BURTON MAINTENANCE CLINIC

BURTON PRESENTS
メンテナンスクリニックレポート

BURTON MAINTENANCE CLINIC in MOJANE

ついに実現、BURTONによる講習会

10月某日のMOJANE臨時休業日。Burton Snowboardsより黒木 康秀さん(ジャパンチームテクニシャン / リペアスペシャリスト)をお迎えして、チューンナップ講習会を開催しました。その名も”バートンメンテナンスクリニック”。スノーボードの構造や歴史を追いながら、チューンナップへの理解を深めようという試みです。当日は、ワクシングに興味を持っているユーザーや、メンテナンスの悩みを抱えるキッズチームの保護者の皆さんをご招待しました。その様子をご報告します。

yasuhide kuroki
Burton 黒木 康秀さん Japan Team Technician / Repair Specialist

Burtonプロダクサービスに所属する黒木さんは、名だたるトッププロスノーボーダーのボードメンテナンスを担当してきた方です。ここ一番の場面に立つ猛者達を表彰台へ導くチューニングは、緻密で繊細な職人技。そんな黒木さんが行う講習会ですから、さぞ難易度が高いのでは…?と思いきや、「難しく考えず、とにかく楽しもう、やってっみよう」というメッセージが込められていました。雪質により臨機応変な判断が求められるスノーボードチューンナップは、ハウツーももちろん大切ですが、好奇心や閃き、柔軟な姿勢が良い結果を生むのかもしれません。

BURTON MAINTENANCE CLINIC

プロの実演と解説に興味津々

4時間にも及んだメンテナンスクリニック。映像や実演を交えながら、スノーボードメンテナンスの重要性やワックスの役割、ボードの構造解説といった盛りだくさんの内容で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。中でも、スノーボードが出来るまでをまとめた動画は、普段見ることのできないクレイグスでの作業工程を覗けて楽しかったと好評でした。

BURTON MAINTENANCE CLINIC
1990-2000年代のボードに萌える
BURTON MAINTENANCE CLINIC
ボードの構造や材質を学ぶ
BURTON MAINTENANCE CLINIC
道具の使い方は実演で

黒木さんの手元を注視するあまり、グイグイと前に詰め寄るシーンもありました。キッズチームの保護者の方々からは、大会の為の、より具体的な質問が飛び交いました。時間が許す限り、質問・相談に応じて頂き、それぞれにアイディアやヒントを持ち帰ることが出来たのではないかと思います。

BURTON MAINTENANCE CLINIC
BURTONの歴代カタログ
現在はデジタルカタログとなったBurtonですが、講習会の資料として過去のカタログを見ることが出来ました。30代の僕らが中高生だった頃の記憶を呼び覚ますものばかり。どれを見ても懐かしさや当時の憧れが蘇ります。
また、この年代のテイストは昨今のトレンドになっている点でも新鮮で「逆にイケてる!今欲しい!」という声も上がっていました。
BURTON MAINTENANCE CLINIC
黒木さんからのプレゼント
黒木さんが参加者全員に用意してくれていたのは、2016-2017Burrton Customをカットして制作したというキーホルダー!
ソール部分にはメンテナンスクリニックの開催を記念して”B13M(Burton,13,MOJANE)”の刻印が施されています。「自分の手に馴染む1本を確かめて選んでくださいね」と黒木さん。スノーボーダーにとって最高のサプライズプレゼントでした。

黒木さんのお話は、チューンナップ初心者でも分かりやすく、スノーボードメンテナンスがとても身近に感じられます。ルールに捕らわれない柔軟な姿勢は、ビッグコンペでのシリアスな場面を多く経験してきた黒木さんならではなのかもしれません。講習会終了後は、お店を後にするひとりひとりに「スノーボードを楽しんでください」と声をかけていた姿が印象的でした。※尚、この日収録した黒木さんのロングインタビューを近日公開予定です、お楽しみに。

BURTON MAINTENANCE CLINIC

スノーボードメンテナンスに正解は無い

チューンナップを行っていると「本当にこれで合っているのだろうか?」という疑問や不安がつきまといます。豊富なワックスの種類に惑わされ、混乱している人も多いはず。 
自然の中で行うスノーボードのチューニングは、場所、時間、気温、コンディションといった条件が影響する為、ケースバイケースであることが殆どです。解決方法は、黒木さんの言葉にあったように「楽しむこと」に尽きるのではないかと思います。

僕自身、チューンナップをやればやるほど新たな発見があり、MOJANEでのチューンナップも常にアップデートしています。また、スノーボードの進化やワックスの改良により、手軽にワクシングが行える時代になりました。ホットワクシングが当たり前だった僕にとって、どこか頼りない存在だったペーストワックスやリキッドワックスが今の主流になりつつあります。新しいアイテムを試したり、組み合わせたり、意見交換をしたり。そんな実験もチューンナップの面白さです。

BURTON MAINTENANCE CLINIC

メンテナンスクリニックを終えて

黒木さんには、度々メンテナンスに関する相談に乗って頂いていました。僕としては、今年こそ実際にお会いして教えてもらう機会を作りたい!と考えていましたので、今回”Burtonメンテナンスクリニック”の試験的な開催場所としてMOJANEを選んで頂いた事を大変嬉しく思っています。また、参加した皆さんにとっても、今シーズンは自ら行うチューンナップを実際に雪山で試すという、新たな楽しさが生まれるのではないかと期待しています。

実はこのイベント、9月6日に北海道を襲った胆振東部地震により開催を延期したという経緯がありました。一時は中止もやむを得ないと案じていましたが、無事に当日を迎えることが出来ました。ご尽力くださったBurton関係者の皆様、参加者の皆様にお礼申し上げます。

BURTON MAINTENANCE CLINIC

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア