burton imperial ltd

BURTON|日本限定の傑作ブーツ、IMPERIAL LTDを大解剖!

2019-2020 ジャパンリミテッド版のIMPERIALがスゴイ理由

BURTONから優秀ブーツ、現る。

ここ数年、各ブランドがスノーボードブーツの大幅なアップデートを繰り返し、混戦状態となっていることにお気づきの方も多いはず。長きに渡ってスノーボードブーツのトップに君臨するBURTONを脅かしているのは、最も多様なニーズが集中するミドルクラスのブーツです。

例えば、自分の足型に熱成形できるDEELUXEや、独自のフィット感を追求しているRIDEのFUSE。台頭するこれらのブーツは、ブランドがユーザーの声に耳を傾けながら、少しづつシェアを拡大してきた結果だと感じます。

そんな中、BURTONがスノーボードブーツの王者であり続ける為に打った秘策が、日本限定のIMPELIAL LTD(インペリアル リミテッド)です。前情報は「ジャパンリミテッドのライナーは上位モデルが使われる」という補足程度でしたが、実際に試着をすると、驚きの完成度だったのです!このブーツの一体何が凄いんだ?そのポイントを詳しく解説します。 

IMPERIAL LTD

IMPERIAL LTD¥49.000+TAX

WHAT’S IMPERIAL

IMPERIALは、BURTON2013-2014シーズンに人気を博したSERROW(セロー)に代わって登場したブーツで、現在も継続中のモデルです。フリーライディングを得意としたSERROWは、耐久性に優れたアウターカフ構造や、アイスバーンでも滑りにくいビブラムソールを搭載するなど、走攻守揃った特別なブーツでした(今でいうPHOTONのような存在です)。IMPERIALでは、それらの要素が更に磨かれ、買ったその日からで即戦力になるブーツとして完成ました。

SERROWから受け継がれたのは、軽さとミディアムフレックス、インプリントライナー3のフィット感。IMPERIALでは1ピース構造が採用されたことで賛否が分かれましたが、多くのBURTONライダーから支持される実力派です。

僕がMOJANEの店頭にIMPERIALを並べたのは、ニューモデルとしてリリースされた初年度だけでした。IMPERIALが良いブーツであることは承知の上、PHOTONや ION BOA、ALMIGHTYといった強い個性を持つモデルに魅力を感じていたからです。今季は、ジャパンリミテッドとして精度を高めている事に注目し、IMPERIAL LTDをチョイスしました。

burton imperial ltd

なぜ、IMPERIAL?なぜ、LTD?

ここにきてBURTONがIMPERIALを日本向けに再構成した理由が気になります。これはあくまで僕の見解ですが、SL-XやION BOAの価格が大幅に値上がりしたことで、一般的なブーツの交換サイクル(2-3年)と価格のバランスが保てなくなったことが一つの要因ではないかと考えています。

全ての最先端機能を詰め込んだハイエンドモデルではなく、地域毎に必要な機能を選定することで、価格を押さえながらも、ユーザーの要求には高いレベルで応えることが出来ます。日本に必要な条件を満たしたブーツにアレンジしようとしたとき、最も適していたのがINPERIALだったのではないでしょうか。SL-XやION BOAの様な過剰スペックではなく、「手に取りやすく実用的なブーツが欲しい!」というユーザーのリアルな声がBURTONに届いた結果とも言えます。PHOTONでは物足りないけれど、SL-XやIONは高価過ぎる…。IONのような硬さは求めていない。そんなユーザーにピッタリなブーツです。

burton imperial ltd

ULTRALON×BURTONの特殊ライナー

IMPERIALとIMPERIAL LTDの大きな違いは、二重構造となっているブーツの内側、ライナーです。IMPERIALでは”IMPRINT 3″ですが、LTDではBURTON最上位クラスの”LIFE LINER”にアップデートされています。

■LIFE LINER
ニュージーランドの老舗医療器具・寝具メーカーULTRALONが開発するULTRALON FOAMを採用したLIFE LINERは、正確な成型力と耐久性、保温性に優れています。更に、BURTON独自のDRY RIDE™ Heat cylceにより、ブーツ内の熱を放出させ、ムレにく快適。IMPRINT 3を上回る、足に吸い付く様な独特の履き心地です。

■IMPRINT
BURTONが特許を取得するオリジナルライナー。ライディング中に発生する熱を利用して足型に自動成型する機能が特徴的。暖かく柔らかい、軽量でタフ。IMPRINT 3は、他ブランドの上位モデルに対抗できるクオリティーです。

burton imperial ltd

アンクルサポートのインパクト

「足首を掴んだら離さない。」IMPERIAL LTDに足を入れると、そんなイメージが伝わってきます。アウターブーツの足首の部分をよく見ると、くびれていることが分かります。また、かかとのサポートフォームはぶ厚く、盛り上がっています。これらのデザインが、アキレス腱をぐっと締め上げる様な履き心地を生みだしているようです。「ライディング中、ブーツの中で足が余計に動いてしまう…」とお悩みの方は、是非試着してみてはいかがでしょうか。

burton imperial ltd
■試着のポイント
IMPERIAL LTDを履いた瞬間は、ブーツ内で足が前に押し出されるような感覚があり、1サイズ大きい方が良いかと悩むかも知れません。ですが、数分履き続けることでフィットしていき、印象が変わります。サイズアップを決めるのはそれからにしましょう。
burton imperial ltd

(左)1ピース構造 (右)2ピース構造

ソリッド感のある1ピース構造

スノーボードブーツには、足首を曲げた時にストレスが掛からないようスリットの入った2ピース構造と、力を逃さずレスポンス性を重視した1ピース構造があり、IMPERIAL LTDは1ピース構造が採用されています。

どちらが良いかは用途や好みで分かれますが、一般的に1ピースは”ダイレクトにバインへ力を伝える能力”に長けていると評されています。その反面、使用していく中でやがて折れ皺が出来てしまい、レスポンス性は徐々に低下していきます。その為、新品の状態を長く維持するという意味での耐久性は、2ピースには勝てません。ただ、それをメリットと捉えているユーザーもいます。

「自分の踏み込む場所でブーツの足首の部分が折れてくる、その過程で、どんどん自分の足に馴染んで踏み込みやすくなるような感じがします。新品の時の履き心地から徐々に変化していきますが、インナーのホールド感は維持されます。2ピース構造のブーツは、ヘタッた時の誤差を感じにくい事から耐久性があると評されますが、どちらもそれぞれの良さがあると思いますよ。」

■1ピース構造
代表的なモデル:ION、PHOTONなど。
特徴:使い方に応じて馴染んでいく。ダイレクトにバインへ力を伝えるレスポンス性能。
滑走日数の目安:70日

■2ピース構造
代表的なモデル:SL-X、SERROWなど。
特徴:新品の状態でも屈伸しやすく良く足に馴染む。スリットに雪が詰まるのを気にする人もいる。
滑走日数の目安:100日

EST  VIBRAM

ソールはEST&VIBRAM

IMPERIAL LTDのソールに仕込まれた2つの機能は、快適で安全なスノーボーディングの為に大きな役割を果たします。 

①EST(イーエスティー)ソール

BURTON独自のマウントシステムESTは、対応するブーツとバインディングをセットで使用することで、ボードの特徴を直に感じられるというもの。バートンが提案するフィーリングを体感できます。

ESTソールのブーツの特徴は、通常のマウントシステムに比べてブーツ底が薄く、ボードに直接乗っているかのように足裏の感覚を駆使できること。また、他ブランドのブーツと比較すると、UNIONのバインディングにも相性が良いと思います。

②VIBRAM(ビブラム)ソール

信頼度の高いトレッキングシューズやワークブーツ、スニーカーなどのソールにVIBRAMの黄色いロゴを見つけることができます。VIBRAM社は、優れたグリップ力で知られるイタリアのソール専門メーカーです。スノーボードブーツでは、アイスバーンでも滑りにくいという利点があります。低温でもソールの柔軟性が保たれ、その特性が外気温によって左右されることもありません。「ライディングには必要のない機能」という意見もありますが、雪山では大いに活躍します。

MOJANEでアドバイザーを務める伊藤 藍冬くんは「コロラドのアイシーなパイプのプラットフォームは、ビブラムソールなしでは歩けない」と言います。ハイクはもちろん、ゲレンデ内を歩く際、滑らないソールなら安心です。特に雪解けと凍結を繰り返す季節には、便利な機能だと感じます。例えば、春のゲレンデの駐車場は、冷え固まった雪面が太陽で溶け出し、ツルツル状態になることがあります。皆さんも、危うく転びそうになった経験があるかと思いますが、スノーボードを持ちながらの転倒はとても危険です。

inperial photon

最強ライバルはPHOTON!!

IMPERIAL LTDと同価格帯のブーツに、PHOTONがあります。PHOTONは圧倒的な利便性と軽さがあり、足全体を包み込むフィット感は最高クラスのSL-Xと比べても劣らないレベル。PHOTONもまた同様の履き心地があるブーツですが、インペリアルLTDの方がインパクトがあります。IMPERIAL LTDがこの先も続くモデルになるとすれば、PHOTONが良いライバル関係となりそうです。フレックスレートは ION 〉IMPERIAL 〉PHOTON (1ピース構造でチェック)という並びとなります。

MOAJNEでは、スノーボードブーツを総合的に見た時、トップに君臨するのは未だBURTONであると考えています(2019-2020シーズン現在)。激動の中で登場したIMPERIAL LTDは価格、機能、完成度、どれをとっても確実なもので、この存在感は大きいのではないかと思います。今季、ブーツの新調を検討中の方は是非チェックしてください。

Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア