custom X 2019

CUSTOM X|BURTONが誇るコンペティションボードの最高峰

2018-2019 BURTON CUSTOM X , CUSTOM X FLYING V

2018-2019CUSTOM X試乗レポート

ここからは、MOJANEテストライダーによるCUSTOM Xレビューをまとめます。試乗会は2018年2月20-21日、‐7℃-11℃曇雪。札幌国際スキー場各コースで行ったものです。 テストライダーを務めてくれた竹田くん、平山くん、田中さんの3名は、CUSTOM Xを知り尽くしているスノーボーダーです。特に田中さんは、スノーボード・テクニカル競技でもレッスンでもプライベートでも、長年CUSTOM Xを愛用しています。シーズン毎にCUSTOM Xの変化を体感してきた彼らの感想は?

custom X 2019

TEST RIDER : Takehiro Tanaka

インパクトのある弾け感

CUSTOM X 158 テストコース|札幌国際スキー場 ダスキン・スウィングコース
使用バインディング|カーテルリフレックス(33°, +12°,55cm セットバック多め)

2017-2018シーズンと比較して、全体にパワーアップしています。特に”張り”が増し、より力強いエッジングが可能になったと思います。溜めたパワーがターン時に弾けるので、エッジtoエッジも楽しめました。スペックやデータが昨シーズンと同じなのに、ボードが弾む感覚があるのは不思議です。2018-2019シーズンが今から楽しみです。ビンディングはX-BASE(リフレックス)と好相性だと思います。

Takehiro Tanaka

田中岳宏Takehiro Tanaka

パーソナルデータ
1975年生/北海道夕張市出身/178cm72kg / レギュラースタンス
スノーボード歴 20歳から
好きなライダー / 菊田光司郎
ホームゲレンデ / 夕張マウントレースイと札幌国際スキー場
JSBA:A級インストラクター/C級検定員/TECH TEST LICENSE TECH.

custom X 2019

更に進化したオールラウンドボード-竹田-

CUSTOM X 158 テストコース|札幌国際スキー場 ファミリーコース ビギナーキッカー
使用バインディング|X BASE リフレックス(12°, -9°, 56.5cm)

2017-2018シーズンのCUSTOM X158キャンバーと比較して、軽快さが突出しています。ターンの伸びは前シーズンの方があったように感じますが、軽快さが増した事でとても扱いやすいのが特徴です。軽快とは言っても決してチープな印象ではなく、レスポンスが良いので足回りの動かす幅が拡がりました。パウダーライディングの時も、板を動かしながら”遊ぶ動き”も更に良くなりましたし、これまでの安定したカービングやエアも維持しています。全体的に高い水準でバランスが取れていて、抵抗感を持たずにCUSTOM Xをチョイスできると思います。ユーザー層がぐっと広がったのではないでしょうか。


フレックス★★★☆☆(柔→硬)
テクニカル★★★★★(易→難)
トーション★★★★☆(柔→硬)
カービング★★★★☆
グラトリ ★★★★★
バンク  ★★★★☆
ジャンプ ★★★★★
スイッチ ★★★★★
パウダー ★★★★☆
Rai Takeda

竹田 礼 Rai Takeda(左)

パーソナルデーター
1986年生/181cm / 58kg / レギュラースタンス
Snow歴10歳から
「気持ちの良いカービングターンに比重を置いたライディングが好きです。」
好きなライダー / テリエ・ハーコンセン, 植村能成, 中井孝治, 藤本広海
シーズン中のスノーボードは月9回、滑走時間は4時間程度。

custom X 2019

ガンガン攻めれるオールラウンドボード-平山-

CUSTOM X 154 テストコース|札幌国際スキー場 エコーわきオープンバーン・ファミリーコース
使用バインディング|カーテル EST(12°,-12°,55~56㎝)

2018-2019のCUSTOM Xは、従来のキレや伸びに加え、跳ね上がるような反発力が増し「攻められる板」+「より躍動感の出せる板」に仕上がっています。昨2017-2018モデルと比較すると、全体的なバランスが変化しました。例えば、ジャンプやジブなどのフリースタイル的な動きがやり易くなったのに対し、フリーランでの大きく深いターンや、パイプのボトムでしっかり踏み込んでから上がっていく場面での”タメ”を作る動きが若干やりにくくなったように感じました。これは相反する要素なので好みの問題だとは思いますが、タメを作る動きや、張り付くような安定感を求めるのなら、2018-2019シーズンのBURTONではCUSTOMになるのかな、といった印象です。

また、2018-2019シーズンは、従来のCUSTOM XとCUSTOMのイメージと役割が入れ替わるような印象イメージを持ちました。フレックスやトーションの張りや、パウダーに入った時の浮き具合は昨シーズンから変化はないと思うのですが、反発力が増してポップ感が出たことでスムーズに感じられ、より広いシチュエーションで楽しめるようになったように思います。どんなシチュエーションでもガンガン攻めれるオールラウンドボードに進化したCUSTOM X、とても魅力的なボードでした。
比較できる類似ボードは、CUSTOM X,SALOMON XLT,NOVEMBER ライバー等。ビンディングとの相性は、カービングメインならカーボン系、ジャンプ、トリックメインならカーテル系がお勧めです。


フレックス★★★★☆(柔→硬)
テクニカル★★★★☆(易→難)
トーション★★★★☆(柔→硬)
カービング★★★★★
グラトリ ★★★☆☆
バンク  ★★★☆☆
ジャンプ ★★★★☆
スイッチ ★★★☆☆
パウダー ★★☆☆☆
平山 雅一

平山 雅一 Masaichi Hirayama

パーソナルデータ
1982年生 / 174㎝ / 65㎏ / スノーボード歴20年 / レギュラースタンス
「パウダー、ジャンプ、カービング、グラトリ、ボーダーレスに全てをリンクさせた滑りが好きです。」
好きなライダー / ニコラスミューラー, マークランドビック, エーロエッタラ
シーズン中のスノーボードは週2~3回ペース。

いかがでしたでしょうか。実は、今回のレビューでは、テストライダーの3名全員が”インパクト”というチェック項目で5つ星(!)を付けていました。期待を裏切らず、毎年新たな一面を見せてくれるCUSTOM X。BURTONの熱意を感じます。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア