burton sensei

SENSEI|パウダーも圧雪もカービング!スピードに再注目したナローボード

BURTON 2020-2021 FAMILY TREE

SENSEI TEST RIDE

2020年1月、北海道でのBURTONディーラー試乗会はここ数年、キロロスキー場で行われています。記録的雪不足の中、どんな試乗会になるのか不安がありましたが、運良く雪雲が到来し、様々なコンディションで新作ボードをテストすることが出来ました。今年もテストライダーを務めてくれたのは、平山 雅一くん、竹田 礼くん、田中 岳宏さんの3名です。皆、いつになく気合十分、体調万全で臨みました。

burton sensei

RAI TAKEDA

跳ねてツルツルで、ワクワク!

SENSEIは、全体的に遊びの面でバランスの良いボードで、遊びながらボードコントロールが身に付くボードだと思いました。
ウェスト細めのボード形状からは、どんなライディングが出来るのか想像しずらかったので、その分、乗った時のインパクトは大きかったです。
普段なら158cmのボードを選びますが(181cm/60kg)、試乗したのは161cm。それでも乗り味は5cmも短い156cm程度に感じました。ボードが良く動き、操作し易く、程良くしなる”跳ね感”もあります。ウェストが細い事で、ボードコンロールも”ツルツル”と引っ掛かりが無く、特にターンや切替しの場面でスムーズに動きました。

とても楽しく動かしながら滑れるボードなので、ついウェスト幅を忘れてターンに夢中になってしまうのですが、エッジングが深いとすぐにドラッグして転倒…。私自身、細身のボードの経験が少ないので、注意しながら滑りました。逆に言うと、ボードコントロールがシビアだからこそコントロールスキルが自然に身に付くのかなとも思えました。

ピステンでは、ウェスト幅によりターンが難しく感じたのですが、乗るうちにそれが面白味へと変化してワクワクさせられました。ボードを立ててエッジに深く体重をかけながら大きくターンしたい人にはお勧めできません。

パウダーコンディション(深さ10~20cm)では、パウダー内の中間層で潜水艦のように浮いている印象でした。パウダーの中を微妙な角度付けでターンすることで、ターンの奥深さを楽しく感じることが出来ました。グルーミングバーンと同様に、動かしやすさはそのままなので、気になったセクションでも軽快に遊びながら滑れます。

滑り始めると、遊びたい!という気持ちにエンジンをかけてくれる様なボードでした。上級者はもちろんですが、とても動かしやすいので、中級者でも問題なく楽しめるかと思います。2021シーズンのFAMILY TREEでSTRAIGHT CHUTERとの2トップとなる要チェックボードです!

竹田くんのSENSEI 161 採点
インパクト:10 フレックス:7 カービング:6 グラトリ:8 バンク:8 テクニカル:10 トーション:8 ジャンプ:10 スイッチ:6 パウダー:7 /10点満点
burton sensei
竹田 礼 Rai Takeda
1986年生/181cm/58kg/レギュラースタンス
試乗ボード:SENSEI 161
試乗コース:朝里2B・余市1A
使用バイン:X EST(12,-9)
このモデルを一言で表すなら?「遊びの先生」
burton sensei

MASAICHI HIRAYAMA 

人、板、一体

156のレビューです。まるで自分の足の様に、板が身体の一部になる感覚がたまらなく、やみつきになる1本でした。
まず名前や見た目から受け取る第一印象に反して、程良いミドルフレックスでPOP感があり、とてもよく動き、跳ねるボードでした。ドラゴンフライコアの特徴がとても活きているボードだと感じます。

パウダーでは、テイパーが入っているボードのような「いかにも浮く!」という感じではありませんが、ある程度深くても問題なく入っていける浮力を備えています。
そして、見た目通り、抜群のターン性能で、鋭いターンがしたくなるボードです。
しかし、ウェスト幅が細いので、足のサイズが大きい方やスタンスをあまり振っていない方が深いターンを行うには、少々気を配らなければないけません。
このボードは縦、横、上方向へ素早く鋭い動きにボードが機敏に反応してくれる、一体感を楽しめることが魅力ではないかと思います。

想像通り、キッカーやスイッチを得意とするボードではありませんが、跳ねて、動いて、キレる、縦、横、上方向のバランスがとても良いボードです。大きなターンから細かいターン、込み入ったツリーラン、壁やバンク遊びも楽しく、シーンを選ばずに攻められるオールラウンドフリーライドボードだと感じました。
過去の類似モデルでは、SPEED DATE + BRANCH MANAGER ÷ 2 というイメージです。バインディングとの相性については、X ESTとのマッチアップはとても良かったです。もちろんファルコアも◎。

僕は156cmと161cmに試乗しましたが、実際の長さよりも2~3cmくらい短く感じられ、161だと前述したこのボードの良さが消えてしまったので、僕に近い体型(174cm/65kg) の方は、156に乗って欲しいと思います。

平山くんのSENSEI 156 採点
インパクト:9 フレックス:5 カービング:9 グラトリ:6 バンク:8 テクニカル:7 トーション:5 ジャンプ:4 スイッチ:2 パウダー:7 /10点満点
burton sensei
平山 雅一 Masaichi Hirayama
1982年生/174㎝/65㎏/レギュラースタンス
試乗ボード:SENSEI 156,161
試乗コース:余市1A 朝里2A 
使用バイン:156 XEST 161 FALCOR(12,-12,56cm)
このモデルを一言で表すなら?「スポーツカー」
burton sensei

SHOTA MOROHASHI

最高のクルージング

本来ならば、パウダーボードとして紹介すべきなのでしょうが、僕はカービングボードとしてお勧めします。
細さで言うと、2018-2019シーズンのSPEED DATEの挑戦を思い出しますが、それとは全く別のスタイルです。

朝一のグルーミングバーンや斜度に緩急があるロングコースなら、正にSENSEIの出番です。ターンが良く切れ上がり、「簡単にターンできる」というBURTONボードの特徴が出ているので、カービング練習に最適。また、スピードコントロールがしやすく感じました。それは、緩斜面パウダーでも同様です。

ウェストが細いとドラッグするのでは?という疑問に関しては、僕のレベルでは気になりませんでした。ただ、30度を超える斜面で思い切りエッジをかけるのは怖いな、というのが正直な所です。

ノートラックパウダーならどんなボードでも良いボードに感じられてしまいますが、パウダーでの操作性が発揮されたのは、荒れたパウダーでした。デコボコのパウダーを踏み潰して進むボードはこれまでにも多くありましたが、SENSEIはシュッシュと、かわす事ができます。ウェスト幅の細さが活きて操作しやすく、沈むタイミングが無い!また、荒れた場所でも縦に切って行けるので、地形に煽られませんでした。普段なら退屈に感じるような斜面でも、タイトなツリーエリアがあれば、SENSEIがエキサイティングな場所に変えてくれます。ただ、トラバースは苦手です。

カービングを練習していると、熱が入り過ぎて煮詰まってしまう瞬間があります。SENSEIはそういった時に、新たな視点をくれるような気がします。 また、「ターンのキレってどういう感覚なの?」という段階にいるビギナーにとっては、キレを体感するきっかけになるボードとなるはずです。合わせたいビンディングはGENESIS-X 、ルックス重視ならSTEP ON X。今回の試乗は161でしたが、170を選ぶつもりです。

諸橋のSENSEI 161 採点
インパクト:10 フレックス:7 カービング:10 グラトリ:5 テクニカル:5 トーション:7 スイッチ:3 パウダー:10 /10点満点
burton sensei
諸橋 正太 Shota Morohashi
1982年生/181cm/75kg/レギュラースタンス
試乗ボード:SENSEI 161
試乗コース:余市1A 朝里2A 
使用バイン:STEP ON
このモデルを一言で表すなら?「クラシック meets フューチャー」
burton sensei

Takehiro Tanaka

田中さんのSENSEI 161 採点
インパクト:8 フレックス:7 カービング:10 グラトリ:8 バンク:7 テクニカル:8 トーション:6 ジャンプ:10 スイッチ:5 パウダー:6 /10点満点

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , , ,

6 thoughts on “SENSEI|パウダーも圧雪もカービング!スピードに再注目したナローボード

  1. アンドウ より:

    いつも楽しみに拝見しております。
    アンドウと申します。
    2006年の2ndAURA168をいまだに愛用しており、2×のホールパターンですが、
    無理やりRe:Flexで利用しておりました。
    キャンバーも落ち、そろそろ寿命というところで、後継機を探していたところ、
    SENSEIは、ロングノーズ、スクエアテールのフルキャンバーのナローボードというまさに探してたスペックでしたので
    興味深くレビューを拝見させていただきました。

    さて当方が気になっているのは170なのですが、ウエストと有効エッジにつき教えていただけますか?
    今のAURAよりもハイスペックだとは思いますがLサイズのビンディングでのドラグを懸念しております。

    1. MOJANE より:

      アンドウ 様
      いつもご覧いただきありがとうございます。当店のお客様の中でも、AURAから乗り換えを検討している方は少なくありません。やはりAURAを知る方にとって気になるスペックなのでしょう!現時点で161までのスペックは公表されているのですが、170についての詳細はまだ届いておりません。僕自身注目しているサイズなので、確認ができ次第ブログに追記したいと思っています。もうしばらくお待ちください。
      因みに、161ではウェスト幅24.7cm、有効エッジが1227mmでしたので、170のウェストは25.6辺りが予想されます。オフシャルでは、170の推奨ビンディングサイズはM/Lと表記されるだろうと思いますが、実際Lサイズではみ出さないのは厳しいのではないか、と考えているところです。また、ブーツの種類も関係してきますので、サイズスペックの公表を待ちながら、注意深く確認していきましょう。

  2. マツカワ より:

    動画とともにブログも拝読いたしました。
    先日チューニングをお願いしたOGASAKA CTも良い板ですが、リフト何周もするような乗り方だと重く感じることも多くなってきたので次のカービングボードとして気になりますねw
    今シーズン、切れの良いカービングの精度を上げるにはもってこいの先生かもしれないですね
    私の場合ならどのサイズをオススメしてくれますか?
    168/70 レギュラーダック12° -9°が今シーズンのメインスタンスでしたが、この板だと前振りして乗ってみたくなってます

    1. MOJANE より:

      マツカワ 様
      いつもMOJANEをご利用いただきありがとうございます。
      ボードの程よい重みだけでなく、キレや軽快さも求めるなら、SENSEIの素早いエッジ to エッジを体験して頂きたいと思います。また、長時間乗り込んでも疲れにくい要素があると感じています。マツカワ様であれば、161をお勧めします。ダッグスタンスでもハマるボードですが、まずは後ろ足に荷重し、力を抜いて、細かい事を考えずにターンしてみてください。
      僕は、初めてターンが出来た時の感動を思い出しました!

  3. KZ より:

    いつも楽しく拝見しております。
    MOJANEのようなショップが地元に有ればと
    日々身悶えする思いです。
    sensi170が猛烈に気になるのですが
    スペックがなかなか出てこずやきもきしています。
    2008年のスーパーモデル172に乗り続けており
    そろそろ限界も近いなというところなのです。
    継続モデルの少ないfamily treeなので
    スペック次第では何としても今季手に入れておかないと
    後悔してしまいそうで。
    ブーツサイズが10なのでウエスト幅が気になるところです。
    今後も情報楽しみにしています。
    大変な時期ですが頑張って下さい。

    1. MOJANE より:

      KZ 様
      コメントありがとうございます。そして、励ましのメッセージを頂き大変嬉しいです。

      さて、SENSEI 170のウェストは25.6cmと判明しましたが、スペックの詳細は未だ公表されていません。
      確かに、ブーツがUS10だとドラグ問題が気になるところですが、来期のREFLEXのディスクは大幅な変更があり、過去の3Dディスクの様にセンタリングに有益な「裏技」が存在するのではないかと予想しています(2008年にスーパーモデルをお選びの方なら、きっとお分かりになるかと思います)。
      因みに、US10ですとビンディングはMサイズで問題ありません。引き続きスペックの公表を待ちましょう!

COMMENT

シェア