する竹内正則プロがプロデュースする、トラディショナルなナロー・ボード。90年代中盤を彷彿させる懐かしのアウトラインがお洒落です。カービングマスターにとってはリラックスした乗り心地、これからカービングを習得したい、自分だけのカービングスタイルを見つけたい、という人にとっては最高の1本になるでしょう。
home town hero burton
HOME TOWN HERO(ホームタウンヒーロー)
87.000円+TAX
SIZE(144.148.152.156.156w.160.160w.165w)
SMALLS(130.140)4.3000円+TAX
トータルバランスの良さとサイズ展開で「ポストCUSTOM」の予感。新作では、女性やユース、キッズにもその乗り味が開放されます。また、156.160.165のワイド版がどの様な変化をもたらすのかが楽しみです!130から165まで、これほどのサイズ拡大・縮小を行ってもHOME TOWN HEROの特徴を維持し、誰にとってもバランスの良いボードです。
big gulp burton
BIG GULP(ビッグガルプ)
87.000円+TAX
SIZE(144.149.154.159.164)
カチコチのバーンで知られる、アメリカはコロラド州。ハードバーンでのグリップ力と総合滑走能力に焦点を当てたRADIO(スノーボードショップ)監修モデルです。安定感があり、ノーズの浮力と、テールの操作性が特徴的。 初めてパウダーボードや、トリップボードとしてお勧めします。また、大柄な方、足のサイズが大きな人にも良いボードです。
pow wrench burton
POW WRENCH(パウレンチ)
76.000円+TAX
SIZE(142.148.152.158)
キャッチーなビジュアルで、ひときわ目を引く1本です。短く幅広ですが、”ファット”まではいかないショート・ワイドボード。ツリーランでの操作性に期待できるモデルです。

高い操作性×強烈な個性

2021のFAMILY TREEは、1つ1つのモデルが強いキャラクターを持っています。幅広い層に向けた万能ボードHOME TOWN HEROの存在があるからこそ、他のモデルで強い個性を持たせることが出来たのかも知れません。とは言え、どのモデルにもBURTONならではの高い操作性が備わっているので安心して身を任せられます。

burton2021

FAMILY TREEの開発には、世界各地のスノーエリアやライダーがフォーカスされていますが、現役バリバリの若手ライダー、ダニー・デイビスが参加している事に興味を持った方も多いはずです。テリエ・ハーカンセンや、デイブ・ダウニングといったベテラン勢が主役だった開発の現場に、世代交代の兆しでしょうか。

僕は、BURTONにはスノーボードの新たな楽しさや魅力を生み出せる若い人材がたくさんいると思っています。次の時代を切り拓いていくフレッシュで才能豊かなライダーの提案を、どんどん見せてもらいたいです。ブロック・クラウチは、どんなディレクショナルボードを作るだろう? 今やBURTONの顔とも言えるミッケル・バンが、どこにでも持って行きたい1本を作るなら?想像するだけでワクワクしませんか?

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

16 thoughts on “BURTON 2021|新作速報!試乗会で絶対に乗ってほしい注目ボード

  1. katsu より:

    こんにちは。
    blogにInstagram楽しみにしております。
    ひとつ質問なのですがパウレンチのベンドは何になるのでしょうか?
    ショートワイドでフラットボードが好きでspringbreakのスラッシュスラッシャー、yes420と乗り継いで来たので非常に気になります。

    1. MOJANE より:

      katsu様
      いつもご覧いただきありがとうございます。
      良いボードに乗り継がれていますね!ショートワイドは僕も好きなタイプのボードです。
      パウレンチはフラットトップで、これまで乗られてきたボードの様に、スルスルした乗り味が楽しめます。
      僕、個人の感覚では、The420と比較するとちょっとパンチが無いように感じましたが、タイトなツリーランで遊び込めるボードだと捉えています。もし機会があれば、試乗会でお試しください!

  2. UN より:

    こんにちは。いち早い情報とても参考になります。
    今季、ワンヒッターがとても気になっていましたが今年は後継にあたる板がないように思えますが、ストレートシューターが近い存在になるのでしょうか?

    1. MOJANE より:

      UN 様
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、来季ワンヒッターを継ぐモデルはありませんが、サイズ次第でストレートシューターにその要素を感じることは出来ると思います。試乗する際は「短め」をヒントにしてください。
      また、ビックガルプも視野に入れてチェックしてみてください。
      ストレートシューターは、当店でも来季オススメしたいボードの1つです。今後、詳しいレビュー記事を公開する予定ですので、是非楽しみにお待ち頂けたらと思います。

  3. 中村晃大 より:

    こんにちは。いつも情報ありがとうございます。今、ダンプトラック163に乗ってますが、それに似たような板はどれになりますか?

    1. MOJANE より:

      中村晃大 様
      いつもご覧いただきありがとうございます。

      ダンプトラック163、と聞いて、きっと体格が大きい方なのかな、と想像しています。
      ビッグ・ガルプ159はダンプ・トラックを今風にアレンジした要素があると思います。よりパワフルな機動性を求めるなら、ストレート・シューター159もしくは162に試乗してみてください。

  4. Steve より:

    コロナ肺炎で試乗会が中止されて残念です。
    来シーズンから19-20UNION.FORCEからBURTONのCARTEL.MALAVITA.MISSIONいずれかに乗り換えようと思っていました。
    FORCEは抜群でしたが、ヒールカップが緩んでセンタリングが狂うのと、ハイバックローテーションが面倒くさいのが我慢できませんでした。
    パウダーからパーク、グラトリまで使いたいのですが、おすすめはありますでしょうか?カービング、パイプはやりません。板もソフト~ミドルフレックスしか使いません。
    また、re:flexはセンタリング調整がディスクの3穴のみになると思いますが、26cmのブーツを使うのであればSサイズが適正でしょうか?

    1. MOJANE より:

      Steve 様
      コメントありがとうございます。
      試乗会中止で戸惑っていらっしゃる方が多い事と思います。皆さんから寄せられる試乗の感想を楽しみにしていたので、僕にとっても残念なニュースです。ただ、思い返すと一昔前はユーザー向けの試乗会すら無かった時代がありました。当時と違い、インターネットで情報収集ができるので、来季に向けて出来る限りのギア紹介とレビューに努めたいと思っています。今後もご参考頂けると幸いです。

      さて、FORCEから変更なら、MALAVITAがオススメです。もし、FORCEのハイバックが気に入っているなら、MALAVITAのゼロフォワードリーンのハイバックは、FORCEのハイバックの柔らかさと通ずるものがあります。現行モデルのFORCEが緩んでしまうということは、比較的激しいライディングをされている方と想像します。MALAVITAの「フィットしているけど、ルーズ」なフィーリングは、幅広いボードに対応します。お持ちのブーツがION26cmなら、Sサイズでも問題ありませんが、Mサイズの方が今後のブーツ選びで対応出来る幅が増えると思います。

  5. 野村 洋 より:

    はじめてコメントさせて頂きます。いつもこの時期になると来季のBURTONのギア情報集めるのに楽しみに拝見させて頂いております。自分は自称ではございますがBURTONさんの信者で、いろいろ板はかせてもらってるんですが2009年「AURA」に勝る板と出会えておりません。今回レビューを見た中で「SENSEI」にそのDNAを感じると書いてました。具体的にもっと知りたいので教えていただければなと思います。あとFAMILY TREEで3D形状(スプーン)も出るような噂も聞いております。もっと知りたいので教えていただけたらなと思っております

    1. MOJANE より:

      野村 洋 様
      いつもご覧いただき、ありがとうございます。
      2009年のAURA、とても良いボードですね。当時の僕はまだ若く、1つ1つのモデルの細かな特徴まで注視していませんでした(UNINC等のフリースタイルボードに乗っていました)が、SENSEIのアウトラインを見た時に、真っ先に思い浮かんだのがAURAでした。
      昨今では珍しい細めのウェストです。サイズ161で24.7cmのウェストなので、細さが印象的だった2シーズン前のSPEED DATEよりも、更に細く仕上がっています。
      2009年当時のBURTONはクオリティの高いボードが多かったので、超える存在になるか確証はありませんが、僕はSENSEIにターンへのポテンシャルを感じています。詳細は、只今準備中の記事、新作モデルの紹介+レビューを、楽しみにお待ち頂けると幸いです。

  6. mitsu より:

    はじめまして、いつもブログ楽しみにしています。来期の、Free Thinkerが中国生産と書いてありましたが、それはどうなんでしょうか?性能スペックや、フレックスなどの変更はあったんですか?

    1. MOJANE より:

      mitsu 様
      コメントありがとうございます。
      THINKERSは、2017-2018のデビュー当初はオーストリアで、今シーズンはドバイのSWSで試験的に製造されていました。そして、来季は中国の工場となる事で、より幅広い層が楽しめるコストパフォーマンスの良いボードになると思われます。スペックを見る限り、大きな変更は無さそうです。MOJANEでは一部ブランドを除いて、中国工場で生産されたボードは取り扱わない方針があるので、来季のTHINKERSは試乗していません。申し訳ございません。

  7. スエ より:

    はじめまして!
    昨年Familytreeデビューを果たしSpeed Date 156, 今年は本ブログを参考にHometown Hero 156を買いました。
    来シーズンは上の2本との差別化が図れそうなパウレンチが気になっています。ただ、浮力の面で長さを48 or 52のどちらにするか悩んでいます。試乗の機会がありましたらサイズ毎のインプレッションをお願いします。
    あと、20-21ラインナップで暫定のコア材が分かっているものがあればお教えください。

    1. MOJANE より:

      スエ 様
      ブログをご活用いただき、嬉しいです。
      POW WRENCHを狙っているという事は、きっとツリーランも楽しまれるのでしょうね!
      このボードはSTICK SHIFTをベースに作られ、DAVE DOWNING氏が開発に関わっています。
      彼の意見は「出来るだけ短く乗れ!」という事でした。詳しくはこれから公開予定の148試乗レビューをお待ち頂けると幸いです。

  8. 馳男 より:

    はじめまして。
    いつも拝見させていただいています。
    「POW WRENCH」がめちゃくちゃ気になります。
    チビデブになったCHEETAHみたいな(笑)
    CHEETAHは借りて乗った程度ですが、ハイスピードでの安定感は抜群だけどツリーランとかで乗りこなせる自信が無かったですが、この板は?って思っています。
    そこで質問ですが、POW WRENCHはフラットですかディレクショナルキャンバーでしたか?
    試乗会中止が連続で現物見て試乗する機会がなさそうなので。。。
    よろしくお願いいたします。

    1. MOJANE より:

      馳男 様

      返信が遅くなりました!
      CHEETAHは今も大変人気のあるボードですが、おっしゃる通り、スピードコントロール技術が試される一面がありました。POW WRENCHはその点で乗り易いモデルに仕上がっていると考えています。ベンドはフラットトップです。BURTONが得意とするベンドだと、僕は考えています。詳細はこれからブログでも特集したいと思っていますので、是非楽しみにして頂けたらと思います。

COMMENT

シェア