SNOWBOARD

プレチューンナップでボードの性能を最大限に引き出そう!

人と差が付く新品ボードのファースト・メンテナンス

プレチューンナップとは?

ニューボードに行う最初のメンテナンスのことをプレチューンナップ(プレチューン)と呼びます。MOJANEが最も大切にしているメンテナンスの一つです。プレチューンの目的は、使用する地域やスノーボーダーに合わせて微調整を行い、真新しいボードの性能を最大限に引き出すこと。量販店やインターネット通販など、スノーボードの購入方法は様々ですが、同じブランドの同じモデルのボードでも、最初のメンテナンス次第で滑走性が大きく変わります。MOJANEでお買い上げ頂いたニューボードは、必ずプレ・チューンナップを行ってからお渡ししています。

pre tuneup

プレチューンナップで
新品ボードを最適化しよう!

店頭に並ぶスノーボードの数々は、ブランドやモデルによって製造国や工場が異なり、仕上がりにも大きな差があります。例えば、工場出荷時にワクシングを施していたり、エッジの角度セッティングを行なっているボードもあります。ですが、工場での流れ作業の仕上がりは決して良いとは言えません。余程、仕上がりにこだわっているブランドでなければ、やはりプレチューンの一手間をお勧めします。

pre tuneup

誰よりも”走る”ニューボードを目指す
MOJANEのプレチューンナップ

海に囲まれた日本では、大陸にある世界の山々と比較して、降る雪の成分・性質に特徴があります。その為、チューンナップでは季節や地域に応じたワックスを選ぶことが重要なポイントです。新品のソールに塗布されているワックスは、ベース作りや滑走の為のものではなく、ソールの酸化防止や保護の為だと考えています。日本の雪に対応したワックスをしっかり浸透させるためにも、ニューボードのソールクリーニングは特に大切な作業です。ご自分でプレチューンを行う際も、決してシュリンク(ビニール包装)を開けて、そのままワクシングを行わないようご注意を。

pre tuneup

プレチューンナップの工程

MOJAEで行うプレチューンの手順や道具を簡単にご紹介します。1本1本、ボードの状態やご要望に応じた工程を施工します。ワックスのお持ち込みやキッズボードも大歓迎です。

pre tuneup
ダリングに使用するファイル。粗目から細目までを使い分けています。
pre tuneup
プレチューンのサンディングはペーパーを使用して手作業で行います。
Grinder
グラインド・ライト社のエッジャーでエッジに最適な角度を付けます。
dominator wax
主にドミネーターワックスを使用してワクシングを施します。
①まずは目視でソールやエッジを中心に、全体の状態をチェック。修正箇所を確認します。
②ライダーの好みや用途によってノーズとテールの不要なエッジを削り落します(ダリング)。
③スクレーピングとブラッシングでソールクリーニング。必要があればソールサンディングを行います。
④エッジのビベル(サイドのエッジの角度付け)、ベベル(ソール側のエッジの角度付け)。
⑤ホットワクシング(雪質や好みに応じたベースワックスと滑走ワックス)。

SNOWBOARD

MOJANE取扱中のニューボードの状態について

BURTON SNOWBOARDS
全てのモデルにマイクロフィニッシュという工程が施され、各モデルに適正なエッジの調整とダリングがされている様ですが、その詳細は公表されていません。BURTON独自のTHE CHANNEL搭載ボードでは、個体差のある凹凸がみられます。その理由としてBURTONは「ライディングのフィーリングを重視しています。ライディング性能を向上させる為、他社よりも細かなピース(ウッドコア)で作っています。」と回答しています。ホットワクシングの際にアイロンがスムーズに伸びない程の凹凸ですが、不良品ではありません。


CAPITA SUPER CORP
100%ハイドローション(自然エネルギーの循環)で稼働する工場”MOTHER SHIP”を手に入れたキャピタですが、元はELANという歴史ある工場です。この工場ではオーストリアから何世代も続くエッジ職人が在籍しているそうで、ボード作りのノウハウがあります。過去のボードではエッジ側のソールが凹んでいるものも見受けられましたが、2017-2018シーズンからは仕上がりが良くなったように感じます。ですが、出荷時のエッジには雑なベベリング(ソール側のエッジの角度付け)がされているので、こちらは調整が必要です。それ以外のクオリティーコントロールは海外製の中では群を抜いて良いと感じています。


YES NOW BOARD / ARBOR SNOWBOARD(同一工場)
比較的クオリティーの高い工場で制作されている両ブランドですが、フィニッシングのクオリティーは良いとは言えません。ノーズ、テールには”焼けた”エッジ(高熱で金属密度が高くなりエッジが硬化した状態)が使われている事もあり、ダリングの際は注意が必要です。例えば、エッジファイルよりもさらに硬化なファイル、またはエッジャーで削ってから作業をしなければならない場合があります。YES THE 420PHのHULL部分には、さらに手作業によるサンディングを施す必要があります。ARBORの”UP RISE・ FENDER”という機能にもサンディングが必要だと思います。


LIB TECHNOLGIES
ブランドイメージではルーズ感やジョークの要素が強いですが、自社工場MARVIN FACTORYで作られるスノーボードのフィニッシングクオリティーはMOTHER SHIPと同様にトップクラスだと思います。通常、クリーニングとワクシングのみでOKですが、マグナトラクションと呼ばれるエッジが波を打っているデザインでは、モデルによって性質が異なるため、好みに合わせた調整が必要です。ハイエンドモデルに使用されている”TNT”ソールはワクシング等により多少色抜けしますが、それも味わいの一つ。製品にはなんら問題ありません。


FIELD EARTH
MARVIN同様、フィニッシングクオリティーは完璧です。が、工場出荷時のワクシングがかなり酸化しているためしっかりソールクリーニグを行う必要があります。


OFF SHORE SNOW SHAPES
ニセコモイワに工場を構えるハンドメイドスノーボードブランド。2017-2018シーズンからブランドスタートの為、ニューボードが届き次第プレチューンを行い、レビューをまとめたいと思います。


FJELL SNOWBOARDS
サスティナビリティーを全面に押し出し、ほぼ手作業で仕上げるノルウェーのスノーボードブランド、フィエル。ビニールや紙袋といったパッケージも一切なし。その為、新品でもソールに若干の傷がありますが、プレチューンナップでサンディングとワクシングを行いますので全く問題ありません。


購入したボードをそのまま雪山に持って行ってはいけないという訳ではありませんが、せっかくのニューボードをより楽しむ為には、やはり最初のチューンナップが肝心です。MOJANEでは他店でご購入したボードでもプレチューンナップ(¥12.960)を施工致します。どうぞお気軽にお持ち込みください。

Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア