DEEPTHINKER,FREETHINKER|ダニー・デイビス監修のコンセプトボード

2018-2019 BURTON | DEEP / FREE THINKER

真価が問われる2期目のTHINKER’S

昨シーズン、数あるスノーボードの中でも、特に注目を集めたのがBURTONのDEEP THINKERとFREE THINKERです。ダニー・デイビス(DANNY DAVIS)による対照的な2本の関連ボードという発想、更にスケートボード界のレジェンド、マーク・ゴンザレスが手掛けたアートワーク(元BURTONミッヒ・アルビン氏の”ミッヒ”以来となるコラボレーション)も話題となり、華々しいデビューシーズンでした。次の2018-2019シーズンは、目新しさやネームバリューではなく、その内容が鍵となります。

deep free thinker 2019

DEEPでFREEなD.デイビスの提案

ダニー・デイビスがプロデュースする2つのTHINKERは「1本のボードに多様な遊び方を求めずに、性格の違う2つのボードで楽しもう」というアイデアから生まれました。DEEP THINKERはフリーライディング用のディレクショナル・ボード、一方のFREE THINKERはパークライディングの為のツイン・チップボードです。

2017-2018シーズンからの変化としてまず目に留まるのが、価格とグラフィックです。M・ゴンザレスが参加した昨シーズンはFREE,DEEP共に各89.000円+TAXだったのに対し、2018-2019は有名アーティストが関わっていない為か、82.000円+TAX。見た目のイメージも一新し、トレンドの80’sへと舵を切りました。昨シーズンはトップシートとソール、あるいはFREE,DEEP間のソールのグラフィックに関連性が感じられませんでしたが、来期は1本のボードとして、そして2本のコンセプトボードとして、統一感ある仕上がりです。デッキパッドもデザインの一部として標準装備となっています。

ただ、これだけポップで若々しいビジュアルでありながら、スペックや価格帯はスノーボードキャリアのある大人向けの内容…このミスマッチが気になります。M・ゴンザレスのいないTHINKER’Sのターゲットは、ダニーファン? 80’Sを懐かしむ大人たち? 若い世代の上級者?いずれにしても、誰からも親しまれるようなタイプではなく、好みや用途がハッキリと絞られています。

2019 free thinker

FREE THINKER解説

ダニー君のシグネイチャーモデル”EASY LIVIN”のアップグレードバージョンです。パークライディングをメインとし、ジャンプやトリックを得意としています。コア材やファイバーグラスが見直され、軽くポップ感があるオーリーや、ハイスピードのフリーライディングが楽しめる力強いボードです。

来期BURTONでフリースタイルボードを選ぶなら、FREE THINKERとPROCESSの一騎打ちとなります。この2モデルを比較するには、イメージも価格も差が大きいのですが、ハイスピードでのパフォーマンス性を求める方や、体格の良い方、パワーに自信がある方にとってはFREE THINKERが有力候補になるかと思います。

2019 free thinker
2019 free thinker

FREE THINKERスペックチェック

2018平昌オリンピックでは、ニュージーランド代表のカーロス・ガルシアナイト選手が使用していました。既にコンペティション・シーンの第一線から退いているダニー君ですが、オリンピックの舞台でこのボードが登場したことは、信頼できるハイスペック・ボードの証。基本的なスペックは昨年から大きな変化はありませんが、FREE THINKER 154を基に、その特徴をチェックしていきましょう。

・NOSE LENGTH 210mm TAIL LENGTH 210mm :反り上がったノーズ、テールキック=スピンのきっかけや回転性を生む。

・NOSE WIDTH 291.1mm TAIL WIDTH 291.1mm:スパッと四角くカットされたノーズ、キックデザイン=面を使うオーリーをしやすくする効果?

・サイドカット半径 7.3m :細く括れたサイドカーブ=ボードがよく曲がり、足首だけでカービングできる。スケートボードの様な操作性を生む。

・West width 248mm :細いウェスト=エッジtoエッジを早くする為。

FREEのビンディング選びのポイント

EASY LIVINGでは、3層のファイバーグラス”TRIAX FIBER GRASS”が採用されていました。その乗り味は重く、ビッグジャンプに対応したモデルだったことが伺えます。FREE THINKERでは”カーボン・ハイライト”へと変更され、スペックもよりシャープになりました。ボードコントロールがすこぶる軽く、足首による動きだけでボードが曲がります。

ダニー君がFREE THINKERで使用しているバインディングはMALAVITA。ハイレスポンスなボードに対して自由度とホールド感を両立したバインを乗せた、納得のセットアップです。他にも、CARTELや GENESIS X、X-BASEだとよりピーキーなボードレスポンスが期待できます。DANNY君の場合はミディアムレスポンスのMALAVITAによってバランスを保っているのかな?と推測します。

FREE THINKERのフレックス

2019 free thinker
2019 free thinker
2019 free thinker
今回の試乗会で行ったフレックス・チェックでは、どのボードよりもグイグイっと踏みやすく、安定していました。特にどこかのポジションが硬い、ということではなく、均一のフレックスに仕上がっています。トーションはCUSTOMと比較すると若干柔らかく感じたので、中級者以上の方にとっては扱いやすいはずです。また、同じフリースタイルボードPROCESSと比べると、FREE THINKERの方が若干硬め。より攻撃的に仕上がっています。

2019 deep thinker

DEEP THINKER解説

キャリアを重ねていく中で、パウダーライディングとカービング要素をつなぎ合わせたフッテージを生み出したダニー君。そんな彼が、フリーライディング用に設定したボードです。圧雪から非圧雪、そして地形を使ったジャンプやトリックを披露する彼のプロモーションを観れば「こんな風に滑りたい!」と、誰もが思うはずです。

DEEP THINKERはフリースタイルボードでありながら、フリーライディングの要素がたっぷり詰め込まれた、遊び心あるボードです。トリッキーなだけでなく、時にはしっかりとカービングもこなします。ですが、2018-2019シーズンはこの”遊び+カービング”の要素を持ち合わせたライバルボードが数多くあります。個性がひしめくBURTONラインナップの中で、DEEP THINKERはどの様なポジションとなるのでしょうか。サイズスペックから紐解いていきましょう。

2019 deep thinker
2019 deep thinker

DEEP THINKERスペックチェック

FREE THINKERと同様に、基本スペックは昨年から大きな変化はありません。DEEP THINKER157のスペックを基にポイントをチェックします。

・NOSE LENGTH 235mm TAIL LENGTH 190mm:ディレクショナルセッティングされたノーズとテール=メインスタンスでの滑りやすさを重視。

・NOSE WIDTH299.6mm TAIL LENGTH 292.6mm:70mmテーパードシェイプされたテール=テールウェストのほうが細く、ボード切り返しの反応が軽く、良い。

・サイドカット半径 7.4m:浮力を持たせる面積から生まれる取り回しの悪さを、括れたサイドカーブで解消。

・WEST WIDTH 252mm:ミッドワイドなウェスト幅=浮力、安定感を持たせる為?

DEEP THINKERは、単純にFREE THINKERをディレクショナルボードに仕上げた、というモデルではありません。スケートボードの様に足首でサクサクに動くFREE THINKERに対し、DEEP THINKERはボードの切り返しが早く、かつ、ノーズに重心を置いた安定感のあるスペックです。また、7mmのテーパード効果もあり、直進的です。フリースタイルを取り入れながら、新雪に覆われたゲレンデを隅々まで遊び尽くす、そんなイメージが浮かびます。ファイバーグラスはFREE TINKERと同じカーボンハイライト。ボードの体積が大きくても、このグラスによって軽さを実現しています。

DEEP THINKERのフレックス

2019 deep thinker
2019 deep thinker
2019 deep thinker
ノーズ側にはしっかりと張りがあり、ボード全体はやや硬め。しかし、 その硬さによるスナップはなく、踏み込めばしっかり体に馴染む感覚です。

DEEP THINKERの特徴は、ストイックなイメージのカービングが楽しく感じられるところにあります。カービング性能を求める人は、当然カービングの為に設計されたボードに注目すると思いますが、例えば、レールに乗って走るようなCUSTOM Xや、斬り込むようなSPEED DATEとは違ったカービングへのアプローチを行っているのがDEEP THINKERです。DEEP THINKERでは、フリースタイルとフリーライディングの融合が大きなテーマとなっています。その中には、カービング要素が大きな役割を担います。これまでカービングに興味が無かったり、おろそかにしがちだった人を、一気にカービングの世界へと引きずり込むようなボードだと思います。是非、朝一の綺麗にグルームされたバーンで感じていただきたいです。

deep free thinker 2019

DEEPに立ちはだかるライバル陣

DEEP THINKER解説の冒頭に記した通り、このボードにはBURTON内だけでも多くのライバルが存在します。2018-2019に登場するFAMILY TREEのSPEED DATE(スピードデイト)や、USAで最も人気のFLIGHT ATTENDANT(フライトアテンダント)がその一例です。もちろん、それぞれに特徴はありますが、これらの個性派ボードと並んだ時、昨シーズンのような話題性を持たないDEEP THINKERは、存在感を潜めてしまいます。

僕自身、DEEPの性能を実感していたにもかかわらず好奇心が他のボードに向いてしまいました。その要因の一つが、来期のBURTONのウェアの中にこのボードにハマるセットアップが見当たらなかった事。今回のTHINKER’Sは、性能だけでなくファッショナブルに楽しめるボードだと解釈していただけに残念です。ジャケットは黒、グローブは白、パンツは鮮やかなショッキング系を選び、バインディングはSTEPON。ゴーグルはOAKLEYのオリンピックモデルのパイロットシリーズを合わせたり。ロン毛の金髪ならヘアバンドでも良いくらいです。機能性と遊び心が同居し、現代のフリースタイル・スノーボーディングの格好良さを存分に体現しているTHINKER’Sだからこそ、ボードに合わせたトータルコーディネイトを楽しみたかったです。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア