Blog


Ryoji Fujiya

プロスノーボーダー藤谷 瞭至 14歳の素顔

THE CAST FILE NO.04 藤谷 瞭至

2017-2018シーズン、MOJANEキッズチームから待望のプロスノーボーダーが誕生しました。藤谷 瞭至(Ryoji Fujiya)くん、14歳。年々注目度が高まるスノーボード競技の中でも、特に難しいと言われる”フリースタイル”でプロ昇格を遂げました。

彼とMOJANEの出会いは7年程前。当時から、キッズスノーボーダーの中でも一際注目を集める存在でした。猫のように身軽で、駒のように回る。その類まれな身体能力や、大舞台でも物怖じしない強さはどのように育まれたのか…。

今回は、夏休み中の瞭至くんを訪ねて北海道沙流郡平取町へ。プロとして初めてのシーズンを控える彼に、今の素直な気持ちを話してもらいました。また、瞭至くんの父、藤谷 直樹さん、8歳からコーチを務めている赤前 吉明君にも、お話を伺いました。

Ryoji Fujiya

INTERVIEW
RYOJI FUJIYA

moro : まずはプロ昇格おめでとう!瞭至としては何度も掴みかけてきて、やっと手に入れた!という感じかも知れないね。プロになって心境の変化はあった?

ryoji : 違う世界が開けて、バーッと広がっていくイメージがあって。今まで以上にもっと頑張っていかないとな、って思ってます。次のシーズンはサッポロテイネを中心に行く予定で、夕張マウントレースイにはデカいキッカーが出来るみたいだし、とにかく楽しみです。

やっと辿り着いた夢のスタート地点

moro : プロスノーボーダーとして1年目、周りの目も変わってくると思うけど、どうやって自分をアピールしていこうか。意気込みを聞かせてくれる?

ryoji : とりあえず大会とかで、プロの人たちの中でも突っ込んで行って、カッコイイ技を見せたい。まだ出来てないけど、トリプルコークやりたいですね。あとは自分でお金をもらったりしたときは、親に返していきたい。まだ先の話かもしれないけど、親に恩返しをしたいです。

Ryoji Fujiya

5歳、スノーボードとの出会い

moro : 北海道だとスキーっていう選択肢もあったと思うんだけど、瞭至はどうしてスノーボードだったのかな。スノーボードを始めた年齢と、きっかけを教えてよ。

ryoji : お父さんがスノーボードをやっていたから、俺もやりたいなって。5~6歳だったと思います。この辺は雪が少なくて、学校でもスキー授業がないから(冬の授業は雪合戦だった)、スキーはやったことが無いんです。プラスチックの玩具のスキーを数回やったくらい。周りはみんなスキーをやってたけど、自分でスノーボードを選んだらしいです。

moro : 道内でスキー授業が無い小学校は稀だけど、確かにこのエリアには目立ったスキー場が無いよね。じゃあ、初めてスノーボードした時の事は覚えてる?どうしてこんなにハマっちゃったんだろう。

ryoji : 初めて滑ったのは日高国際スキー場っていう、ここから一番近い山。最初はお父さんに抱っこされながらですね。単純にお父さんと滑るのが楽しかった。もう、とにかくジャンプが好きで、多分スノーボードを初めた年に飛び始めたんじゃないかな(笑)。

moro : それはお父さんもお母さんも驚いただろうね!初めてスノーボードの大会に出たことは覚えてる?

ryoji : 大会の名前は忘れちゃったんですけど、テイネの上にキッカーがあった時で、小学校1年生の時です。しかもその大会の賞品がMOJANEのメンテナンスチケット。そこからMOJANEに行き始めたんです。

Ryoji Fujiya

初めての賞金「20万円」に震える

moro : 懐かしいね、あの時で1年生か。あれから沢山の大会に出てきた中で、思い出に残っている大会はある?

ryoji : これまでは全道とか全日本の大会が好きでした。最近だと、20万円の賞金をもらった津南SNOW WAVE2018です。あれはびっくりした!トーナメントだったんですけど、着地でミスする選手が続出しちゃってて、俺が決勝の最後の1本だけ立てたんです(笑)。貰っちゃっていいの?っていうくらい、ホントに運だけの優勝でした。

moro : それはもう、瞭至の勝負強さを感じるエピソードだね。賞金の使い道は決まった?

ryoji : もう遠征費で消えちゃいました(笑)。でもその大会の帰り、フェリーの中で賞金を見たら、20万がもう分厚くて「おわぁぁぁ!」って、こんなに分厚くて!今まで賞品をもらう事はあったけど、賞金は初めてだったからテンション上がった(笑)。

moro : 自分の出した結果がお金になるって、いい経験だよな!これからはプロスノーボーダーとして賞金が懸かった大会もどんどん出ていくことになるよね。

ryoji : うん、狙っていきたい。それとSNOW WAVEで優勝したからお父さんとの約束でスマホ買ってもらったんです照。お父さんは絶対に優勝なんてできないと思ってたから、ふざけて「優勝したらケータイ買ってやるよ」とか言っていたんだけど(笑)。

Ryoji Fujiya
自宅に飾られたSNOW WAVEでの初賞金の思い出。
Ryoji Fujiya
お爺ちゃんお手製のスケートボード練習用レール。
Ryoji Fujiya
愛用のスケートやブーツ。夏も練習は続きます。

moro : 大きな大会の時はやっぱり緊張する?それとも楽しんでる?

ryoji : 緊張はするけど、滑り始めたらアドレナリンが出て単純に楽しくなる。自分より上手い人の滑りを見ているのも楽しいし、上手い人を越したいって思います。知り合いの多い大会なら、話をしたりリラックスしながらできるけど、プロ戦は知らない人だらけで雰囲気が全然違って。とにかく「ウーッ(眉間にしわを寄せて)」て集中してやってます。

Ryoji Fujiya

一歩先を行くライバルの存在

moro : プロの世界は選手たちが背負っているものも違うし、技術も気迫もレベルがぐっと高くなるよね。そういう場所で集中力を発揮できるのは凄い事だよ。瞭至の中でライバルはいる?

ryoji : 渡部 陸斗くん(ムラサキスポーツ)です。陸斗が全道優勝していて、俺は勝てなくて2位だった。抜かしたいけど、先に行かれている感じ…。少し焦りを感じる事もあります。

Ryoji Fujiya

やめようと思った事?一度もないです。

moro : 悔しい経験もいっぱいしたと思うけど、調子が上がらない時、成績が出ない時、どうやってモチベーションを上げているのかな。

ryoji : 一昨年、全道の大会で予選落ちしてJSBA全日本にいけるチャンスを逃したことがあって。そのときに「やべぇ!これじゃだめだ」と思って、バカみたいに筋トレとストレッチをしました。そこから少しづつ変わってきたと思うんですよね、ダブルコークもピタッと止まるようになった。その成果が出たし、まだまだいけると思いました。

Ryoji Fujiya

「結果で返したい」スポンサーとの関係

moro : 瞭至にはビッグスポンサーがついている訳だけど、スポンサードをどう感じている?

ryoji : 初めてのスポンサーはShakaで、5~6年生の時だったかな。本当に嬉しかった。契約書にサインする時は、緊張で手がぶるぶる震えましたよ。今まで道具にかかってたお金もかからなくなるし有難いです。少しでも出費が軽くなるから、親も喜んでくれてると思う。

moro : 今のスポンサーは、ROME SDSDC shoesShaka Sunglasses、の3つだね。スポンサーとは良い関係を築けている?

ryoji : メーカーとは凄く良い感じだと思います。感謝しているし、満足しています。プレッシャーも少しはあるけど、メーカーとライダーという関係の中でも、刺激し合いたいし、楽しく仲良くやりたいと思っています。

1 2 3
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア

MOJANE [モジェーン]

営業時間 11:00-21:00 水曜定休
北海道札幌市 中央区南3条西1丁目12番地2F