customx 2021

CUSTOM X / FV|愛用者も唸る最新版、最高傑作の誕生か⁉

BURTON 2020-2021 CUSTOM X / FLYING V

高速域を制するハイスペックボード

プロレベルのエッジコントロールで知られるCUSTOM X(カスタムエックス)は、MOJANEが信頼を置くボードの代表格です。バートンの代名詞CUSTOM(カスタム)を最強のマテリアルでドレスアップしたこのモデルは、パイプ、スロープ、フリーライディング、バックカントリーに至るまで、フリースタイル スノーボーディングの全てを網羅します。

custom-x burton

CUSTOM X / FV / 93.000円+TAX

インラインで登場してから17シーズン。毎年乗り味を更新し、変化を続けてきたCUSTOM Xですが、その存在感は依然衰えず、コンセプトがブレることもありません。BURTONの「今」を知るには、うってつけのモデルと言えるでしょう。

CUSTOM Xには、キャンバーとFLYING V(フライングブイ)の2タイプがあります。FLYING VはダブルキャンバーのBURTON独自の名称です。キャンバーは中・上級者向け、FVは初級から上級者までをカバーするファンな要素が特徴です。

CUSTOM X -CAMBER-
直進安定性と力強いエッジホールドが特徴。ぐんぐん加速してもボードは一切バタつかないチョッカリ番長です。ゲレンデのコンディションがアイシーであればあるほど、その持ち味を発揮します。基本的に下へ下へと落としていくタイプのボードですが、スピードを維持したままのターンも得意で、弧を描く時にかかる重力が体に心地よく伝わります。

多くのボードは「高速ターンに強い」=「低速ターンに弱い」という法則がありますが、CUSTOM X CAMBERは低速時のターンがし易いです。低速での操作性が高いという事は、正しい姿勢を学ぶ上で大切なポイントです。そういった意味では、チャレンジングな初・中級者にとって意義のあるボードになると思います。

CUSTOM X -FLYING V-
BURTONが作るダブルキャンバーが最も活きるモデルが、CUSTOM X FLYING Vではないでしょうか。CAMBER版のCUSTOM Xが持つ攻撃的なライドフィールはそのままに、パウダー、バタートリック、スイッチといったオールマイティー要素が加わります。その回転性や強いエッジバイトによって、誰もが遊び心ある乗り心地を感じることができます。

スノーボードにブランクがある方、CAMBERに不安がある方、どんなフィールドでも自由に楽しみたい方にハマります。また、FLYING Vが登場する以前、CUSTOM Xに強い憧れを抱いていた世代のスノーボーダーからは、「こんなボードを待っていた!」という声も多く上がっています。

custom x 2021

もっと上手くなりたい人へ

CUSTOM Xの魅力は「スノーボードしてるぜ」感。急斜面をかっ飛ばす!というスリリングなスノーボードの世界を広げてくれることではないかと思います。ボードのフレックスは、高速域に入って初めて感じられ、少しの荷重でも体が吹っ飛ばされてしまう程にレスポンシブルです。つまり、乗り手にスピードとパワーが無ければ、ボードに備わっている性能を最大限に引き出し、開花させることは出来ません。

なぜ、これほどハードなボードに乗る必要があるのか。それは、今よりも上手くなるためです。 

customx 2021

スーパーカーを乗りこなせ

CUSTOM Xは、BURTONの中で最もハイスペックなボードです。スノーボードビギナーがキャンバーのXに乗るとなれば、運転免許を取得したばかりのドライバーがスポーツカーに乗る様なもの。少しでもハンドルを切れば一気に曲がり、アクセルを軽く踏むと一瞬で法定速度を超えてしまう…。また、無理にコントロールしようとすると力負けしてしまいます。基本的には、中級層のスノーボーダーが、更なるレベルアップに立ち向かう為のボードと捉えてください。

CUSTOM Xを乗りこなすヒントは、ボードが行きたがる方向に乗ってあげること。重心、姿勢、体重移動…今まで出来ていると思っていた動作の一つ一つを見直すことになるかも知れません。その試行錯誤こそが、スノーボードの上達へと繋がっていきます。身体の感覚が掴めてくると「こういう事か!」と頭で分かる瞬間も次々と生まれ、自信がついてくるはずです。その過程には、滑り倒すだけでなく、レベルに応じたセットアップやエッジチューニング、時にはレッスンが必要な場合もあります。

custom x 2021

バートンの最強コア

スノーボードが持つ反発力や強度、その決め手となるのがコア材です。CUSTOM Xに使われているドラゴンフライコアは、数種類の木を縦横に細かく組み合わせることでパワーを逃さずエッジへ伝えるというもの。この綿密な配列はBURTONにしか出来ない技術だと聞いています。ドラゴンフライコアについては、2018-2019モデルの記事で詳しく解説しています。

BURTONのソールに凸凹があるのは、張り巡らされたコアが要因の一つですが、滑走には全く影響はありません。ただ、ホットワクシングでアイロンを当てたり、ワックスをスクレーパーで削る際、凹凸がストレスに感じる人もいると思います。そういった場合はペーストやリキッドタイプのワックスが便利です。

custom x 2021

実は、幅広いレベル層にハマります

「CUSTOM Xはエキスパートレベルの乗り物で、一般ユーザーには過剰なスペックだ。」そんな意見も多くあります。確かに、超が付くほどのハイスペックボードですから、その通りかも知れません。ですが全てのBURTONのボードには「より簡単に」という基本テーマがあります。MOJANEでは、この過剰なスペックこそ、チューニング次第で多くの人が楽しめるボードに変化させられる「余白」だと考えています。

中にはCUSTOM Xに憧れを抱き、乗りこなせるか分からなくとも挑戦したいと思っている方も多く居ます。僕もその一人でした。CUSTOM Xが少し背伸びをしたボード選びだとしても、自分のレベルに引き寄せるチューニングとセッティングを行えば、心配は要りません。また、レベルアップに合わせて調整を繰り返すことで、CUSTOM Xが持つ奥深さをどんどん発見することが出来ます。スノーボードには、そういった楽しみ方もあると思うのです。

MOJANEでは、ユーザーと共にCUSTOM Xのセッティングやチューンナップの実験を繰り返してきました。中級~コンペティターまで、様々なレベルからのレビューも集まっています。サイズ選び、セットアップ、チューニング、CUSTOM XのことならMOJANEにお任せください。

custom x 2021

自分に適したギアを知る

CUSTOM Xでは、ブーツやビンディングとの相性も肝心です。それは、「この板にはこのバインとブーツを合わせよう!」というような定説ではなく、今の自分に必要な道具は何か、という意味です。誰もが簡単に乗れてしまうボードでは、セットアップやマッチングを考えずに過ごせてしまいますが、CUSTOM Xでは、難しいというジレンマの中から、自分に足りない要素を知り、それを補う道具選びを意識するようになります。自分のレベルを受け入れて、考える力を引き出してくれるボードなのです。

custom x 2020

Takehiro Tanaka | CUSTOM X 166W(2020)

ローカルヒーロー流のサイズ選び

スノーボード/サーフィンのインストラクターとして活躍する田中岳宏さんが、スノーボードテクニカルの分野にフリースタイルボードを持ち込んだのは8年も前の事。現在もCUSTOM Xで競技に挑み続けています。特にここ2シーズンは、自身の経験を生かし、BURTONの推奨サイズとは全く違う視点でサイズ選びを行っています。ポイントは有効エッジの長さとウェスト幅。また、競技によってもサイズを変えているようです。

Takehiro Tanaka
最近は有効エッジが長い166Wをメインで使っています。BURTONのボードは、長さに比例して硬くなる事が無いと分かってきたので、斜度やターンの種類・難易度によってボードをチョイスしています。ボードを長くすることで有効エッジも同時に長くなり、攻めたフォームをとる練習ができると思います。-田中 岳宏-

custom x fv 2021

1本の板に向き合う面白さ

乗り易さ・心地良さを追求する他のニューボードと比較すると、CUSTOM Xを理解するには時間がかかります。試乗会や友達同士の貸し借りで他の板に乗ると「ボード選びを間違てしまったかも…」 と感じる事があるかもしれません。もちろんラクなボードに乗り替えるのも1つの楽しみ方ですが、難しいと思っても、諦めないで!と僕は言いたいのです。お気に入りのデニムを履き込むのと同様に、乗り込んで乗り込んで、乗り込む事により、自分だけのボードに仕上がっていくのがCUSTOM X。ねじれの使い方や、踏み込みのクセがボードに染み込み、だんだんとイメージ通りに動いてくれる様になります。

乗りすぎるとヘタるのでは?という心配はご無用です。年間滑走が30回だとしたら、5~6シーズンは確実に遊べます。もし、過去にCUSTOM Xを諦め、手放した経験がある方がいたら、いつかもう一度、最新版のXに乗ってみて欲しいと思っています。

custom x 2021

BURTON INFORMATION

CUSTOM X DETAILS
BEND: Camber
SHAPE/FLEX: Directional, Twin
CORE: DragonFly 600G Core with Multizone EGD,Squeezebox
FIBERGLASS/BASE: 45° Carbon Highlights High Voltage,Sintered WFO
EXTRAS: The Channel®, Frostbite Edges, Super Sap® Epoxy, Pro-Tip, Infinite Ride
PERSONALITY: 6 – 9 (Medium – Aggressive)
TERRAIN: Park: 6, Groomers: 9, Powder: 7

CUSTOM X-FV DETAILS
BEND: Flying V
SHAPE/FLEX: Directional, Twin
CORE: DragonFly 600G Core with Multizone EGD,Squeezebox
FIBERGLASS/BASE: 45° Carbon Highlights High Voltage,Sintered WFO
EXTRAS: The Channel®, Frostbite Edges, Super Sap® Epoxy, Pro-Tip, Infinite Ride
PERSONALITY: 5 – 8 (Medium – Aggressive)
TERRAIN: Park: 5, Groomers: 9, Powder: 7

1 2 3
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

2 thoughts on “CUSTOM X / FV|愛用者も唸る最新版、最高傑作の誕生か⁉

  1. 小枝 より:

    いつも楽しく拝見しています。
    ずっとツイン、ダックでパーク寄りでしたが、今シーズンはホームタウンヒーローで前振りカービングにハマったシーズンでした。ただ急斜面やアイスバーンでは難しく感じました。やはりカスタムXが気になります。有効エッジやESTだとドラッグも気になるため、長めのワイドが良いのでしょうか?ちなみに176センチ、68キロ、27センチです。

    1. MOJANE より:

      小枝 様
      コメントありがとうございます。アイスバーンや急斜面にフォーカスするならば、ワイドボードが良いと思います。力強いカービングが可能です。面ツル30°~、横に走れる広い一枚バーンがあれば、ターンの楽しさがより一層感じられると思います。本来BURTONのボードはすぐに曲がり、サイドカーブも深めなので、ランニングレングスでターン弧を調整するのもありだと思いますよ!

COMMENT

シェア