BURTON SL-X

BURTON|2018年版SL-Xは、かつてない程身軽なスノーボードブーツだった!

新素材ウルトラウーブンが鍵!最高傑作と評された2018SL-Xのレビュー

もはやスニーカー!? 特殊ニットを取り入れたSL-X

2017-2018シーズン、KING OF BOOTSの称号を持つBURTONの人気スノーボードブーツSL-X(エスエルエックス)に大きな変化がありました。それは、アウターブーツの劇的な軽量化。US8.5(26.5Cm)両足でおおよそ2100g、2016年版SL-Xと比較すると約280gも軽くなっています。ここまでの軽量化を叶えたのは、ULTRA WOOBN(ウルトラウーブン)というBURTONの新素材でした。

BURTON SL-X

WHAT’S ULTRA WOOBN?

ウルトラウーブンを解説するには、大手総合スポーツメーカーの開発に話を移さければなりません。事の始まりは2012年頃。NIKEとADIDASが競い合うように開発していたニット素材のシューズが同時期に発表されました。NIKE FLY KNIT(フライニット)とADIDAS PRIME KNIT(プライムニット)です。スポーティーで健康的な都市生活を目指す人が増え始め、アスレジャースタイルが流行の兆しを見せる中で、一躍ランニングシューズやトレーニングシューズのトレンドとなりました。

NIKE FLY KNIT

NIKE FLY KNIT

当時、両者の間には新素材の開発を「真似された」というようなトラブルがあったと記憶していますが、優れた開発であることはもちろん、ファッションアイテムとしても一歩リードしていたのはNIKEだった様に思います。
NIKEは「ランナーの為に履いていないようなシューズを作る」というテーマの下でチームが結成され、4年もの歳月をかけてFLY KNITを世に送り出したそうです。
ニットの立体的でシームレスなビジュアルと、ソックスの様な履き心地。軽く、通気性やサポート力にも優れ、編むことでしか生まれない複雑な色表現も可能になりました。こうして新素材のニットは、スポーツシューズの新たな時代を切り開いたのです。

BURTONがSL-Xの為に開発した”ウルトラウーブン”は、NIKEのFLY KNITやADIDASのPRIME KNITと同類の素材です。BURTONは、この新素材を取り入れることで、足と一体化する軽やかなスノーボードブーツ、これまでにないトータル性能の向上を目指しました。

BURTON SL-X

BURTON 2018 SL-X

2018年版SL-Xを大解剖

スノーボードブーツは、インナーとアウターの2層構造が基本です。1足のブーツの履き心地は、内と外それぞれのブーツの素材や相性によって生まれています。SL-Xを分解して解説しましょう。

BURTON SL-X

インナーブーツ

ブーツを履いて、直接足が触れる内側のブーツがインナーブーツです。BURTONのインナーブーツは5段階のレベルに分かれていて、簡潔に言うと「価格に応じたクオリティー」です。SL-Xでは、LIFE +(ライフプラス)ライナーと呼ばれる最高峰のインナーが使われています。

インナーブーツの要となるフォームは、ウィンタースポーツのトップブランドが信頼を寄せるULTRALON FORM。履くと足に合わせて形が作られ、耐久力、保温力にも優れた理想的なフォームです。さらにインナーの内側には、BURTON独自開発のDRY RIDE HEAT CYCLEを搭載。保温力だけを評価するなら、正直なところDEELUXEの方が優れていると感じますが、ブーツ全体が薄く軽いのに暖かく蒸れにくい。総合的に考えるとSL-Xインナーの完成度は特筆すべきポイントです。

BURTON SL-X

アウターブーツ

2018年版SL-X最大のトピック”ウルトラウーブン”は、アウターブーツの表面、トップシェルに使われています。これまでのスノーボードブーツは、合皮やPU素材が主流でしたが、SL-Xはウルトラウーブンで軽量化と柔軟性、サポート力に挑戦しました。各箇所に必要なフィット感を編み方によって自在に再現出来る様になりました。

BURTON SL-X

本当に大丈夫?ウルトラウーヴン

いかに画期的な新素材だとしても、スノーボーディングのハードな使用環境にどう応用できるのか。ウインタースポーツの現場では、ニット素材のアウターブーツに対して心配の声が多く上がっていました。確かに、ウルトラウーブンの柔らかな質感と軽さは、どこかデリケートな印象があります。僕自身、2017-2018シーズンの展示会での第一印象は「これ、大丈夫なの?」という不安でした。そこで、目新しい物好きな僕が、SL-Xを2シーズン履いた感想をまとめたいと思います。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

2 thoughts on “BURTON|2018年版SL-Xは、かつてない程身軽なスノーボードブーツだった!

  1. 小技 より:

    いつも楽しく拝見させていただき、参考にさせて頂いてます。
    自分はIONをずっと履いてきたのですが、SLXも視野に入れてます。
    サイズ選びですがワイドじゃなくても通常のサイズで良いですか?

    1. MOJANE より:

      小枝 様
      ご無沙汰しております。
      SLXは、通常選ばれているサイズ選びで問題ありません。履きはじめに多少違和感があっても、2~3度滑り倒せば必ずフィットするはずです。ただ、夏の間にトレーニングやマッサージなど、体づくりに打ち込む方は、足の形やサイズが変わることがよくありますので、ご購入前に改めて足を測る事をお勧めします。因みに、当店では数年間で8.5インチから10.5インチまでサイズが変わった方がいらっしゃいました!

MOJANE にコメントする コメントをキャンセル

シェア