burton sensei

SENSEI|パウダーも圧雪もカービング!スピードに再注目したナローボード

BURTON 2020-2021 FAMILY TREE

クラシカルなナローボードが完全復活

2021シーズンのFAMILY TREEで一際目を引くモデルSENSEI(センセイ)は、トラディショナルなアウトラインに最新テクノロジーがミックスされたカービングボードです。MOJANEでは、全サイズフルラインナップ予定の激プッシュモデルとなっています。

SNSでは度々SENSEIに乗るダニー・デイビスくんの姿を見かけますが、このボードの仕掛け人はAK457のテクニカルディレクターとしても活躍するプロスノーボーダー、竹内正則氏。パウダーでもカービングが出来るフリーライディングボードというテーマで開発された個性派モデルです。

sensei burton

SENSEIセンセイ (151.156.161.170) 92.000円+TAX

SENSEIは、ご覧の通り細さが特徴です。こういった細身のボードは”ナローボード”と呼ばれ、90年代に活躍したクレイグ・ケリーを彷彿させます。
アラフォー世代にとって感慨深いシェイプですが、10~20代の若者達の目には新しく映るかも知れません。新作ボードからBURTONの歴史に触れられるのも、SENSEIの魅力ではないでしょうか。

burton sensei

速く、キレキレのターンへ

SENSEIは、スノーボードの全てを網羅するスーパーボードではありません。あくまでカービングボードに分類されます。これからカービングを習得したい、自分だけのカービングスタイルを見つけたいという人にとって、速く深いターンへと成長させてくれる”先生”となるはずです。一方、ハードバーンを好むカービング上級者にとっては、降ってしまった日のグルーミングバーンを、リラックスして優雅に滑るボードです。

burton sensei

ナローボードが抱えるドラッグ問題

SENSEIのウェストは156で24.5cm。161では24.7cm。ロッカーボードが台頭した2008年以降、ウェスト幅の太いボードが主流となっていたので、このスリムなウェスト幅は十数年振りです。

これだけ細いのですから、当然ドラッグ(踵やつま先が雪面に当たり引きずってしまう事)の心配があります。ですが、それをウィークポイントとするならば、そもそもこのボードとは縁が無いようなもの。僕はブーツサイズ26.5 (US8.5)ですが、試乗でほとんどドラッグしませんでした。アングルを変えて、色々な遊び方を試す楽しみになると捉えています。ただ、ブーツサイズが大きめの方は、アングルで解決できない場合があります。そんな方にBURTONは、BIG GULPを提案しています。

burton sensei

オールドスクールなボードシェイプ

これまでにもBURTONには、AURAやNU、SUPER MODELといった名作ナローボードが数多くありました。近年だと、CHEATER やCLOUD SPLITERもこの類でしょうか。過去の類似モデルと同じく、SENSEIの細く長いアウトラインはスピードを意識したものと思われます。

BURTON JAPANによると、アウトラインは完全オリジナルですが、KELLY AIRのシェイプを参考にしているとのこと。AURA同様、速くて切れる板!と、太鼓判を押しています。

burton sensei

「フリーライディングを再考する」というテーマでボード作りを行うFAMILY TREEですが、SENSEIはフルキャンバーベースです。この手のフリーライディングボードには、必ずと言っていい程ノーズ・ロッカーが加えられますが、SENSEIにはボードコントロールの遊びを生むロッカーも、操作性を高めるテイパードもナシ。
それでもHOME TOWN HEROに似た動きやすさと、ターンを攻めたくなるエキサイティングな要素があり、ボード操作を上達させてくれます。ボードのハンドリングが上手な人ほど、SENSEIの機敏な動きに驚くと思います。

また、細いボードには浮力が無いというイメージがありますが、SENSEIは全長が長いのでパウダーでも心配はご無用です。ただ、新雪では潜らせるイメージが良いでしょう。SPEED DATEの様な「潜り込んで必要な時に浮いてくる」フィーリングです。

burton sensei

テールフレックス:硬め

burton sensei

トーション:柔軟

burton sensei

ノーズフレックス:柔かめ

最新版コアが
SENSEIの要

このボードの面白さの1つは、ドラゴンフライコアの反発力にあります。ターン時には、ボードが姿勢をホールドしつつ、雪面から離れる瞬間にポン!っと反発する感覚がありました。ウェストの細さのせいなのか、アウトラインのせいなのか、同じコアでも、CUSTOM-Xのドラゴンフライコアとはフィーリングが全く違い、素材とシェイプの相性が奥深いことを改めて感じました。
もしもスーパーフライ2コアだったら?それでは単なる昔風のボードが出来上がっていたのではないかと思います。90年代には、今ほど優秀なコア材はありませんでした。もし、クレイグ・ケリーがドラゴンフライコアを搭載した現代版ナローボードに乗ったとしたら、どんな滑りを見せたのでしょうか。想像が膨らみます。

burton 2021

ユニークな
ネーミングの秘密…

「SENSEI」というモデル名は、当然日本語の「先生」のこと。変わった名前だな、と思った方も多いのではないでしょうか。そこで、どんな意味が込められているのかをBURTON JAPANに伺いました。

このボードを気に入ったダニー・デイビスが、自分のシグネイチャーに加えたい!とUSプロダクトスタッフに懇願したところ、「それはMASA(竹内政則プロ)のボードだからダメだよ」と断られ「なんだ、センセイ(竹内プロの事)のボードか…。」と言って諦めたそうです。そこでこのモデルは「SENSEI」と命名されました。

このエピソードから、ダニーくんにとって竹内プロの存在が特別である事が伺えます。竹内プロはこれまでにも多くのBURTONボード開発に携わってきました。中でも、CON ARTISTは息の長いボードとなり、HOME TOWN HEROのDNAとなった事でも知られています。SENSEIが今後どの様なインパクトを残していくのか、今から楽しみです。

burton sensei

朝一の圧雪バーンが至福の時間に

2019-2020シーズンの北海道は、前例がない程降雪が少なく、各ゲレンデのオープンが大幅に延期となる異例の事態で幕開けしました。本来の北海道らしいパウダースノーにあり付けず、遊び方を見失ってしまったり、山から足が遠のいてしまったスノーボーダーも多く見受けられました。こんな時こそ、圧雪やアイスバーンでも、もちろんパウダーでも、その日の天候や雪のコンディションに合わせて臨機応変に楽しめるボードに目を向けてもらいたいと感じています。フリーライディングに個性を持たせるSENSEIは、乱れがちな気象に万全で挑めるボードではないでしょうか。

SENSEI DETAILS

BURTON INFORMATION
BEND: Camber
SHAPE/FLEX: Directional, Directional
CORE: DragonFly 600G Core with Multizone EGD,Squeezebox
FIBERGLASS/BASE: 45° Carbon Highlights,Recycled Sintered WFO
EXTRAS: The Channel®, Super Sap® Epoxy, Pro-Tip, Infinite Ride
ARTIST: Ty Williams ty-williams.com
PERSONALITY: 5 – 8 (Medium – Aggressive)
TERRAIN: Park: 2, Groomers: 7, Powder: 9

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , ,

4 thoughts on “SENSEI|パウダーも圧雪もカービング!スピードに再注目したナローボード

  1. アンドウ より:

    いつも楽しみに拝見しております。
    アンドウと申します。
    2006年の2ndAURA168をいまだに愛用しており、2×のホールパターンですが、
    無理やりRe:Flexで利用しておりました。
    キャンバーも落ち、そろそろ寿命というところで、後継機を探していたところ、
    SENSEIは、ロングノーズ、スクエアテールのフルキャンバーのナローボードというまさに探してたスペックでしたので
    興味深くレビューを拝見させていただきました。

    さて当方が気になっているのは170なのですが、ウエストと有効エッジにつき教えていただけますか?
    今のAURAよりもハイスペックだとは思いますがLサイズのビンディングでのドラグを懸念しております。

    1. MOJANE より:

      アンドウ 様
      いつもご覧いただきありがとうございます。当店のお客様の中でも、AURAから乗り換えを検討している方は少なくありません。やはりAURAを知る方にとって気になるスペックなのでしょう!現時点で161までのスペックは公表されているのですが、170についての詳細はまだ届いておりません。僕自身注目しているサイズなので、確認ができ次第ブログに追記したいと思っています。もうしばらくお待ちください。
      因みに、161ではウェスト幅24.7cm、有効エッジが1227mmでしたので、170のウェストは25.6辺りが予想されます。オフシャルでは、170の推奨ビンディングサイズはM/Lと表記されるだろうと思いますが、実際Lサイズではみ出さないのは厳しいのではないか、と考えているところです。また、ブーツの種類も関係してきますので、サイズスペックの公表を待ちながら、注意深く確認していきましょう。

  2. マツカワ より:

    動画とともにブログも拝読いたしました。
    先日チューニングをお願いしたOGASAKA CTも良い板ですが、リフト何周もするような乗り方だと重く感じることも多くなってきたので次のカービングボードとして気になりますねw
    今シーズン、切れの良いカービングの精度を上げるにはもってこいの先生かもしれないですね
    私の場合ならどのサイズをオススメしてくれますか?
    168/70 レギュラーダック12° -9°が今シーズンのメインスタンスでしたが、この板だと前振りして乗ってみたくなってます

    1. MOJANE より:

      マツカワ 様
      いつもMOJANEをご利用いただきありがとうございます。
      ボードの程よい重みだけでなく、キレや軽快さも求めるなら、SENSEIの素早いエッジ to エッジを体験して頂きたいと思います。また、長時間乗り込んでも疲れにくい要素があると感じています。マツカワ様であれば、161をお勧めします。ダッグスタンスでもハマるボードですが、まずは後ろ足に荷重し、力を抜いて、細かい事を考えずにターンしてみてください。
      僕は、初めてターンが出来た時の感動を思い出しました!

COMMENT

シェア