”履いていない感覚”に最も近づいたBURTON SL-X

BURTON2017-2018 BOOTS REPORT①

スノーボード上達の近道は、なんといってもブーツ選び。来季BURTONからリリースされるSL-Xは”履いていない感覚”に最も近付いたブーツです。
これまでも“THE KING OF BOOTS”の称号を得てきたSL-Xは、フィット感、軽さ、耐久性、レスポンス…といったスノーボーダーからの多くの要望を満たしてきました。来季モデルでは、新しいアッパー素材”ウルトラウーブン”が採用され、更に磨きをかけています。

ウルトラウーブンは、2016-2017シーズンでリリースされた”ALMIGHTY”にも使用された、注目の新素材です。
ウルトラウーブンは 近年スポーツ界を賑わせているニットのような新素材。その特徴は、とにかく軽くて丈夫。そして織物特有の柔らかさを持ちながらサポート力が強い、ということ。全体は繊維がぎっしりと編み込まれていますが、その中にある”ひし形の模様”に注目して下さい。この部分は編む強さを弱めてあり、ねじれ易さを生んでいます。足を通すと、アウターブーツそのものから足を包み込まれているような感覚です。スニーカーのようなブーツ、という印象を持ちました。

足の指がよく動く。これはスノーボードブーツ選びで重要な素の一つ。僕の場合、甲が広く小指の骨が出っ張っているため、特にブーツ選びは慎重になります。
実際に足を入れてみると、指先まで力が入り、指の可動域も広く使えます。ASIAN FIT(BURTONがリリースするアジア人向けのインナーブーツ)ではありませんが、日本人特有の幅広の足でも問題なくスペースがあります。ブーツのアウトラインもスマートで、BURTON以外のビンディングとも相性が良いと思います。
インナーブーツは、このモデルにのみ搭載されている”LIFE +ライナー”。履けば履くほど足に馴染み、複雑な動きを伴う足で発生した力を、逃すことなくビンディングに伝えるように設計されています。更に、DRY RIDE Heat Cycleという保温材がライナー全体を覆います。

最上級クラスならではの柔軟性とフィット感。
BURTONのベストセラーモデル”ION”と比べて、フレックスは柔らかく、ブーツを履いていても動かしたい方向へ足がスムーズに動きました。ブーツを履き、トゥサイドに膝を倒すと、驚く程に前方へ曲がります。フレックスが硬いブーツ=最高級ではありません。ブーツを履いていないような感覚こそ、SL-Xが支持される所以ではないでしょか。

SL-Xの耐久性とフィット感は、山全体を使って遊び倒す人や、バックカントリーへアプローチしたい方はもちろん、パークライディングにも適しているはずです。また、スケートシューズの様な操作性を求めるスノーボーダーにもオススメします。
レザーや合皮を用いたこれまでのアウターブーツに比べて、一見頼りなく感じるウルトラウーブンですが、BURTONが公開するデーターでは、過去にリリースされているアウターブーツと変わらない耐久力を保証しています。撥水加工も万全、その点は2016-2017ALMIGHTYでチェック済みです。
来季、ブーツ選びに迷ったらまず試着してもらいたい一足です。

Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , , , ,

COMMENT

シェア