エッジチューンナップで
最高のターンを

ダイアモンドベルトで磨く、滑らかなエッジチューン

エッジチューンナップで
コントロール性を向上させる

スノーボードを縁取る金属部分”エッジ”は、ボードをコントロールする重要なパーツです。エッジの角度調整や研磨仕上げによって、ボードの乗り心地が大きく変化します。
購入したままの状態のエッジでももちろん機能しますが、ベンド(板の形状)やライダーの好みに合わせてカスタマイズしたエッジは、ターンをより壮大なものにしてくれます。

エッジの構造
エッジの構造
スノーボードには、サイドウォールと呼ばれるボード横のエッジと、ソール側のエッジがあります。この2面の角度を調整しながら、ボードの形状やひとりひとりの好みに合わせたエッジに仕上げる作業が”エッジチューンナップ”です。また、エッジについた傷や錆を除去し、滑らかな乗り味を取り戻します。塵も積もれば山となる、細かな傷でも無数にあればボードのコントロール性が落ち、失速や怪我の原因に繋がります。イメージ通りのライディングに近づく為にも是非知ってほしいメンテナンスです。

edge tune

MOJANEのエッジチューンナップ

主に使用しているのは、USAの老舗 GRIND LITE社製 EDGER。粗さの違う2種類のベルトで研磨すればエッジに入った傷や錆もツルピカ。丸まってしまったエッジにも、しっかりと角度を付けることが出来ます。
錆びついたエッジをグラインダーで磨くと、バチバチと激しく火花が飛び散ります。ほとんどの錆は綺麗に削り取ることができ、新品のように蘇ります。
(左) before (右)after
施工の一例です。シーズン序盤、エッジが石に当たってしまったというお客様のボード。広い範囲で刃こぼれを起こしていましたが、施術後はダメージがほぼ無くなりました。仕上げは手作業でコツコツと磨き上げます。
エッジチューンナップは、使用頻度にもよりますが、一般的に1シーズンに1-2回の施行をお勧めしています。ハードユーザーの中でも特にアイスバーンを多く滑る方や、大会に出場する方は、毎週エッジチューニングを行っています。

ダイアモンドベルトの仕上げ効果

2017シーズンからは、更にエッジを磨き上げる為に、ダイアモンドベルトを使ったフィニッシュ工程を加えました。フィニッシュ工程の有無を乗り比べた結果、体でハッキリと感じられる程の違いが生まれました。パウダーに切り込む時のキレ、圧雪に食い込んでいくドライブ感、力強くスムースな仕上がりが特徴です。気持ちの良いターンは、エッジからスタートします。フカフカの雪からアイシーなコンディションまで…。様々な雪面でエッジのフィーリングを楽しんでください。

edge tune

エッジチューンナップMENU

MOJANEでは、スタイルや目的に応じた6種類のエッジチューンメニューをご用意しています。「どれが合うのか分からない」という方は是非ご相談ください。

スタンダードエッジチューン
STANDARD 3.000円
カービング用エッジチューン
CARVING 3.000円
ジビング用エッジチューン
JIBBING 3.000円
ショートファット用エッジチューン
SHORT FAT POW 3.000円
テクニカル用エッジチューン
TECHNICAL 4.000円
カスタムエッジチューン
CUSTOM 4.000円

ハイシーズンの急なご要望も、可能な限り対応致します。お気軽にお問い合わせください。
※MOJANEでご購入頂いたニューボードは、プレ・チューンナップのエッジ調整を無料で行っております。

Categories : SNOWBOARD, SERVICE
Tags:, ,

COMMENT

シェア