burton 2020

BURTON 2020|試乗会目前!
MOJANEの注目ボードリスト

2019-2020 BURTON SNOWBOARDS

事前予習で確実なボード選び

来シーズンにリリースされるBURTON新作ボードの試乗会”BURTON TESTRIDE TOUR“が今年もいよいよ始まります。シーズン中だというのに、もう来季モデル⁉と思う方もいるかも知れませんが、次の冬にリリースされるスノーボードやバインディングを、実際に雪上で試せる数少ないチャンスです。北海道は2019年3月9-10日(土・日)札幌国際スキー場にて開催されます。ボードを新調しようとお考えの方はもちろん、色々なタイプのボードに乗ってみたい!という方も、ぜひ足を運んでみてください。※試乗会の活用術

とは言え、短い時間で自分に合ったボードを見つけることは容易ではありません。手あたり次第に試乗を繰り返すのではなく、事前にいくつかの候補を挙げ、狙いを定めておくことがポイントです。MOJANEが注目する2019−2020 BURTONボードを早速紹介していきましょう。

burton 2020

2020のBURTONはFAMILY TREEが面白い!

テストライダーのニーズを形にしてきたFAMILY TREEラインですが、来季はどうやらアプローチが違うようです。各国のスノーボードシーンが成熟してきた事もあり、今まで以上にローカルな視点が盛り込まれている印象です。注目すべきラインナップは、HOME TOWN HERO(バーモント州)、ONE HITTER(カナダ ウィスラー・ブラッコムリゾート)、 LEADER BOARD(ユタ州)、 そして吉村 成史さんによるMOON BUGGY(日本)。バートンが作りたいボードとライダーのニーズ、そしてローカルの魅力がミックスされた顔ぶれです。特にMOON BUGGYは僕自身も未体験の168cmというビッグサイズボード!このサイズに驚く方も多いと思いますが、どんなレベルにもマッチする究極のファンボードに仕上がっています。

burton 2020

FAMILY TREEは毎年大幅なアップデートを試みており、基本的に1シーズンのみのリリースという実験的提案をしています。今季爆発的な人気を博したSPEED DATEでさえ、19-20ではインライン(通常のラインナップ)にも残っていません。毎年徐々にアップデートされる定番モデルとは違い、一期一会の要素が魅力です。これだ!と思うボードがあれば迷わずゲットして損はないでしょう。
ただ、FAMILY TREE(家系図)の名の通り、それぞれのボードには系譜を感じ取ることができます。例えば来季19-20のHOME TOWN HEROやONE HITTERには、FLIGHTE ATTENDANT(13-14 NICOLAS MULLERによるFAMILLY TREE)のDNAが組み込まれ、LEADER BOARDは90年代のJOHANと当時の雰囲気を連想することができます。

FAMILY TREEの注目モデル

MOON BUGGY

MOON BUGGY byNarufumi Yoshimura¥92.000+TAX
浮力と操作性に長けた168cmのビッグレングスボード。試乗会では、サイズに臆することなく多くの方にこのレングスの可能性を体感していただきたいです。

HOME TOWN HERO

HOME TOWN HERO by Scott Seward ¥87.000+TAX
カービング、バンク、ツリー…。どこに行っても操作性抜群。ハイスピードの疾走感はSPEED DATEに通じる要素があり、なおかつ乗る人を選ばない印象。

 
LEADER BOARD

LEADER BOARD by Steve Klaasen ¥87.000+TAX
待望の超ハードボード。ボコボコの地形でもノンストレスで突っ込めます。BURTON初となる3D形状のノーズとテールにも注目です!

ONE HITTER

ONE HITTER by The Souce ¥78.000+TAX
カナダはウィスラー・ブラッコムで生まれたサイドヒットカルチャーを具体化したボード。壁に当て込む為のスピードを重視したボード作りが特徴的。

burton 2020

これぞBURTON!粒ぞろいのインライン

個性派が揃うFAMILY TREEに対し、インライン(通常のラインナップ)にはブランドの代名詞となるモデルが揃います。MOJANEでもお馴染みのPROCESS、CUSTOM、CUSTOM-X、FV、それぞれに細かなマイナーチェンジが行われつつ、期待を裏切らない安定した乗り心地をキープしています。

その中で、デビューから3シーズン目を迎えるDEEP THINKER, FREE THINKERは生産工場が変わり、大幅に軽量化されたことに注目。BURTON特有のどっしりとした乗り心地は無くなりましたが、より広い層に対応する乗り易さが生まれました。グラフィックスは、バスキアやウォーホルと共に1980年代のアメリカで活躍したキース・ヘリング。HIVやLGBTといった社会的テーマを題材に数多くの作品を残し、NYのクラブカルチャーやストリートシーンに影響を与えたポップアイコンです。2018年は生誕60周年、そして2020年には没後30年を迎えます。来季THINKER’Sには、彼のエネルギーが宿っているかもしれません。

DEEP THINKER

DEEP THINKER ¥84.000+TAX

FREE THINKER

FREE THINKER ¥84.000+TAX

2018-2019シーズン、平野歩夢選手が使用したオリンピックボードとしても注目を集めたCUSTOMですが、来季はHOME TOWN HERO(FAMILY TREE)の登場により影を潜めてしまった感が否めません(但し、CUSTOM FV154Wを除く)。来季、CUSTOMを検討している方は、是非HOME TOWN HEROも併せて試乗し、比較してみてください。
CUSTOM

CUSTOM¥82.000+TAX

burton 2020

2019-2020 BURTONの特徴

2月上旬、一般公開より一足先に販売店向けのディーラー試乗会がありました。ニューモデルの形状やフレックス、乗り心地を細部までチェックし、どんなセレクトを行うかを決める大切な時間です。2019-2020のBURTON全体の印象は、安定のインラインと個性のファミリーツリー。2つのラインが真逆の方向に磨きをかけていること、そして、板作りに少しも手は抜いていないという信頼感。ただ、シェイプやグラフィックスにインパクトが欠ける為(少し残念…)、手に取ってみるまで、乗ってみるまでその良さが分からない。来季は是非、ルックスやイメージに捕らわれずに試乗をして、BURTONの良さを確かめてもらいたいと感じています。

burton 2020

2020年代に突入、これからのギア選び

大掛かりなギア開発が盛んだった10~15年前は、スノーボードブランド各社が果敢にモデルチェンジを行っていて、新作といえば良くも悪くも”驚くような変化”がありました。やがてスノーボード業界にも低コスト化の波が押し寄せ、スノーボードは追求の時代へ。BURTONに限らず、近年は1-2シーズンの中でマテリアルの大きな変化は見られません。もちろん、細部の改良は続いていますが、荒波を乗り越えたモデルの一つ一つが、完璧に仕上がりつつある証です。また、明確なコンセプトを掲げるアイテムに注目が集まり、本当に良い物が評価されるようになりました。それらの品質や使用感に関して、常に高水準が維持されているので、ユーザーは安心した道具選びができるようになっている、と感じます。

最先端素材、高性能、コストパフォーマンス、オールマイティ性、1つのジャンルに特化している等、どんな角度からでも満足するアイテムが見つけられるはずです。まずは自分のレベルを把握し、何を重視した道具が必要なのかを決める事。目的を明確にすることがギア選びの近道です。ご不明な点は、専門店でどんどん相談しましょう。

BURTON SNOWBOARDS TEST RIDE TOUR 2019-2020

burton test ride
2月下旬より全国3か所で開催されるBURTON試乗会、北海道の日程は下記の通りです。正規BURTONディーラーで先行受付を行うと当日AM9:30より試乗できます。MOJANE店頭でも先行受付を承っています。当日の混雑を避ける為にも、事前の受付をお勧めします。
尚、当日はブーツ、バインディングの他、免許証などの身分証明書をお忘れなく。
日程:2019年3月9・10日(土・日)
場所:札幌国際スキー場
時間:AM10:00 -PM3:00
※天候等の理由によりスケジュールが変わる場合があります。

Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア