rivolt

ゴーグルブランドrevoltが実現した
本当のジャパンフィット

日本の気候と日本人の骨格に対応した日本製ゴーグル

トップライダーの要望を形にした
revoltのスノーゴーグル

revolt(リボルト)は、オリンピックアスリート中井孝治プロを先頭に、北海道を代表するスノーボーダーとスキーヤーが中心となって2005年に誕生したスノーゴーグルブランドです。極寒のハイシーズン、常人では決して行けない過酷な山奥で撮影を行うプロフェッショナルの世界。一瞬の判断力を試され続ける彼らにとって”目”は命綱そのもの。revoltのゴーグルは、そんな彼らのフィードバックを反映した本物のプロダクトです。

REVOLT

revoltの基本スペックとチェックポイント

revolt

クラリテックスコート

レンズ表面に施された撥水加工。気温が低くとも、日に当たれば水滴になってしまう雪。法放っておくとレンズ表面で再凍結する可能性も。クラリテックスコートは水滴を弾く力に優れているので、水滴が凍る間も無くコロコロと転がり、視界をクリアに保ちます。

revolt プレミアム・アンチ・フォグ

プレミアム・アンチ・フォグ

展示会会場では、加湿器に直接レンズを当てたデモンストレーションを行っていました。水蒸気によって曇ることなく、レンズがスチームを弾き返すような印象でした。2017-18シーズンから加わった新たな技術です。レンズ曇りでお悩みの方は必見ですね!

revolt スナップ・バックル

スナップ・バックル

磁石でバンドを止める仕組みです。ワンタッチでカチッとハマり、スライドするだけで外れますが、振動や衝撃では外れないよう工夫されています。グローブをつけたままゴーグルを着脱できるという、これまでにない便利な機能です。

revolt パフ・フォーム・クッション

パフ・フォーム・クッション

ゴーグルを顔に装着すると、明らかに他ブランドとの差を感じるつけ心地感。ノーズのフィット感も抜群です。これは、revoltオリジナル設計で、高いクッション性に加え、顔からの汗を吸収するフォームが使用されています。レンズ内の温度上昇を抑える役目もあり、レンズの曇りにくさにも繋がります。

revolt クラリテックス・メッシュ

クラリテックス・メッシュ

ベンチレーションはゴーグルの命とも言える程重要なポイントです。revoltのベンチレーションはほぼ360°クラリテックス・メッシュで覆われています。この素材は、撥水性・防汚性に優れ、寒にも強く強度はバッチリ。レンズ内に溜まった熱の放出を助け、常に快適な視界を保ちます。

revolt

レンズ一つで全天候をカバーする、レンズラインナップ。

revoltのレンズの最大の特徴は明るさです。レンズ越しに外の景色を見ると、肉眼以上に明るく見えます。午後3時のゲレンデ。曇天や降雪により、肉眼でコース面の状態が見えにくい状況で使用すると、その明るさが良くわかります。雲一つない晴天という天候では白飛びする場合もありますが、大抵の人が好むレンズではないでしょうか?

実際に使用して感じたrevoltの特徴

デザイン性の高さ。コストパフォーマンス。プロ仕様の品質。revoltを選ぶポイントは多々ありますが、付けた瞬間に違いを感じたのがノーズデザインです。鼻頭のパフフォームクッションは、クッションを盛っただけ…という海外ブランドにありがちな”ジャパンフィット”ではなく、綿密に設計されています。「海外ブランドのゴーグルはカッコいいけれど、どうもフィットしない」とお悩みの方はぜひ一度ご試着を。日本人特有の骨格をカバーしながら、日本人に似合う、カッコ良く見える形です。また、装着時間が長くても疲れにくいという事も実感しました。フレームとレンズも柔らかいので、視界を広く保ったまま様々な顔のサイズにフィットします。

revolt OPTICAL ARMOR
3D SPHERICAL FIT
¥21000+tax
revolt OPTICAL ARMOR
3D SPHERICAL FIT
¥21000+tax
revolt OPTICAL ARMOR
SUPER LIGHT FRAME
¥21000+tax
revolt OPTICAL ARMOR
3D SPHERICAL FIT
¥21000+tax

REVOLT

2005年にスタートしてから13年。一歩一歩、着実にライダーの理想を形にしてきたrevolt。今回は、ファウンダーであるプロスノーボーダー中井孝治さんにブランドについてお答えいただきました。

INTERVIEW
TAKAHARU NAKAI

moro : revoltというゴーグルブランドが生まれた作ったきっかけを教えてください。

nakai : 以前お世話になっていたゴーグルブランドを自分が辞めたこと。そしていつも一緒に滑っていた仲間もゴーグルブランドが無かったので「仲間と一緒に自分たちが使いたいと思うゴーグルを作りたい!」と思ったことがきっかけです。若い頃から面倒を見てもらっているカーメイトの打江さんに後押しをして頂きスタートを切りました。すべてのタイミングが重なったんだと思います。みんなのおかげですね!

moro : 第一線で活躍する中井くんが中心となって立ち上げたという事で、当然、想い入れも強いはずです。どんな人に使ってもらいたいですか?

nakai : スノーボードが大好きな人にはもちろん使って欲しいです。また、他と違うものに惹かれる人や、機能や性能を重視する人、イメージにこだわる人にも是非オススメしたいです。revoltは、フィット感、マグネットバックル、ゴーグルクロスケース等、ライダーが必要だと思ったものを少しずつ形にしてきました。ライダーたちが中心となって機能やデザイン、チームを作っているので、他のブランドとはまた違ったブランドの”色”があると思っています。

moro : 中井君をはじめ、チームライダーがこだわっている点はありますか?

nakai : やはり、1番大切にしているのは、ライダーが中心となってほとんどのことを決めることですね。revoltのライダーたちは、ただ売れる物を作る事だけでなく、自分が本当に調子良いと思うもの、かっこいいと感じるものを求めています。そういったフィードバックを反映させるためにも、ライダーズブランドでなくてはいけない、と思っています。Made in Japan,made by riders.です。


中井孝治
中井孝治
1984年生、北海道倶知安町出身。2002年ソルトレイク五輪5位入賞。2006年トリノオリンピックのスノーボードハーフパイプ日本代表。ソチオリンピックでは解説者も務める。コンペティションでの活動の他、DVD撮影(RED EYES’FILM)といったプロ活動でその多才さと圧倒的な存在感を発揮。さらに自らが中心となって北海道の仲間たちと立ち上げたFILMプロジェクト等、精力的に活動中。
revolt公式サイト|http://www.revolt-optical.com/
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア