BURTON BINDING

BURTONビンディングの
ハンモック・ストラップ比較 

2017-2018 BURTON ビンディング マイナーチェンジまとめ

続々入荷中のBURTONビンディング
注目ポイントはハンモック・ストラップ

2017年1月に行われたディーラー試乗会や展示会を経て、久しぶりのご対面となったBURTONの2017-2018モデルたち。その中からカタログに掲載されていないビンディングのマイナーチェンジポイントをまとめます。今回は、BURTONビンディングの中でもハイエンドモデルに標準装備されているハンモック・ストラップに注目してみましょう。ハンモックストラップには全3タイプがあり、GENESIS,GENESIS-X,CARTELの3モデルにそれぞれ装備されています。GENESISやGENESIS-Xにはベーシックなハンモック・ストラップ、X-BASEやMALAVITAにはアシンメトリー・ハンモック・ストラップ、CARTELには18モデルからお目見えとなったハンモック・ストラップ2.0です。

BURTON BINDING

オールマイティーかつコスパに優れた
CARTEL(カーテル)

今シーズンのBURTONビンディングでは”CARTEL“に装備されているハンモック・ストラップ2.0に特に注目が集まっています。僕がBURTONディーラー試乗会で確認した際は、柔らかい印象だったハンモックストラップ2.0ですが、製品化されてお店に届くと試乗時よりも確実に硬く感じました。変更があったのか、最終的に製品として完成したCARTELのハンモックストラップ2.0は、ここでご紹介する3つのバインディングの中で最も硬い仕上がりです。足首の締め上げを優先したい人はまずこのバインディングをチェックしてください。ハイバックは3モデルの中で一番柔らかいです。

BURTON CARTEL
昨シーズン(2016-2017)のCARTELは、ダブルテイクバックルにスーパーグリップキャップストラップでしたが、今シーズンはそれ以前の仕様に戻りました。単純にコストパフォーマンスの問題ではないかという指摘もありますが、ダブルテイクバックルとハンモックストラップ2.0の相性が悪いのか、2018シーズン以降にトータルアップグレードとしてリリースされるのか…いずれにしても注目ポイントとなります。MALAVITAもDANNY君お気に入りのスライダー(ギザギザのストラップパーツ)へと、敢えてダウングレードしている点から見ても、当分このダブルテイクバックル×螺旋状のスライダー、通常のバックル×ノーマルスライダーの今後のユーザー・バックアップは万全だろうと予測します。

BURTON CARTEL
BURTON CARTEL
BURTON CARTEL

BURTON GENESIS

近年のBURTONビンディングで
最も成功したモデルGENESIS(ジェネシス)

GENESISのハンモックストラップは、過去のモデルと比べて柔らかくなり、その個性がハッキリしてきました。ハイバックやベースプレートといったパーツはファイバーグラスの配合率を変えているので、GENESIS-Xの方が硬い仕上がりになっていることは事前に分かっていましたが、ここまでストラップの変化があると、GENESISを選ぶ利点も大きくなります。足首を前に大きく踏み込みたい方には最適なモデルではないでしょうか?2017-2018のBURTONのスノーボードでは”PAN HANDLAR”、他ブランドではYES NOW BOARDの”THE 420″の様なショート・ファットなボードにマッチするはずです。

BURTON GENESIS X

GENESISの硬度をより追求した
GENESIS-X(ジェネシスエックス)

GENESIS-Xのアンクルストラップにフレックスの変化は特に感じませんでしたが、スプリングベッド構造に変化があるかもしれません。その点に関しては、実際に使用してから改めてレビューをまとめたいと思います。


年々加速するプロダクトの進化。ボードの種類が増えたことに準じて、多様なニーズに応えるビンディングも出揃ってきています。今回のマイナーチェンジについては、ユーザーの声を大切にするBURTONの”製造直前まで開発を止めない”姿勢の証です。ギアの進化を感じながらスノーボーディングを楽しみましょう!

BURTON公式サイト https://www.burton.com/jp/ja/home

Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア