burton custom 2019

CUSTOM, CUSTOM Flying V|五輪を制したチャンピオンボード

BURTONが誇る2019CUSTOMの解説とレビュー

世界が注目するチャンピオンボードCUSTOM

ayumu hirano 2018
2018.3月青森での平野 歩夢選手
2018年2月、韓国・平昌を舞台にした平野 歩夢 VS ショーン・ホワイトのオリンピックゲームは記憶に新しいところです。スノーボード・ハーフパイプ史上、最も白熱した戦いを繰り広げた2人。金銀のメダルを獲得した彼らがチョイスしたボードは、BURTON SNOWBOARDSのCUSTOM(カスタム)でした。平野 歩夢選手はBURTONのスポンサードを受けて以来CUSTOMに乗り続けている事でも知られています。

CUSTOMと言えば、30代オーバーのスノーボーダーなら誰もが一度は乗った経験があるボードではないでしょうか。僕自身、初めて手にした本格的なスノーボードが1998-1999シーズンのCUSTOMでしたので、思い入れのあるモデルの1つです。シーズン毎に試乗を重ねていく中で「CUSTOMを見れば、BURTONが今季どんなところに注力しているかを知れるのではないか」と思い至り、CUSTOMのチェックには毎年気合が入ります。

burton custom 2019
BURTON 2018-2019 CUSTOM ¥82.000+TAX

CUSTOMは1996年から続くBURTONの代名詞

誕生以来、常に最新のテクノロジーが集約されてきたCUSTOMは、数多くのベストボード受賞歴を持つBURTONの代表的モデルです。そして、現在のBURTONのスノーボードは全て、CUSTOMのDNAを継承しています。

CUSTOMの歴史は1996年まで遡ります。当時BURTONの専属ライダーだったDave Downing(デイブ・ダウニング)が開発に携わった事でも話題になりました。90年代のスノーボード映像を見ていた方は、サーフのためにプロ・スノーボーダーの道を選んだという彼のオールマイティーなライディングスタイルが想像出来ると思います。彼は、2015年に北海道で行われたBURTON試乗会の際、CUSTOMの開発についてこう語っています。

『ありとあらゆるスケートトリックをスノーボードで表現するために、ラウンドノーズとラウンドテールが必要だった。当時はまだ反り返ったツインボードはあったけど、そこにサーフィンの様なカービング要素は無かった。僕はこれを合体させたかったんだ。』 

burton custom 2019
burton custom 2019
burton custom 2019

フルモデルチェンジから2季目を迎え…

15年以上もの間、同じボードデザインを貫いてきたCUSTOMですが、昨シーズン(2017-2018)フルモデルチェンジとなりました。生まれ変わったCUSTOMは、ノーズ、テールワイズ、そしてウェストが少しだけ太くなり、ノーズとテールのデザインも、デイブが考案したラウンド形状からスクエアへと変更されています。このデザインは、現行フリースタイルボードに多く見られる特徴で、他メーカーでも取り入れられています。チップ(反り)は、モデルチェンジ前よりも反っています。

2018-2019シーズンでイメージを大きく変えてきたのが、グラフィックスです。メカ感のあった昨シーズンとは打って変わって、ウッディでレトロな配色。これまでにない洒落っ気を出しています。ウェアや小物とのコーディネートが楽しくなりそうです。

また、来季もキャンバータイプとダブル・キャンバー”Flying-Vタイプ”共に、そのサイズバリエーションは健在です。※平野 歩選手、ショーン・ホワイト選手はキャンバータイプを使用しています。

burton custom 2019
TEST RIDER : Rai Takeda

CUSTOMは本当に初心者向け?

「まずはCUSTOMからはじめよう」という入門的なイメージが強いにも関わらず、その価格は82.000円(税抜)。誰もが手にしやすい価格設定であるとは言えません。8万円台で他ブランドのボードを選ぼうとすると、レベルアップを狙う為のハイスペックボードがずらりと並びます。僕は、新しいCUSTOMを初心者向けのボードとは捉えていません。実は、広い中級層を満足させるモデルだと考えています。もしもCUSTOMが初心者向けのイメージから抜け出し、ミドルクラスのハイスペックボードを謳ったとしたら?その括りなら、CUSTOMがコストパフォーマンスにも優れていることに気付いてもらえると思います。また、楽に乗れる点ばかりが注目されがちなFlying-Vですが「誰でも乗り易い。」と簡単に言い切ってしまうのもつまらない。プレチューンやボードメンテナンスでFlying-Vの特徴(ルースな乗り味でありながら、トーションを効かせて4つのエッジが使える)を引き出せば、想像以上に遊べるボードになります。

burton custom 2019
burton custom 2019
burton custom 2019

2019CUSTOMのスペックとサイズ選びのポイント

2017-2018シーズンにリニューアルしたCUSTOMのシェイプ。リニューアル前後のカタログを見比べても、目立った”データ上”の変更はありませんでした。ですが、乗ってみると違いは歴然、全く別の乗り物か⁉という程にインパクトのある変貌を遂げていました。2018-2019シーズンも引き続きその乗り味を維持し、センターのフレックスが柔らかく、外足はスクイズボックスが効いてしっかりと張りがある印象です。センターフレックスが柔らかいのでトーションも効きやすく、ボードコントロールがしやすいように感じました。Flying-Vは更にセンターが柔らかくなります。

コントロール性に焦点を当てるなら、サイズ選びが重要です。乗り方次第ではサイズアップやサイズダウンのメリットもあります。例えば、グランドトリックが好きな方、小規模ゲレンデで中心に滑る方には1サイズダウンでボードの取り回しがし易くなります。カービングやフリーラン中心に楽しみたい方は、逆に1サイズアップする事でパウダーも視野に入るでしょう。2サイズのアップダウンは、ボードの性能が発揮されない等のデメリットが生じ易いので、慎重に選ぶ必要があります。サイズ選びに困ったら専門店で相談しましょう。

サイズと仕様

CUSTOM:150/154/154W/156/158/158W/162/162W/166W/170W(全10サイズ)
CUSTOM Frying-V: 150/154/154W/156/158/158W/162/162W/166W(全9サイズ)

SHAPE(シェイプ)|ディレクショナル:昔ながらのスノーボードシェイプです。ノーズがやや長く、テールは短め。強い反発力を秘めています。浮力があり、地形や雪質を問わないオールラウンドな適応力。

FLEX(フレックス)|ツイン:フレックスとはボードの柔軟性のこと。レギュラーでもスイッチでも全く同じライドフィールになるよう、ノーズとテールが同じフレックスに設定されています。

BEND(ベンド)|キャンバー:CUSTOMのパワフルでポップ感と正確性に優れたサスペンションのようなキャンバーは、鋭いエッジコントロールを可能にします。

BEND(ベンド)|フライング・V:ボード全体のロッカーが浮力とルーズさを、両足下のキャンバー形状がエッジコントロールとパワー、ポップを生みます。

コア材|FCS認証 スーパーフライⅡ 700g:反発力と強度のアップ、ウェイト削減のため、コアの特定エリアに強くて軽いウッドを使用。

デュアル・ゾーン EGD(エッジ):トゥ&ヒールエッジ沿いの木目をウッドコアに対して垂直に走らせ、正確なエッジホールドと耐久性を実現。

SQUEEZEBOX(スクイズ・ボックス):部分によってコア材の厚みを変えることで、足裏のエネルギーが外側へと伝え、ポップ感や全体のパフォーマンス(安定性/動作性)を高める仕組みです。

FIBER GLASS(ファイバー・グラス)|カーボン・ハイライト45°:コア材に重なるファイバーグラス層を最適化するカーボンハイライト。ノーズからテールまでのカーボンレイヤーが追加されることで軽量化を図り、絶妙トーションへ。ファイバーを45°で配列することで、レスポンスが生まれます。

BASE(ベース)滑走面|シンタードWFOベース:高い浸透性を持つ高密度シンタードベースに特殊なワックスを染み込ませる事で耐久力を高めています。日頃のメンテナンスでもワックスが入りやすく、どんなコンディションでも基本的に”走る”ソールです。

EDGE(エッジ)|フロストバイトエッジ:バインディングの裏側のエッジを少し膨らませる事で、アイスバーンなどグリップが必要なコンディンションでエッジホールドを実現します。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア