setting

スノーボードのセッティング
カービング編

カービングの為セッティングをモニターが体験

2人のモニターが
カービング向きのセッティングにトライ

それぞれのスタンスやライディングスタイルに合わせてスノーボードとバインディングを取り付けることをセッティングと言います。前回の”基本編“では、セッティングに必要な用語の解説とセッティング方法をご紹介しました。今回は、スノーボードの基本動作となるカービングに着目したセッティングを、フリースタイルを得意とする2名のモニターに実際に体験して頂きました。

Carving

カービングを練習するとボードコントロールが
格段に上手くなる!

takehiro tanaka
現在、スノーボードの主流となっているフリースタイルボードやパウダーボード。どちらも上手に乗りこなすには、スノーボードの基本動作、カービングの基礎をしっかりと身に付ける必要があります。カービングとは、スノーボードのエッジを思い切り使った鋭いターンのことです。その語源は”曲がる”カーブ(curve + ing)でなく、レザークラフトや木彫りと同様の”彫る”カービング(carving)です。エッジで雪面を切り込むようなイメージで、細く綺麗なライン跡を目指しましょう。
カービングは、斜度がきつくなるほど難易度が増し、出来る、出来ないがハッキリと表れます。カービングの練習は、ゲレンデの圧雪された斜面が最適です。降雪量に左右されない為、シーズン中はいつでも取り組むことができます。今以上のスキルアップを目標にしている方はもちろん、滑りに行き詰っている方は、是非一度カービングに立ち返ってみてはいかがでしょうか。

スノーボード セッティング

カービングに適したセッティングとは?

カービングでは、バインディングのアングルを進行方向に向けます。最適な角度はボードの形状によって変わりますので、下記の数値を参考に大胆にアングルを振ってみてください。今回はフリースタイルボードに乗るダッグスタンスの2人、山本くんと岡本くんにご協力いただき、MOJANEアドバイザー田中岳宏さん指導の下カービング向きのセッティングを試して頂きました。まずはいつも通りのセッティングで、次にセッティングを変えて、いずれも同じ斜面でカービングに挑戦。普段、急斜面でのカービングはほどんどやらないという彼ら。さぁ、2人の反応は!?

yamamoto
山本君(26歳)171cm/65kg/スノーボード歴14年/ダッグスタンス
中学生の頃からスノーボードスクールに通い、基礎をしっかり学んできた山本君。フリースタイルを得意とし、普段はパウダーやピステンでのカービング、パーク、で遊ぶことが多いそうです。使用ボードはフリーランもできるパークボード”2018 BURTON FREE THINKER154″。通常のセッティング≪左12° 右-12°/ スタンス幅 56cm / セットバックなしトゥルーツイン≫から≪左24° 右9°/ フォワードリーン全開 / スタンス幅54cm / 2つセットバック≫に変更して滑ってもらいました。
setting
変更前
setting
変更後

山本くん「角度とフォワードリーンの変更後、右膝が入るようになり身体が板の中に収まるようになりました。遠心力に負けずに、今まで以上にエッジを立てられるようになり、ターンが鋭くなった気がします。右足にテンションがかかり、臀部、大腿部、ふくらはぎへの負荷がハンパない!」


okamoto
岡本君(26歳)167cm/62kg/スノーボード歴7年/ダッグスタンス
社会人になってから本格的にスノーボードに目覚めた岡本くん。得意技は持ち前の運動能力を活かした打点の高いバックフリップ。普段はパウダーで遊んだ後に、ターンとキッカーを回しているそうです。使用ボードは”2017 BURTON CUSTOM TWIN154″「飛びたいと言ったら手元にありました。」岡本君の通常セッティング≪推奨スタンスから後ろ足だけ1つセットバック≫から≪前足限界まで開いて後ろ足0° / スタンス幅54cm / 後フォワードリーンF4≫に変更してカービングに挑戦してもらいました。
setting
変更前
setting
変更後

岡本くん「変更前は、パタパタ弾かれそうになるターンでした。セッティング変更後は、板の上に乗っている感覚、後ろ足がずれず雪面に粘り強く噛んで、切っていくような感覚でターンが出来るようになった。良い練習になりました。」

setting

今回テストしたバーンは夕張リゾートマウントレースイのレーシングAラインコース、通称「試しの壁」。最大30°の斜面が2枚上下に並んでいます。下に下に落とされるコースで、ダッグスタンスでカービングをするにはスキルがなければ難しい斜面です。2人とも、セッティング後の姿勢が大きく変わり、より鋭いターン弧を描いていました。普段とは一味うスノーボードを楽しんでもらえたのではないかと思います。降雪があまりなく、パウダーが期待出来ないコンディションの時や、寒暖差による天気が安定してない時にでも是非試してみてください。圧雪は天気に左右されずにカービングの練習ができます。スタンスやセッティングの変更も面倒くさがらずにトライしてみると良いでしょう。

マウントレースイ
レーシングAライン
setting
田中さん推奨セッティング
マウントレースイ
スキー場の調節台を活用しよう。

setting

メインスタンスでカービングを
練習するためのセッティング例

諸橋 180cm / 75kg / レギュラースタンス / 前33° 後12°アングル / スタンス幅54cm
使用ボードは”2018 BURTON CUSTOM X”。プロや選手達は、弾き飛ぶ様な強さを活かし、より高く飛ぶ為にこのボードを使用していますが、僕は一般スノーボーダーとして、今季はカービングに特化したセッティングにしています。スタンス幅は身長に対してやや狭め。

ボードのしなりを生かす為と上下運動の抜重と低い姿勢を意識する為です。前足のハイバックは全開に起こし、後ろ足のフォアードリーンは全開に倒しています。前傾姿勢になりますが、慣れたら違和感なく乗れます。30°以上になるとスイッチスタンスでの滑走は難しくなりますが、前24° 後3~6°だとスイッチも視野に入ってきます。

このセッティングにして、これまでスピードで誤魔化していたターンを見直す事ができました。また、急斜面だと下に落とされるので、切れ上がりを意識したターンをする必要があります。手の位置、姿勢、目線、次のターンに繋げる動作など、常に意識を働かせなければなりません。考えるスノーボードの難しさと面白さを体験しました。

マウントレースイ
暗くなるまでご協力いただいた山本くん、岡本君、田中さん、ありがとうございました。
セッティングには「こうしなくてはいけない」というルールはありません。ビンディング調整やスタンスセッティングを試しながら、コンディションや遊び方に合った自分のパターンを増やしていきましょう。


※参考 スタンスを変えやすいアイテム

BURTON SNOWBOARDS のTHE CHANNELとEST:バインディングベース横のプラットフォームで角度やセンタリングを調整するので、ビスの取り外しをせずに調整できます。
UNION BINDING:従来のディスクはボードに打ち込まれてるビス穴を列一つ飛ばしで繋げるが、UNIONに搭載されているミニディスクはビス穴横で取り付ける事が可能。
UINON BINDINGとNOW BINDING:フォワードリーンが簡単に入れられる仕組み。


自分に合ったセッティングが分からない、他の人はどうしているの?と気になったらお気軽にご来店ください。MOJANEでボード、ブーツ、ビンディングのいずれかをお買い上げいただいた方には、セッティングを無料で行っています。セッティングのみをご希望の場合は、3.000円(税抜)で承ります。

Categories : SNOWBOARD, SERVICE
Tags:, ,

COMMENT

シェア