軽さを極めるX-BASEと2つのGENESIS

BURTON 2017-2018 BINDINGS REPORT ②

X-BASEはBURTONが挑戦し続けているカーボン ハイバックを搭載しています。長年のデータからBURTONが得た答えは「フルカーボンではなく、カーボンとナイロンの合成素材」とのこと。

X-BASE EST
X-BASEの特徴は、その軽さ。硬い硬い、と思われがちなハイバックも、実はフレックスが効いて扱いやすいです。カーボン合成素材の登場で「硬い=疲れる」というイメージは払拭されました。もっと軽く、もっとレンスポンスが欲しい!という方におすすめです。また、CUSTOM-XやDEEP THINKER との相性が非常に良いと思います。
ESTでは、モデルチェンジした”軽量 THIN BED”により、ボードがよりダイレクトに感じられます。足裏でボードのトーションや、フレックスを確認出来る程、限りなくベースレスな感覚とクッショニングが実現しました。レスポンスはもちろん◎。来季モデルの中でもMOJANEが特に注目しているアイテムです。

GENESIS EST / REFLEX
近年のビンディング界で、最も成功しているモデルといえるGENESIS/ジェネシス。既に完成されているので、来季、大きなマイナーチェンジはありません。ウィークエンドボーダー、一般スノーボーダーに向けた、最高のプロダクトに仕上がっています。

GENESISの特徴は”ゼロフォワードリーン”のハイバックと”キックバックハンモック”と呼ばれるハイバックのクッション。ゼロフォワードリーンは膝を真っ直ぐに立たせ、足の自由度を高めます。通常、他社ブランドのハイバックは膝が曲がるように傾斜していますが、BURTON GENESISは棒立ち出来るくらい起きています。セッティングや乗る位置、乗り方をによっては、フォワードリーンを付けても良いと思います。
キックバックハンモックは、異なる素材で2層に設計されたハイバックです。レスポンスが良く、ふくらはぎが守られてる様な装着感があります。特に、長時間滑りたいライダーや、ハイクアップして長距離を滑るという方にオススメです。

GENESIS “X” EST / REFLEX
先ほどご紹介したGENESISの硬度を追求したのが、GENESIS X。個人的には、REFLEXとESTは全く別物だと考えています。ESTは、GENESIS Xの個性が最大減に引き出されたモデルではないでしょうか。特に、フリーライディングのレベルアップを目指している方にお勧めします。

画像はREFLEXモデルです。
GENESISのベースプレートはファイバーグラス製ですが、GENESIS X は”カーボン”ファイバーグラス製。ターン時のグリップ力が高まります。そしてXの最大の特徴である”スプリングベッドクッション”と呼ばれるフッドベッドが、足裏の細かな動によってボードコントロールが可能になります。BURTONのボード”CHANNEL”と相性抜群のセットアップです。

※EST / REFLEX ・EST/イー・エス・ティーと呼ばれるビンディングシステムとREFLEX/リフレックス呼ばれる2種のシステムがあります。ESTはBURTON BOARDのみ対応。 REFLEXはBURTONを含む、全ての2×4マウントシステムに対応します。ご購入の際はお間違いの無いように、必ずご確認下さい。

Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , , ,

COMMENT

シェア