ホットワクシングでスノーボードの
滑走性を向上させよう

こまめに行いたい基本のスノーボードメンテナンス

スノーボードを滑走させるためのチューンナップ、ホットワクシングについて。

0.1秒を争うスノーボードコンペティションは、「ワックスの勝負」とも言われます。それほどボードの滑走性・操作性に影響を与えるのがワクシングです。選手を支えるチームのワックスマンは、雪質・雪の温度・気温・天候など、あらゆる条件を考慮して、ライディング毎に厳密なワクシングを行います。

ホットワクシングとは、熱で溶かしたワックスをスノーボードの滑走面(ソール)に浸透させながらアイロンで塗布するというもの。直塗りやペースト、スプレー、サーモバッグ、赤外線といった様々なワクシングがある中、最も一般的な方法の一つです。

MOJANEで行うホットワックシング

hot waxing
MOJANEを支えるTOKO社のデジタルアイロン
MOJANEでも”ここぞ!”というご予定がある方には、できる限り当日に予想される気温や雪質に応じたワクシングを行いたいと考えています。お好みのワックスを持ち込んで頂いても結構です。
また、毎シーズン各ワックスメーカーから様々な新製品が登場する中で、ユーザーと意見を交換しながら”ワックスの組み合わせ実験”を行うのも恒例行事。MOJANEユーザーが編み出してきたコンビネーションレシピも存在します。

ホットワックシングの作業工程

tuneup hot waxing
スノーボードのソールが事前にしっかりとソールクリーニングされている状態からスタート。ホットワクシングで大切なのは温度です。室内やワックスの温度、ソールに伝わる熱が仕上がりに影響する為、デジタル式アイロンを愛用。温かいアイロン面にワックスを当て、表面を軽く溶かしてからソールに擦り付ける”クレヨニング”と呼ばれる塗布方法は、均一にワックスを広げる為に効果的な塗り方です。

MOJANEお勧めのワックスメーカーDOMINATOR(ドミネーター)社のワックスは、解溶温度が低いので、ワックスをブレンドする際もクレヨニングで塗布すると目分量でも比率を計りやすいです。その後、アイロンでソール全体にワックスを伸ばしていきます。溶けたワックスがソールにじんわりと染み込んでいく様子は、乾いた土に水がスーっと染み込んでいくようで、あぁ快感。ライディングをイメージーしながら、丁寧にアイロンを滑らせます。

仕上げは磨き、磨き、磨く!

tune up hot waxing
アイロンの後はワックスが完全に冷めるまで待ちます。この時、ワックスの成分をしっかりと浸透させ、余分なワックスを剥がしやすくするために一晩置きたいところです。スクレーパーで余分なワックスを削り落としたら、2種類のブラシで磨き上げます。その仕上がりは店頭で、そして雪山で体感してください!お急ぎの方には当日お渡し出来るスピードワックス等、他のワクシングメニューをご用意しています。
HOT WAXING ¥4.000+TAX
tune up hot waxing
※ワクシングの効果を得るには、事前にソールクリーニングされていることが重要です。ソールクリーニングとホットワクシングを行う場合はセットメニュー、TUNE UPをご利用ください。
SOLE CLEANING 2.000円+TAX
TUNE UP 6.000円+TAX(ソールクリーニング+ホットワクシング)
※MOJANEでご購入頂いたニューモデルボードは、ホットワクシングを無料で行います。
Categories : SNOWBOARD, SERVICE
Tags:, , ,

COMMENT

シェア