NOW BINDINGS

NOW BINDINGS|フリースタイルの為のビンディング3モデル

IPO,PILOT,DRIVEの解説とレビュー

ライディングを再考せよ

2000年以降、スノーボードは様々なジャンルへと枝分かれしましたが、その中でも特に大きな発展を見せたのは「フリースタイルスノーボーディング」です。昨今では「飛ぶ」ことが大前提となっているフリースタイルですが、遡るとその本質はターンにあるのではないか、と思い至ります。

NOW BINDINGS(ナウ バインディングス)は”RETHINK YOUR RIDE”というスローガンを掲げるビンディング専門ブランドです。もしも、ターンにまで立ち返って純粋なスノーボーディングに向き合おうとするなら、ぴったりな3モデルがあります。
MOJANEがお勧めするIPO、PILOT、そしてDRIVEです。今回はそれらの特徴と注目すべきポイントをまとめます。

NOWの独自構造を知ろう

モデル紹介の前に、NOW BINDINGSの基本情報としてまず知っておきたいのは、一般的なビンディングとは違ったアプローチで作られた、オリジナリティのある構造です。NOWを率いるレジェンドスノーボーダーJF・ペルシャが開発するテクノロジーが各パーツに組み込まれています。

skate tech

SKATE TECH(スケートテック)

NOWの代名詞ともいえるスケートテックは、その名の通りスケートボードのトラックに着想を得た構造です。ベースプレート(NOWではハンガーと呼ぶ)にセットされた2つのピンを支点に、足がシーソーの様に動きます。テコの原理で増大した加重の力は、トゥエッジ、ヒールエッジへと効果的にボードへ伝わります。

実際のターンでは、少ない力でエッジにプレッシャーがかかり、力強いホールド感を実感できます。この力はブッシュをハードにすることで、よりプレッシャーを、ソフトにすることで、シーソーする可動域が大きくなり、荒れた午後のバーンの凹凸にも煽られずに踏み込んでいけます。
 
この仕組みが多様化するスノーボードの形状を解読する鍵となり、フリーライディングの可能性を大きく広げる事となりました。SKATE TECHのニーズを高め、NOWをメジャーブランドへ押し上げた功労者は、JONES SNOWBOARDSのオーナー、ジェレミー・ジョーンズです。

NOW BINDINGS

②ハンガー(ベース)

スケートテックは、台座となるハンガーとディスクをセットするポストで構成され、ボードとビンディングの間には、3段階のフレックスが選べるゴム素材のブッシュパーツがあります。これもスケートならではの発想です。ハンガーには2つのバージョンあります。ヒールカップが狭く設定されたハンガー1.0と、後にリリースされた幅広のハンガー2.0です。

1.0ではブーツの種類によっては干渉する事がありましたが、2.0はより多くのブーツにフィットするよう改良されました。他ブランドと同じような足入れ感を求めるならハンガー2.0のモデルを選びましょう。ハンガー1.0のモデルを選ぶ際は、ブーツサイズとの相性を確認することをお勧めします。 

ハンガー2.0はこの記事でご紹介しているIPO(2020-21シーズン), PILOT, DRIVEにも採用されています。厚手のブーツや大きめのブーツにもフィットし、窮屈さがありません。また、滑走中、内側に足を入れやすい様にフレームの内側が外側よりも低く設定されています。この左右非対称もハンガー2.0の特徴です。

素材は、ナイロンとショートファイバーグラス(15%)の混合で、ビンディングとしてはかなり柔らか目です。例えば、BURTONのビンディングと比較すると、15%ものショートファイバーグラス混合率のモデルはWOMENSモデルにも見当たりません。

NOW BINDINGS

③STRAPストラップ

NOWのもう一つの顔となっているのがアンクルストラップSIEVA(シーヴァ)です。IPOの他、NOW×YES、VETTA(WOMENS)に採用されています。SIEVAとは、シングル・インジェクト・EVA(鋳型成形)の略で、軽量で水を吸いにくく耐久性に優れている他、ダイオキシンを発生させない環境にも優しい素材であることから、ブーツのインナーやビンディングのベースプレート等スノーボードギアに広く使われています。

NOWは、そのSIEVAの中に強力なナイロンベルトの芯を入れることで、あらゆるブーツのアンクル部分にフィットしつつ、柔軟性や耐久性を兼ね備えたアンクルストラップを完成させました。フィット感が抜群で、タイトに締めても足首に負担がかかりません。柔らかいブーツが好きなスノーボーダーには特に試してもらいたいストラップです。SIEVAストラップはNOWのほぼ全てのストラップの基本となり、モデルに合わせたアップデートが施されています。

NOW BINDINGS

④HI-BACKハイバック

独自のベースプレート「ハンガー」を用いた事で、ヒールカップやハイバックの高さ、形、フレックスにも制限が無くなりました。NOW愛用者の多くは、踵とハイバックの安定感を特に評価しています。中でも、後方に曲がるフレックス・ヒンジ・ハイバックはヒールサイドターンの時にふくらはぎにかかる負荷を軽減し、ターンの質を向上させます。

2019-2020シーズンをNOW IPOで過ごした藤谷 瞭至くんは、フレックス・ヒンジ・ハイバックのねじれと跳ね返りを利用してジャンプをしていました。なるほど、こんな使い方もあるのかと驚きました。ハイパフォーマンスをするライダー達から生まれた機能を、身体で感じて上手にパフォーマンスに生かしていく様子に、面白さを感じます。

NOW IPO

IPO|アップデートを重ねるエントリーモデル

NOWのスケートテックを体感するなら、まずはIPOをチェックしてください。本来はエントリーモデルですが、そのクオリティは年々向上しています。2019-20シーズンは、新たに採用されたハンガー2.0がにより、可動域の特徴をより引き出すことにも成功しました。

一皮剥けたIPOは柔らかく、操作がしやすいので、リゾートをクルージングしたり、ボードを足下で捌きながらジビングを流すパークライダーやツリーライダーにとっても絶妙なフレックスです。

2019-20シーズンのIPOは、サーフブランドCAPTAIN FINとのコラボレーションモデルとして発表されましたが、2020-21は再びIPOを全面に押し出す形でのリリースとなります。また、ベースハンガーがPILOTクラスと同じ硬度になるとのことで、IPOの柔かさが失われないかが明暗を分けるポイントとなりそうです。

IPOが今の姿までアップグレードされる以前のNOWは、ミドルクラス以上のモデルでやっと良さが感じられるブランドでしたが、今となってはエントリーモデルまでもが立派なモデルとして成長しました。

サーフィーなブランドとコラボされたモデルだけあり、YES NOW BOARDのTHE420や、SPRING BREAKのSLASH SLASHERの様にタイトなツリーランを攻め込むショートファットボードにも最適です。

類似モデル:UNION CONTACT PRO, 2018-19のULTRALTD
推奨スノーボード:ソフトフレックスなキャンバー、あるいはショートファットパウダーボード

NOW PILOT

PILOT|高速域を得意とするパワフルなモデル

NOWの中でミドルクラスに分類される PILOTは、スピーディーなフリーライディングからビッグジャンプまで幅広く対応します。ハイエンドモデルと同一素材の硬いハンガーは、高速域を意識したモデルの証拠です。

ハイバックやアンクルストラップにも、スピードとパワーに耐えられる機能が備わっています。フレックスヒンジハイバック2.0は、パワーを受け取るエリアが広い為、常にボードにプレッシャーをかけ続けることができます。ハイバック上部のヒンジでようやくパワーを逃すので、踵全体でパワーを伝えられるデザインです。ヒールカップが高いNOWの固定力を最大限に生かしたモデルと言えるでしょう。

その反面、パワーを要するモデルでもあるので、体力を消耗する長時間ライディングは計画的に。ハイキャンバーベースでハードフレックスなボードとの相性は抜群。ディレクショナルボードでノーズロッカーがある様なボードのポテンシャルを存分に引き出します。
HOME TOWN HEROやFLIGHT ATTENDANT、LIBのTITY FISH等。大規模リゾートが沢山ある北海道によく似合うバインディングです。

類似モデル:GENESIS X, UNION ULTRA(19-20), ATLAS(20-21)
推奨スノーボード:ディレクショナル・キャンバーなスノーボード

NOW DRIVE

DRIVE|疲れ知らずのドリームバインディング

NOWをメジャーブランドへ押し上げた功労者の一人、ジェレミー・ジョーンズのシグネイチャーモデルです。オーバースペックのスノーボードを簡単に扱えてしまうだけのパワーがありながら、疲れにく設計されています。(と感じています。)ハードコアな名前がついたモデルですが、実は乗り手を選ばず、誰もがパワーを得られます。特に、体重があり楽に荷重したい人にとって、夢のバインです。

フレックスレートは硬く、いかにもハイエンドな立ち位置ですが、カフハイバックの根元が肉抜きされていて、驚くほど柔軟です。フォワードリーンは、ハードバーンやパウダー、ツリーランといったシチュエーション毎に選択可能。MOJANE激プッシュバインです。

一つリクエストするなら、フレックス・ヒンジデザインを取り入れて欲しいと思いました。レスポンス的にNGなのかもしれませんが、後方にフレックスするこのデザインなら、フレックス・ヒンジデザインによって、スケールの大きな山でもより一層疲れにくい仕上がりが目指せるのではないでしょうか。また、フォワードリーンを要するタイトなツリーランでも圧迫感なく攻め切れる予感がします。

DRIVEは、サイドカーブが小さくウェストが太いボードにフィットするバインだと思いま。手に入れたスノーボードがちょっとパワフルだと感じたら、手放す前にこのビンディングを検討してみてください。それぞれの特性が掛け合う事で、じゃじゃ馬ボードが扱いやすくなる可能性が期待できます。 

類似モデル:X-BASE
推奨スノーボード:サイドカーブの無い曲がらないボード
1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , ,

COMMENT

シェア