niseko moiwa

ローカルから愛される
ニセコ モイワスキーリゾート

ニセコ山系の奥に潜んだ、シークレット・スポット 

一味違ったディープなNISEKO

日本で最も有名な超大型リゾートエリアとなったニセコ。ホテルやコンドミニアムといった施設の建設ラッシュは現在も続き、年々その姿を変貌させています。大型バスでやって来るツアー客から長期滞在者まで、世界中の旅行者たちがパウダースノーを楽しむ一方、国際色豊かな観光ムードを避ける北海道民も少なくありません。そんなニセコエリアで唯一、ローカル感を醸し出しているのがニセコモイワスキーリゾートです。

niseko moiwa

冒険心をくすぐる自然のままのコース

niseko moiwa
ニセコ山系といえば、ヒラフ、東山(現ビレッジ)、アンヌプリの3つの山が良く知られていますが、ニセコモイワはアンヌプリの横にある小さな山です。大きな1枚バーンに3基のリフト。ゲレンデに到着して目に入るのはそれだけです。一見、ダイナミックな「NISEKO」のイメージからは程遠く感じるかも知れませんが、ご安心ください。短いクワッドリフトで一気に山頂まで登ると、バックカントリーさながらのアグレッシブな地形が待っています。
「Nothing but powder snow.」というキャッチコピーの通り、コンパクトでありながらボリュームのあるニセコモイワは、著名なスキーヤーやテレマークスキーヤーはもちろん、テリエ・ハーカンセンやトラビス・ライスといったプロスノーボーダー達も訪れるクオリティの山です。麓の坂道の途中には、モイワに魅せられたスノーボーダーが立ち上げたOFFSHORE SNOW SHAPESの工場もあります。

niseko moiwa

リフトでサイドカントリー|SHIRAKABA SLOPE

モイワの魅力を一言で表すなら、クワッドリフト1本で回せるサイドカントリー。コース内には堂々と木々が生え広がり、クワッドリフトの途中で右手に見える大きなボウル状の場所も、コースとして認定されています。キッチリとコース整備されたゲレンデに慣れている方にとって、驚きの景色ではないでしょうか。サイドカントリーエリアや白樺コースは、木々の間を滑り降りるので、スピードコントロールには注意が必要です。まずは何本か滑り、地形を覚えてください。その中で自分のラインを見つけていきましょう。思い通りのコントロールで滑ることで、スノーボードの楽しさが増していくはずです。 

niseko moiwa

サイドカントリーの注意点

コース整備が出来ないサイドカントリーエリアの安全は、僕たちひとりひとりの意識にかかっています。サイドカントリーゾーンは立木が多く、地形の起伏も激しいので、滑走中の視界が良くありません。滑走者はその中を、障害物(木やブッシュ)を避けながらスリリングに滑り降ります。その為、コースの途中でのんびりと止まってしまうと、後続者が次々と降りてくるので大変危険です。やむを得ず立ち止まる際は、後から来るライダーから見える位置を選び、転んだら速やかに立ち上がり続きを滑りましょう。滑走中はスピードを求めすぎず、常に障害物や転倒者に注意してください。

niseko moiwa

絶景とツリーラン|SKY SLOPE

まだスキルに自信が無いという方は、山頂からスカイコースへ。決して簡単な迂回コースではありませんが、山の尾根沿いを走るので、天気が良ければ羊蹄山やアンヌプリの裏側を望みながら気持ちよく滑ることが出来ます。天気が悪いと風がダイレクトに当たるので、コースアウトしないように注意しながら進みましょう。下へ下っていくと、迂回コース途中からもツリーランが楽しめます。上記の白樺コースではちょっと怖いな、と思った方も、ここなら後続者を気にせずに楽しめます。 

niseko moiwa

正面にそびえるオープンバーン|GIANT RUN

クワッドリフトから少し登ると、山の中央に位置するジャイアントコース(非圧雪)があります。足跡が残らないほど雪が降った朝は、このコースがお勧めです。陽当たりの良い斜面で、隣町の蘭越町まで眺めることができ、センターロッジに向かってスピーディーなオープンバーンが楽しめます。底当たりするコンディションの日は、飛ばし過ぎに注意しましょう。ジャイアントコースを駆け抜け、ペアリフト#1降り場に到着すると、中央からメインバーン、エキスパートバーン、フォレストバーンの3コースが確認できます。 

niseko moiwa

ペアリフト#1からの3つのコース

ゲレンデに向かって左側にある2本のペアリフトうち、ゲレンデ8合目付近まで伸びた#1リフトの降り場は、ジャイアントコースとの合流地点です。ここからエキスパートコース、メインバーン、フォレストコースの3コースへと分かれていきます。どのコースも朝一には綺麗なピステンバーンが楽しめます。

niseko moiwa

季節に応じて変化に富む|EXPERT RUN

niseko moiwa
まずは起伏のある地形が特徴のエキスパートコースから。このコースは季節によってもレイアウトが変わりますが、非圧雪の時は荒れた中斜面の残雪パウダーが楽しめます。「エキスパート」という名前を怖がらずに是非挑戦してください。僕はGATE6、GATE10が混雑している時の遊び場遊にしています。圧雪時はフロントサイドのバンクが出来ます(2019年1月現在)。そこに当て込みながら、ペア#2リフト下を通過します。
niseko moiwa

メインバーン : センター

ワイドで多彩なオープンバーン|MAIN BURN

モイワのメインバーンは道内でもトップクラスの開放感ではないでしょうか。朝一のウォーミングアップに最適で、広く気持ちの良い斜面が気分を高めてくれます。下から見上げると滑らかなバーンですが、実際に滑ると思った以上に起伏がありますので、初めての方はスピードの出し過ぎに注意しましょう。メインバーンの中盤から右側、真ん中、左側と分けることができます。ゲレンデから麓に向かって右側は地元のレーシングチームがポール練習を行なうバーンです。レーシングポールが立てられている際は入らないようにしましょう。反対側のクワッドリフトから左は非圧雪エリアになり、パウダーランの穴場です。大きなスプレーが上がればクワッドリフトからYEAH!!が聞こえてくるはずです。

niseko moiwa

メインバーン : #1リフト側

niseko moiwa

メインバーン : センター

niseko moiwa

メインバーン : クワットリフト側

niseko moiwa

家族で遊べる初心者エリア|FOREST RUN

フォレストコースの序盤は、ミドルクラスのカービングバーンです。やや起伏があるメインバーンとは違い、本格的にカービング練習が出来ます。その後はコースの右脇のツリーランへ進み、ポコポコとしたプチマッシュで遊びましょう。トラックを追いかけていくとオートマチックでコースに戻ることができるので、サイドカントリー初心者や家族で遊ぶには最適な場所です。右に進み続けてしまうと、戻るのにハイクアップが必要になるので、左回りでゲレンデを意識しながら戻りましょう。

niseko moiwa
niseko moiwa
niseko moiwa
フォレストランの途中にはペアリフト#2の降り場があり、初心者でも安心して遊べるファミリーコース/フェアリーテイル(妖精の森)へと繋がります。

niseko moiwa

ニセコルールを心得て、いざGATE6,GATE10へ

ニセコ町では”滑走の自由”を尊重し、ニセコ山系全体にコース外への10のゲートとニセコルールを設けています。ニセコモイワ山頂からエントリーできるのはGATE6と10。 ゲートをくぐる前は、必ずインフォーメンションセンターやパトロールにその日の情報を聞きましょう。ゲートが閉じている時は、どんな理由でも入ってはいけません。また、「ゲートが開いている=安全」ではない、という事をよく理解してください。

新谷暁生

ニセコなだれ情報を発信する新谷暁生さん

この日は、モイワ山麓のロッヂ、ウッドペッカーズのオーナーであり、ニセコルール制定・運営の中心的存在、新谷暁生(しんや あきお)さんをお見掛けしました。
毎年12月から4月頃までのシーズン中、気象・雪質といった観測データや経験に基づくニセコ雪崩情報Niseko Avalanche Informationを毎日配信して下さっています。ゲートに入る前は、必ずチェックしましょう。
niseko moiwa

マップや注意書きをよく確認しよう。

初めて滑るラインは必ず下見のランを

ニセコモイワに限らず、ゲートに入って遊ぶ際は、必ず下見のランを行なってください。滑り慣れた場所だとしても、一晩でコンディションが変わります。実際に、いつも滑っている場所に亀裂が入っていたという経験があります。危険を回避するためにも、仲間やローカル、パトロールとコミュニケーションを取ってください!

1 2
Categories : SNOWBOARD, RECOMMEND
Tags:, , ,

COMMENT

シェア