custom x 田中岳宏

CUSTOM-X CAMBER / FLYING V
より”XらしいX”へ。

2019-2020 BURTON SNOWBOARDS

Xの進化をチェックせよ!

圧倒的なクオリティーで高い人気を維持しているハイスペックボード、CUSTOM X。MOJANEでは、数あるBURTONボードの中でも特にCUSTOM Xの動向に注目しています。

その理由は、誰もが期待するCUSTOM Xの出来栄えを通して、BURTONの方針や本気度を量ることが出来る、と考えているから。同価格帯のボードと比較しても、常にトップクラスのパフォーマンス性を備えつつ変化し続ける”X”。もし、10万円以内でニューボードを探しているなら、是非候補の1つに入れてください。

CUSTOM X

レベルではなく、チャレンジ精神

僕は、「この人にはフィットする」という確信があれば、お客様が他のボードに決めている場合でも、自信を持ってCUSTOM Xを提案します。では、どんな人にCUSTOM Xをお勧めしているかというと、スノーボードの魅力に憑りつかれてしまったチャレンジングなビギナーから、攻撃的なライドフィールを求めているエキスパートまで。スノーボードに夢中になっているかどうかが肝心です。

CUSTOM Xは「選手達や上級者向けの難しいボード」というイメージが定着していますが、その根源にあるのは「挑戦者を成長させるボード」の性質です。「スキルアップしても長く使い続けられるボードが欲しい。」「かっこいいボードでとことん練習したい。」そういった信念があるなら、多少背伸びをして選んだとしても、セッティングやエッジチューニング、様々なビンディングブランドとの組み合わせによっても、レベルに合ったCUSTOM Xに仕上げることが出来ます。

CUSTOM X

CAMBERとFLYING V、2つのXをおさらい

CUSTOM Xには、スピードに強いCAMBER(キャンバー)と、ダブルキャンバー構造のFLYING V(フライングブイ)という、全く異なる性質を持った2タイプがあります。

CUSTOM X

CUSTOM X -CAMBER-
直進安定性と力強いエッジホールドが特徴。ぐんぐん加速してもボードは一切バタつかないチョッカリ番長です。ゲレンデのコンディションがアイシーであればあるほど、その特性が活かされます。基本的には下へ下へと落としていくタイプのボードですが、スピードを維持したままのターンも得意で、弧を描く時にかかる重力が体に心地よく伝わります。

多くのボードは「高速ターンに強い」=「低速ターンに弱い」という法則がありますが、CUSTOM X CAMBERは低速時でもターンがし易いです。低速の操作性が高いという事は、正しい姿勢を学ぶ上でも大切なポイントです。そういった意味で初・中級者にも意義のあるボードになると思います。 

CUSTOM X FV

CUSTOM X -FLYING V-
BURTONが作るダブルキャンバーを最も活かせているモデルが、CUSTOM-X FLYING Vではないでしょうか。CAMBER版のCUSTOM Xが持つ攻撃的なライドフィールはそのままに、パウダー、バタートリック、スイッチといったオールマイティー要素が加わります。その回転性や強いエッジバイトによって、誰もが遊び心ある乗り心地を感じることができます。

スノーボードにブランクがある方、CAMBERに不安がある方、どんなフィールドも自由に楽しみたい方にハマります。また、FLYING Vが登場する以前、CUSTOM Xに強い憧れを抱いていた世代のスノーボーダーからは、こんなボードを待っていた!という声も多いです。

2019-2020版CUSTOM Xの特徴

CUSTOM X

CUSTOM X ¥93.000 +TAX ※デザインはCAMBERもFVも同じです。
CAMBER : 150 / 154 / 156 / 158 /158W / 162 / 162W / 166W
FLYING V : 154 /156 / 158 / 162

昨2018-2019シーズンから、CAMBER / FLYING V共に、サイズ、スペック、機能に大きな変更は無く、見た目はいつも通りのCUSTOM-Xですが、乗り比べるとやはり今期と来期の違いが感じられます。その要因の一つは、BURTONがサスティナビリティーの取り組みとして、トップシートのラッカー仕上げを2019-2020より完全廃止したこと。今後はトップシートによる影響を心配する必要は無くなりそうです。

CUSTOM X CAMBER

CUSTOM X CAMBER
CUSTOM X CAMBER
CUSTOM X CAMBER
ポップ感が印象的だった昨シーズンのCUSTOM-Xとは違い、2019-2020は原点回帰の様な、どっしりと地面に張り付く感覚です。トーション、フレックスのバランスも、パワフルな印象があり、ドラゴンフライコアの強さを感じることができます。ドラゴンフライコアといえば、2018-2019シーズンのFAMILY TREEからリリースされたSPEED DATEも同じコア材を使ったボードでしたが、取り回しの良さが際立ったSPEED DATEとCUSTOM-Xでは全く性格が違います。組み合わせる素材や形状によって、ここまで乗り味が変わるのか、と驚きましたが、これもまたスノーボードの面白さです。

CUSTOM X FV

CUSTOM X FLYING V

2019-2020シーズンのCUSTOM X FLYING Vは、ルーズな中から力強いエッジが突如現れます。その二面性を生みだした要因は、過去モデルよりも強い反り返り。元々のCUSTOM X FLYING Vは、ルーズな乗り心地にCAMBERの強さが同居していて、2つの境界は曖昧でした。反り返りが強くなったことで、両極の乗り味をオンオフで切り替えることが出来るのようになり、今まで以上に個性的なボードに仕上がったのではないでしょうか。長めのサイズを選べば浮力としなりで、適正サイズでは機敏な動きで遊べます。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア