Blog


岡本佑斗 yuto okamoto

スノーリゾートで働こう!
#2ゲレンデの仕事とニセコ暮らし

NISEKO MOIWAで働く岡本佑斗くんの一冬に密着

スノーボードのスキルアップと意識の変化

moro : 目の前はゲレンデという環境で、念願だったスノーボード漬けの暮らしは実現できていますか?

okamoto : 今は3日のうち2日滑っている、っていう感じでしょうか。無理をすれば毎日滑れるんですけど、ハイシーズンはお客さんの混雑状況なんかも影響して、今日はいっかな、っていう日もあります。

岡本佑斗  yuto okamoto

moro : これまで一緒に滑ってきた仲間もモイワに遊びに来ているようだね。みんな岡本君の変化を感じているみたい。山に籠って滑っていると当然スキルも上がるし、遊び方も変わって来ると思うけど、スノーボードに対しての変化はありますか?

okamoto : 自分では…ちょっとあります(照)。以前は週1回ペースで、毎回板の感覚に違和感があったりしていたんですけど、今は板が体の一部になったようなイメージで滑れている気がします。上手いかどうかは分からないですけど、リカバリー力が上がったなとか。あと、滑ることに関しての体力がついたという実感はあります。

moro : そう思うよ!去年、一緒に夕張に行った日は、疲れて吐きそうになってたでしょ。今は、まだまだ行くぜって感じだもんね(鼻血出してたけど)。

okamoto : 山の見方も変わって、事前調べをしっかりするようになりました。前だったら天気予報を見るだけでしたが、今はニセコ雪崩情報を必ずチェックして、風にも注意しています。ゲートが開くかどうかもありますが、モイワは基本めっちゃ東風なので風と雪の翌日は西面が良いっていうような知識もついてきて、遊び方が変わりました。

岡本佑斗  yuto okamoto

moro : ニセコに長く暮らす先輩たちからも教わることが多いし、出会いや繋がりは貴重だよね。用意してきたボードについてはどうですか?

okamoto : ほとんどBOTTOM FEEDER(BURTON)に乗っています。あれ1本で十分楽しめる場所かなって思います。一昨日、久々にアンヌプリナイターでCUSTOM TWIN(BURTON)に乗ったんですけど、前より乗り易く感じてビックリしました。こんなにキレたっけ?テールでこんなに粘れたのか、みたいな。バターをしても、これほど反発して粘る板だったのか、っていう感じで、前の印象と全然違うボードになっていたんです。

moro : それは同じ板に乗り込んでいるから分かった事かもしれないし、籠って滑った結果のスキルアップだよね。

岡本佑斗  yuto okamoto

モイワのおすすめポイントは?

moro : モイワの山だけでもまだまだ知らない魅力が沢山あるとは思うけど、岡本君的モイワのおすすめコースやポイントを教えてよ。

okamoto : アンヌプリナイターならあるんですけどね(笑)。右端のスラロームみたいなところ。絶対滑って欲しいです。

moro : それ吉村さん(支配人)が聞いたらガッカリだよ(笑)。

okamoto : そうですよね(笑)。モイワの3番沢と呼ぶ人もいるんですけど、6番ゲートをくぐって圧雪車で踏んであるコースをひたすら奥へ突き進み、行き付いたところの奥のアンヌプリ側に落としていく見返りが楽しくて、帰って来るお帰りコースが一番好きです。バンクだらけのツリーランをパンピングしていくのが楽しいんです。午後の荒れた札幌国際の急斜面をしっかり滑れる人なら行けると思います。

岡本佑斗  yuto okamoto

ゲレンデの仕事に興味を持っている人へ

moro : MOJANEはもちろん、岡本君の友人やご家族、そして前回の記事を読んでくれた人たちも、岡本君のその後を見守っています。この密着企画が、誰かの背中を押すかも知れないよね。そこで、ニセコモイワでの仕事に興味を持っている人に向けてメッセージをお願いします。

okamoto : 都会の一般的な社会人生活では、触れられないような出会いや経験が出来ます。毎日、山や気象やギアのことを考えたり、職場で語り合ったり、昼休みや仕事後にも滑ることが出来ます。英語も今までの自分よりは確実に身に付きますし、抵抗や恥ずかしさもなくなります。
長い人生の中に、サラリーマン以外のキャリアがあって良いと思います。やる気があれば、ニセコでの経験をプラスに変換して、また都市部の生活に戻れると思いますし、「やってみたい!」という強い気持ちを持っている人を、周りは応援してくれます。興味があったり迷ったりしている気持ちが少しでもあるなら、まずは来てみて下さい。必ず貴重な時間が過ごせます。

岡本佑斗  yuto okamoto

仕事、スノーボード、これからの目標

moro : 今シーズンも残すところ1月程、残りの期間をどう過ごしたいですか。

okamoto : 繁忙期を抜けて、スローな空気になりつつあるので、何もしない時間を作らないように意識しています。サイドカントリーに出掛けて新しいコース開拓をしたり、新しいトリックを習得する時間にしたいです。仕事面でもスピード感を失わないように、毎日のやるべきことは後回しにせず、リクエストがあったときにはすぐ着手するような働き方を心がけたいと思っています。

moro : それでは最後に、今の目標は?

okamoto : 特大マッシュでダブルバック!!が出来るマッシュを見つけられなかったので、天然マッシュでバックフリップを3箇所で!!に目標を変更します。ゲレンデ以外でもハイクアップして滑る山のレパートリーをあと2つくらい増やしたいです。

岡本佑斗  yuto okamoto
岡本くんの友人、渋谷くん(左)山本くん(中央)

友人から見た岡本君の変化

この日モイワで合流したのは、これまで岡本君と一緒にスノーボードを楽しんできた元同僚の渋谷君と、同級生の山本くん。
札幌で悩みながら仕事を続けてきた岡本君の背中を押した仲間たちです。長い付き合いの彼らから見て、今の岡本君の姿はどう映っているのでしょうか。2人に聞いてみました。
岡本佑斗  yuto okamoto

sibuya : マジで明るくなったと思います(笑)。まず顔つきが変わったし、髭も生えたし、声のトーンが明るくなった。前は「仕事辛い、辞めたい」って話しかしてなかったもんね。

yamamoto : こうなることは予測できていたけど、半年前の岡本に今の岡本を見せたいです。「ゲレンデで働いてみたいけど、そういう生き方はダメなんじゃないか」とか、しょうもない事を言っていたあの頃の岡本に、お前行ったらこうなるぞって(笑)。

岡本佑斗  yuto okamoto
BEFOR → AFTER

余談ですが、朝一のモイワで総支配人の吉村さんにお会いし、岡本君の仕事ぶりを尋ねると「岡本?100点満点で5点(笑)。」とのことでした。岡本君はこの評価をしかと受け止めてください。さて、次回はこの企画も最終回。シーズンを終えての感想や、夏期間の仕事、過ごし方を取材する予定です。岡本君、頑張って!

niseko moiwa

NISEKO MOIWA 採用情報

ニセコモイワの仕事に興味を持っている方は、是非ニセコモイワ総支配人吉村さんインタビューをご覧ください。シーズンスタッフの募集は、例年9月頃から始まります。ニセコエリアの中でも比較的日本人スタッフが多く、落ち着いた雰囲気が特徴です。雇用条件や仕事内容は多種多様、熱意があれば言葉の壁も越えていけると思います。留学気分でニセコ特有の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ニセコモイワスキーリゾートNiseko Moiwa Ski Resort

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア

MOJANE [モジェーン]

営業時間 12:00-20:00 水曜定休
北海道札幌市 中央区南3条西1丁目12番地2F