Burton process 2019

PROCESS|M.マクモリスが選んだフリースタイルモデル

BURTON 2018-2019 PROCESSの解説とレビュー

BURTON PROCESSレビューまとめ

2018年2月20-21日札幌国際スキー場にて行ったPROSESSの試乗結果をまとめます。当日の天候は‐7℃-11℃曇雪、ゲレパウでした。
テストライダーは平山雅一くんと竹田礼くん。フリースタイルモデルであるPROSESSの性能を吟味するには、彼らほどの適任はいません。さて、スノーボードキャリアが長く、数多くのボードに乗ってきた2人の評価は…。

Burton process 2019
TEST RIDER : Rai Takeda

コスパ最強、来季カスタムXの弟分的存在。

PROCESS 155 テストコース|札幌国際スキー場 ファミリーコース
使用バインディング|カーテル リフレックス(21°,-0)

ハードバーンやタイトな雪面でのエッジの食い付き等、CUSTOM-Xには劣るものの、価格以上のクオリティを体験しました。オーリーでの軽さやレスポンスの良さ、ターン時に生じる遠心力にもヘタらない張り感、キッカーを飛び出す時の軽い抜け感…。あらゆる場面で軽快に動いてくれるボードで、トータルして高評価でした。価格以上の能力を発揮してくれる今季のコスパ最強ボードです。CUSTOM Xにはまだちょっと早いかな、と抵抗を感じているミドルユーザーに是非お勧めしたいです。

フレックス★★☆☆☆(柔→硬)
テクニカル★★★☆☆(易→難)
トーション★★☆☆☆(柔→硬)
カービング★★★☆☆
グラトリ ★★★★★
バンク  ★★☆☆☆
ジャンプ ★★★★★
スイッチ ★★★★★
パウダー ★★★☆☆

パーソナルデータ
竹田 礼 Rai Takeda 1986年生/181cm / 58kg / Snow歴10歳から / レギュラースタンス
「気持ちの良いカービングターンに比重を置いたライディングが好きです。」
好きなライダー / テリエ・ハーコンセン, 植村能成, 中井孝治, 藤本広海
シーズン中のスノーボードは月9回、滑走時間は4時間程度。

Burton process 2019
TEST RIDER : Masaichi Hirayama

6万円台の完成度を凌駕!

PROCESS 155 テストコース|札幌国際スキー場 ファミリーコース
使用バインディング|カーテル EST(12°, -12°, 56cm)

2018−2019BURTONラインナップで最も進化を感じたモデルです!反発力がしっかりあり、回転性も◎。フレックストーションについては、BIG JUMPでのアプローチやランディングに対応できるだけの硬さもあり、”柔らかい動き”や”繊細なコントロール”を要するジブ等の人工物を攻めるフリースタイルボードとして、とてもバランスが取れていると思います。トゥルーツインなのでスイッチでの操作性も抜群です。また、動きが出しやすくポップ感もあり、他のCUSTOM系キャンバーボードと比較して、パウダーでの感覚や操作性も良かったです。

ただ、板離れの良いボードなので、不整地や午後の荒れてきたピステンバーンでは、面の状態を拾ってしまい難しく感じる状況予測できます。
マクモリスがこのボードで勝負しているのも納得ですし、一方で僕らのような一般ユーザーでも楽しく乗れて満足できるクオリティを、低価格で出してくるあたり。バートンの力を改めて実感した1本でした。他モデル・他ブランドと照らし合わせると、本来7万円後半の価格が付く性能ではないでしょうか。

フレックストーションは、昨シーズンよりも張りが出ていて、より高いレベルの人にも対応。フリーシンカー程固くなく、グラトリもジブもジャンプも出来るような丁度良い設定だと感じました。また、トリックボードのイメージが強いモデルですが、パウダーでもポップ感があり面白かったです!良く動くので、ツリーランなどの混んだ場所でも楽しめました。今期のCUSTOM Xの素材をダウングレードしたモデルというイメージです。BURTONの中ではCUSTOM X,FREE THINKER,PROSESS→動かすキャンバーボード/ CUSTOM,CUSTOM TWIN→安定感を求めるキャンバーボード、というカテゴライズになるかと思います。類似モデルとしては、BURTON FREE THINKER,CUSTOM,CUSTOM TWIN,CAPITA DOA,NOV カイラ。
目的に応じたバインディング選びになると思いますが、カーボン系は避けたほうが良いでしょう。

フレックス★★★☆☆(柔→硬)
テクニカル★★☆☆☆(易→難)
トーション★★★★☆(柔→硬)
カービング★★★☆☆
グラトリ ★★★★☆
バンク  ★★☆☆☆
ジャンプ ★★★★★
スイッチ ★★★★★
パウダー ★★★☆☆

Burton process 2019
平山 雅一 Masaichi Hirayama
パーソナルデータ
1982年生 / 174㎝ / 65㎏ / スノーボード歴20年 / レギュラースタンス
「パウダー、ジャンプ、カービング、グラトリ、ボーダーレスに全てをリンクさせた滑りが好きです。」
好きなライダー / ニコラスミューラー, マークランドビック, エーロエッタラ
シーズン中のスノーボードは週2~3回ペース。

試乗を終えた竹田君と平山君。「このクオリティが本当に6万円!?」と驚きを隠せない様子でした。”BURTONスペックの詰め放題”というようなお得感満載のボードです。僕を含む昭和生まれのスノーボーダーは、シグネイチャー等の冠付きモデルを敬遠しがち(それが若い選手が使用するモデルであれば、尚更!!)ですが、斜め目線を止めて、楽しさを最優先してみようかなと思わせる2018-2019シーズンのPROCESS(プロセス)でした。
最後に、マクモリス君のUS OPENでのウィニングランをどうぞ。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア