moonbuggy

MOON BUGGY | バートン史上最高浮力のロングボード 

BURTON 2019-2020 FAMILY TREE

遊び足りない大人たちの冒険ボード

シーズン毎に新たなテーマで僕たちを楽しませてくれるBURTONの実験的ライン、FAMILY TREEの2019-2020シーズンは、世界各国のローカルシーンに着目したモデルが並びます。中でもFAMILY TREE初となる2種類のロングボードは要チェックです。その1つが日本の地形をヒントにしたMOON BUGGY(ムーンバギー)です。

MOON BUGGY

MOON BUGGY 168 ¥92,000+TAX

MOON BUGGY誕生のキーマンとなったのは、BRANCH MANAGER(2016-2017)の開発にも携わった吉村 成史さん。月面探査車ムーンバギーというネーミング通り、ロングボードとは思えない操作性の高さと、かつてない浮力で、どんな場所でも力強く開拓していきます。
ツリーラン、パウダー、サイドカントリー…日本の山々での遊び方を熟知したレジェンドのアレンジによって、緩斜面が多い日本特有の地形は、まだまだ面白くなりそうです。

午後の荒れ切ったパウダーも、未開拓のツリーランも、MOON BUGGYに身を任せて、気の向くままに探険しましょう!

MOON BUGGY

割れてないのに、スワローテール

MOON BUGGY最大のフォーカスポイント、テール構造”インターナルスワローテール × フィレオフレックス”にあります。これは、テールが2つに割れているスワローテールの機能を、コア材の厚みで再現したというもの。テールが割れていないので、スイッチスタンスにも対応し、マッシュがあればジャンプも出来ます。ディープパウダーターンでの爽快感と、ホールド感。切り返しの良さと、安定感。それぞれの形状の長所を融合させた、BURTONのハイテク構造です。

通常のスワローテールの装飾的なビジュアルに抵抗がある、という硬派な方も挑戦できる画期的なボードデザインではないでしょうか。

MOON BUGGY

より実践的なパウダーボード

ARBOR SNOWBOARDや、GEMTEM STICKに代表されるクラシカルなロングボードスタイルは根強い人気がありますが、MOON BUGGYに古き良きロングボードのノスタルジーは感じられません。進歩的な形状や最新素材を積極的に取り入れ、ロングボードをBURTON流のフリースタイルマインドで再構築した、という印象です。

その強烈な浮力とコントロール性能は、緩やかなツリーランや荒れたパウダー、小さなゲレンデなど、普段なら避けてしまうようなシチュエーションでも大いに発揮されます。昨2018-2019シーズンのSTUN GUNに比べて、よりダイナミックな浮き感で、軽々とした乗り心地です。その為、ロングボードは難しいと思っている方や、初めてのパウダーボードを探している方にも、是非候補に入れて頂きたいモデルです。

MOON BUGGY

選ぶなら、断然168cm!

MOON BUGGYは158と168の2サイズ展開ですが、MOJANEが注目しているのは、やはり168。スノーボードは基本的に、大きくなる程安定感が増し、長くなる程スピードに強くなります。その反面、重たくなったり、機動が鈍くなる傾向がありました。MOON BUGGY168は見た目通りの安定感で、多少の凸凹もなんのその。そして、見た目とは裏腹に機動性が高く、滑り始めた途端にボードの重さを忘れてしまいます。ロングボードになってもBURTON特有の軽快な動きは失われていません。

サイズに関して、情報公開された当初は168ワンサイズという案内でしたが、試乗会の際に158が追加されていたという経緯がありました。MOON BUGGYはロングサイズだからこその魅力があるので、MOJANEのラインナップは168のみとしました。158を検討しているならHOMETOWN HEROをお勧めしたいと思っています。もし、158がディレクショナル・フラットトップ構造だったなら?また違った面白さがあったかもしれません。

MOON BUGGY

MOON BUGGY 4つのポイント

1.ドラゴンフライコア
サイズの大きいMOON BUGGYは、他のボードと比較しても総重量は当然重くなりますが、軽なドラゴンフライコアの効果で、実際に乗ってみるとその重さは感じません。ドラゴンフライコアは、CUSTOM-X等のハイエンドモデルに使用される特別なコア材ですが、MOON BUGGYではCUSTOM-Xの様な張りや硬さはないのでご安心を。
2.ディレクショナルキャンバー
168cmのディレクショナルキャンバーボード、という情報だけなら、難しいボードに感じてしまいますが、有効エッジは短く(HOME TOWN HERO160cmの有効エッジと18mmしか違いがない)BURTONの他モデルに搭載しているディレクショナル・キャンバーとはノーズロッカーの作りが違います。ロッカーがスタートする部分から、ノーズ先端ポイントまでがとても長いのです。浮力も備え、カービングも対応する、ハードフレックスではないので、脚力が無くてもドライブ感を存分に楽しめるでしょう。
3.フィレオフレックス
コアの一部をくり抜くことで扱い易いフレックスを実現するフィレオフレックス(ver:2)は、2016-2017にリリースされたWORKING STIFFと同じスタイルです。この機能がドラゴンフライコアに組み込まれたのは初めてのこと。ドラゴンフライコアの軽さと、フレックスやトーションがハッキリと感じられるフィレオフレックスのマッチングは、元BURTONのユシ・オクサネンもシグネイチャーモデルでフィレオフレックス(ver:1)を採用していました。また、フィレオフレックスの開発に携わるデイブ・ダウニングは北海道でもver:2のテストを行っていました。
4.インターナルスワローテール
足元のフィレオフレックスの凹凸がテール向かって延長されたインターナルスワローテールは、MOON BUGGYの要です。フィレオフレックス同様WORKING STIFFからの引用ですが、コントロール性が高いラウンドポイントテールと組み合わせたことでMOON BUGGYの個性が出ています。本来のスワローテールは、ディープパウダーでのターンの際にテールを沈ませやすく、素早く切り返すことができますが、思い切り蹴り上げてスプレーを撒き散らしたい!という人を満足させることはできませんでした。そこで、スワローテールの切り返しとフリースタイルボードの手応えを掛け合わせた贅沢な機能となっています。

サイズスペックを基にMOON BUGGYの性能をもう少し深く読み解いていきましょう。

ベンドはディレクショナルキャンバー、過去に例がないほど広くライズアップしたノーズロッカー。コア材にはドラゴンフライコアとカーボンハイライトベースファイバーを組み合わせているので、大きさの割には軽い仕上がりとなっています。また、テイパード(10mm)、有効エッジ(1235mm)、サイドカーブ(8.8mm)が絶妙に調和しているように感じます。

より親しみやすいボードになった要因は、やや太めにも感じるウェストの幅(272mm)。もし、これ以上ウエスト幅を細く設定したなら、安定性を補うために硬く仕上げることとなり、誰もが楽しく乗れるボードとは言えなかっただろうと予測します。

MOON BUGGY

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア