札幌から車で2時間圏内のおすすめゲレンデ

札幌近郊のスキー場まとめ

札幌市中心部から最短30分!
札幌近郊のスキー場を紹介します。

札幌市近郊は、大小様々なゲレンデに囲まれているため、ちょっと買物へ…という感覚でスキー場に行けてしまいます。(これは、札幌市民の密かな自慢にもなっています。)観光旅行や出張中の限られた時間の中でもスノーボードがしたい!という方や、これからスノーボードを始めたいけれどマイカーが無いし…。という方にも、レンタカーや公共交通機関でも行きやすい札幌近郊の山がお勧めです。もし、片道に2時間もかけることが出来るなら選択肢は更に広がり、天候もある程度カバーできると思います。

ばんけいスキー場

1.さっぽろばんけいスキー場

札幌市内中心部から30分でアクセスできる、という立地がフォーカスポイントです。ニセコの山を縮小したような地形は、スノーボードが上手くなる条件が揃っています。地下鉄東西線では円山公園駅・発寒南駅から、地下鉄南北線では真駒内駅からバスが運行しています。ばんけいを制するものはあらゆる山を網羅できる!?ばんけいでスキルを貯めたら、あとは大きな山に行くだけです。
さっぽろばんけいスキー場公式サイトhttp://www.bankei.co.jp/winter/ski/

2.Fu’s(フッズ)スキー場

札幌が誇るスーパースター藤本兄弟を輩出し、次世代キッズも着々と育っているファミリーゲレンデ。僕も幼少の頃、父に連れられFu’sでスノーボードを覚えたという思い出のゲレンデです。基本的に初心者に優しいゲレンデですが、札幌市内の降雪が30cmオーバーとなる夜には必ずチェックしてもらいたい穴場の一つ。年に数回、ワールドクラスのノートラックパウダーを味わえます。
Fu’sスキー場公式サイトhttp://www.shsf.jp/fujino-yagai-s/

ダイナスティー

3.ダイナスティスキーリゾート

ファミリーゲレンデとして、札幌・北広島市民には馴染み深いゲレンデです。小さな山ながら、複雑に傾斜する斜面は奥深く、決して簡単なゲレンデではない事がわかります。初心者はもちろん上級者でも遊べて、コストパフォーマンスが非常に良い点もお勧めです。近隣には三井アウトレットパーク北広島があり、ショッピングや食事も楽しめます。また、三井アウトレットパーク北広島⇔ダイナスティ間で送迎バスも運行しているので(2018現在)、公共交通機関を利用する方や学生さんにも利用しやすいです。
ダイナスティスキーリゾート公式サイトhttp://www.dynasty-resort.jp/

オーンズ

4.スノークルーズオーンズ

ばんけい、フッズと並び札幌市民から人気のあるゲレンデです。その中でもオーンズの魅力は夜遅くまで営業しているナイター。夜景を眺めながら滑ることが出来ます。地形遊びも豊富で、初心者のステップアップに最適です。潮風に当たった雪面は固く、カービングの練習にももってこい!MOJANEアドバイザー田中岳宏さんや、元オリンピックコーチの藤田太さんもお勧めしています。
スノークルーズオーンズ公式サイトhttp://onze.jp/

sapporo teine

5.サッポロテイネ

ハイランドゾーンとオリンピアゾーンがあります。オリンピックコースにもなった歴史あるハイランドの地形は、超スピーディーで難易度は高め…。フリーライディング道場の異名を持ち、コースとコース外の区別が難しいのが特徴です。中~上級者向けではありますが、通い詰めてコースを覚えていくと、その魅力に取りつかれるかもしれません。対照的にファミリーゲレンデのオリンピア。雪が降った日はパウダーランができる、穴場スポットでもあります。ショートファットなパウダーボードで攻めてほしいゲレンデです。
サッポロテイネ公式サイトhttps://sapporo-teine.com/snow/

6.札幌国際スキー場

北海道を代表するゲレンデの1つ。札幌からのアクセスの良さ、イベントや情報量の多さから、連日世界中から多くのプロスノーボーダーが集り、レベルの高いセッションを目撃できます。憧れのスノーボーダーに会えるかもしれません。ゲレンデは横に広く、初心者から上級者まで隈無く楽しむ事ができます。帰りは定山渓温泉や小金湯温泉郷でリフレッシュ。
札幌国際スキー場公式サイトhttps://www.sapporo-kokusai.jp/

天狗山スキー場

7.小樽天狗山スキー場

小樽の名所、天狗山。天狗に因んだ神社や資料館があり、夏場はトレッキングでも人気です。ゲレンデとしては知る人ぞ知る、といった存在です。小さな山ではありますが、コースはとてもダイナミック。初めての方はコースチェックを忘れずに。天気が良ければ小樽の景色を海まで一望できます。特に夕方は海に夕日が沈み、最高のロケーションです。観光も併せれば小樽ならではの過ごし方が出来そうです。
小樽天狗山スキー場公式サイトhttp://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/

8.キロロリゾート

今、ニセコ連峰以上に世界が注目するキロロリゾート。高確率でパウダースノーにヒットすることがその所以です。キロロには”マウンテンクラブ”というセンターがあり、コース外での滑走の安全性を確認することができます。バックカントリーに意識を向けた、日本でも新しいガイドラインを設けたリゾートです。
キロロリゾート公式サイトhttps://www.kiroro.co.jp/ja/

9.石狩平原スキー場

平原という名の通り、斜度はありませんが、1枚バーンが3つもあり気持ち良くクルージングできるローカルゲレンデです。平日は空いていることが多いので、初心者の練習や新しいギアのテスト、のんびり滑りたい時にとてもお勧めです。リフト代も低価格設定で良心的です。
石狩平原スキー場公式サイトhttps://www.ishikari-heigen-ski.net/

10.夕張リゾートマウントレースイ

JR夕張駅直結のリゾートホテルマウントレースイに隣接するスキー場。チケット売り場がリニューアルして広々綺麗になりました。4つのリフトとゴンドラで初心者から上級者まで楽しむことが出来ます。最大傾斜30度のレーシングAラインコースはカービングの練習に最適。お腹がすいたらスキー場内の食堂の他、ホテル内のランチビュッフェや、駅前の屋台村もブーツのまま行けてしまいます。
夕張リゾートマウントレースイ公式サイトhttp://yubari-resort.com/ski_area/

11.中山峠スキー場

札幌近郊では最も早いシーズンイン。また、4月からは春スキーが楽しめることでもよく知られています。札幌中心部からは車で約1時間。帰り際には定山渓温泉や豊平峡温泉を楽しめます。国道230号を直進というシンプルな道案内で、誰でも迷わずたどり着けます。
中山峠スキー場公式サイトhttp://nakayama-ski.com/

Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア