Burton process 2019

PROCESS|M.マクモリスが選んだフリースタイルモデル

BURTON 2018-2019 PROCESSの解説とレビュー

最強コスパを実現したダーク・ホース

ソチと平昌、2大会連続のオリンピック・スロープスタイル銅メダリストMark Mcmorris(マーク・マクモリス)が使用した事でも注目を集めているPROCESS(プロセス)。特筆すべきは、6万円(+TAX)とは思えない圧倒的な完成度。BURTON試乗会では、意外にもMOJANEのテストライダーを最も興奮させたボードでした。

遊べる要素をこれだけ盛り込んで、6万円台という良心的な価格帯。学生さんや新社会人の皆さんにとってはこの上ないハイスペックモデルに、自分流の楽しみ方を知る大人のスノーボーダーには、ポップで遊べるセカンドボードに。次世代BURTONを象徴するネクストスタンダードとなるのでは⁉MOJANE激プッシュモデルに認定します。

Burton process 2019
BURTON PROCESS ¥60.000+TAX

SUPER KIDSマクモリスに見る新時代の幕開け

2017-2018シーズン、選手として大成功を収めたマーク・マクモリスですが、平昌オリンピック目前に2度の大怪我を経験し、選手生命が危ぶまれていました。オリンピックでの見事な復活劇に続き、その直後のUS OPENでもBURTON PROCESSで優勝しています。PROCESSを解説するには、彼のキャリアについて紹介する必要があります。

1993年カナダに生まれたマーク・マクモリスは、2007年(14歳)にスノーボードと出会い、僅か3年あまりで世界最高峰のエアコンテスト”BILLABONG Presents AIR & STYLE 2011″を制覇しています。セージ・コッツェンバーグやピート・ピロイネン、セッペスミッツ、平昌オリンピックBIG AIR金メダリストのセバスチャン・トータント等、名だたるトップライダーが出場したこの大会で勝利を収めたマーク・マクモリス。当然、彼が乗っていたミドルクラスのBURTON PROCESSにも注目が集まることとなりました。「カチカチのコンディションで行うコンテストといえば、ハイスペックモデルのCUSTOM-X」というイメージ覆すマクモリスの選択でした。

PROCESSの開発には、バックカントリーでのパフォーマンスで世界を魅了していたJussi Oksanen(ユシ・オクサネン)が参加していました。彼が監修したPROCESSは、ツイン・ライクという新しいシェイプやOFF AXIS(オフ・アクシス)、SPOOK TECH(スプーク・テック)等、当時の最新テクノロジーが次々に採用され、時代をトリプル・コークへと導いていきます。そして、Jussiがプロスノーボーダーとしてのキャリアを引退するにあたり、既に輝かしい戦績を残していたマクモリスがこのモデルを継承し、”マクモリスのPROCESS”時代がスタートしました。

2018-2019の新たなPROCESS

Burton process 2019
Burton process 2019
年々複雑化する高難度のトリックは、選手やコーチ陣の努力の賜物ですが、コンペティションの為に開発されるボードの進化も一役買っています。名作と呼ばれる多くのモデルと同様に、PROCESSも幾度となくモデルチェンジを繰り返してきました。

現在のPROCESSは、ツインチップ形状のピュアポップキャンバーで、BURTONでは比較的新しいベンドです。昨年2017-2018モデルでは、キャンバー、ピュア・ポップキャンバー、Flying-Vの全3タイプでしたが、2018-2019シーズンは、パークライドに特化したピュアポップキャンバーと、エントリー層に向けたFlying-V、2タイプのみのリリースとなります。昨シーズンからの変化はもう1つ、ダッグスタンス向けのコア材”OFF AXIS(オフアクシス)”の搭載が終了します。

Burton process 2019
ピュア・ポップキャンバーのベースはキャンバーですが、両足外側に僅かにフラットなスペースがあります。この余白が踏みやすさ(オーリーのかけやすさ)と”遊び”を生みます。また、ノーズ、テールへと伸びるエッジは、通常のモデルよりもキックが反り上がり、速いスピンのきっけを作るそうです。また、グラフィックスはジョージ・オーウェルの小説”1984年”と、同作品原作の映画やアートがデザインソースに。モノクロ×赤の組み合わせが、伝説の写真誌LIFEを彷彿させます。

ピュアポップキャンバー戦争

常に最先端で独自の開発を行うBURTONですが、フリースタイルボードのピュア・ポップ・キャンバーに関しては、CAPITAやDC SHOEが先駆けていました。2011年頃、この形状で名を馳せたのはDC SHOEからリリースされたトースタイン・ホーグモのシグネイチャーモデルです。当時のX-GAMEでは、彼とマクモリスの激戦が繰り返されました。フリースタイルシーンに多大な影響を与えるホーグモの存在と、彼のシグネイチャーボードの存在は、マクモリスに大きな壁として立ちはだかったことは言うまでもありません。

CUSTOM PURE POP CAMBER
CUSTOM PURE POP CAMBER
そして、BURTONは他のブランドから一歩遅れる形で”CUSTOM PURE POP CAMBER”をレイトモデルでリリースしました。ですが、その完成度は現在の様に明確なコンセプトが感じられず、見た目の仕上がりも決して良いとは言えませんでした(僕個人の感想です)。
その後、ピュア・ポップキャンバーはいくつかのボードを経て改良され、2018−2019シーズンPROCESSとしての仕上がりは、既にマクモリスの成績が物語っています。
Burton process 2019
TEST RIDER Masaichi Hirayama

名作、X8シリーズのテクノロジー

2018-2019のPROCESSは、かつてMOJANEで大ヒットした傑作モデル、X8シリーズ(X8~X8FV)に搭載された”スクープ・テック”を継承しています。

スクープ・テックとは、ノーズとテールをスプーン状に窪ませた形状のことで、X8は当時(2004年頃)「何でもこなすオールラウンドボード」として登場しました。壁遊びではエントリーからスムーズに駆け上がり、パウダーでは浮力を発揮。ノーズやテールでのバタートリック、ボードを絶えずスリップさせるトリッキーなスタイルもお手の物。このスクープ・テックがPROCESSの”楽しさ”を強調するポイントとなっています。

余談ですが、スクープ・テックの開発には、現在スノーボードブランドUMLAUTを手掛けている植村能成プロが携わっていました。そのことからUMLAUTを代表する3Dソールの元ネタとなったのでは?という推測もできます。

フレックス・トーション

Burton process 2019
Burton process 2019
Burton process 2019

プロセスはセンターの張りが強く、ノーズからテールにかけてはソフトフレックスな印象です。ピュア・ポップ・キャンバーは、足元からノーズ、テールにかけての遊びが効いていルノが特徴です。真ん中で安定感を出しながら、フレックスでしっかりと遊ばせてくれるボードになっているようです。

2018-2019 PROCESSのサイズとスペック詳細

PROCESSピュア・ポップ・キャンバー:152.155.157.159.162
PROCESS FLYING V:152.155.157.157W.159.159W.162.162W

SHAPE(シェイプ)|ツイン:レギュラーでもスイッチでも全く同じライドフィール。フリースタイル向きの動作性と安定性は、ジブやスピン、ストンプ、バターなどのフリースタイル動作に適しています。

FLEX(フレックス)|ツイン:フレックスとはボードの柔軟性のこと。レギュラーでもスイッチでも全く同じライドフィールになるよう、ノーズとテールが同じフレックスに設定されています。

BEND(ベンド)|ピュア・ポップ・キャンバー:キャンバー特有の反発力はそのままに、足の両側外のわずかなフラットがポップ感を高め、遊びやすさをプラス。通常よりも早めに反り上がったキックはエッジの引っかかりを軽減し、スピンのきっかけを作ります。

BEND(ベンド)|フライング・V:ボード全体のロッカーが浮力とルーズさを、両足下のキャンバー形状がエッジコントロールとパワー、ポップを生みます。

コア材|FCS認証 スーパーフライⅡ 700g:反発力と強度のアップ、ウェイト削減のため、コアの特定エリアに強くて軽いウッドを使用。

デュアル・ゾーン EGD(エッジ):トゥ&ヒールエッジ沿いの木目をウッドコアに対して垂直に走らせ、正確なエッジホールドと耐久性を実現。

SQUEEZEBOX(スクイズ・ボックス):部分によってコア材の厚みを変えることで、足裏のエネルギーが外側へと伝え、ポップ感や全体のパフォーマンス(安定性/動作性)を高めます。

FIBER GLASS(ファイバー・グラス)|トライアックス:ビッグマウンテンでのパウダーランからメローに流すパークランまで、多様性に富んだフレックスとレスポンス。

BASE(ベース)滑走面|シンタード:高い浸透性を持つ高密度シンタードベースに特殊なワックスを染み込ませる事で耐久力を高めています。日頃のメンテナンスでもワックスが入りやすく、どんなコンディションでも基本的に”走る”ソールです。

EDGE(エッジ)|フロストバイトエッジ:バインディングの裏側のエッジを膨らませることで、グリップが必要なコンディンション(アイスバーンなど)でエッジホールドを高めます。

スクープ| ノーズとテールをスプーン状にするスクープ。上向きのエッジが自由度の高いライディングに繋がります。ボックスへのインからパウダーまでに役立つ機能です。

プロティップ| 細めのノーズとテールの厚みがスイングウェイトを軽減し、操作性を高めます。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア