ソールクリーニングで
ワックスの効果を最大限に引き出す

スノーボードのワクシング前に行う下準備

ワクシングの前には、必ずソールクリーニング
ソールに溜まった汚れを落としましょう。

“走る”スノーボードを作るには、ワックスの成分を十分に滑走面(ソール)に浸透させること。ワックスの種類や成分ももちろん重要ですが、まずはワクシングの効果を最大限に引き出す為の土台作りが大切です。

お手元にあるスノーボードの滑走面を見てみてください。白くなっていたり、黒ずんでいたり、色むらになっていませんか?それは、表面に残ったワックスの酸化や、花粉や黄砂などの汚れを含んだワックスが付着している証拠です。この状態のボードにワクシングを重ねても、ワックスが持つ本来の効果は十分に得られません。特に、降雪が減る春のゲレンデは汚れが付きやすくなりますので、こまめなクリーニングが必要です。

①ソールの汚れはブラッシングで掻き出します

tune up brush
ソールクリーニングの基本はブラッシングです。MOJANEでは、ソールの状態に合わせて様々な種類のブラシを使い分けています。
汚れを掻き出すDOMINAOTOR社製のスチールブラシ、スチール×ホースヘアのコンビネーションブラシ。滑らかに仕上がる雪板研究所社製ハイブリッドボアブラシは、MOJANEスノーボードアドバイザー田中岳宏氏も愛用する逸品。ファイナルEXブラシ、仕上げはポリッシャーで静電気を除去します。

②細かな汚れを落とすウェットブラッシング

tune up sole cleaning
更に、ソールの細かい溝に溜まっている汚れを除去するために、水を利用したウェットブラッシングを行います。霧吹きでまんべんなく水を吹きかけてブラッシングすると、水滴の表面には粉状の汚れがビッシリ。水分がゴミを吸着し、細かな溝の汚れを取り除くことができます。

③頑固な汚れはホットワクシングで浮かします

tune up sole cleaning
ソールの汚れが厚く頑固な場合は、ベースワックスをアイロンで塗布した後、温かいうちにスクレーパーで削ります。ワックスと熱で汚れを浮かせて落とすこの方法は、厚く塗ったメイクを落とす”クレンジング”のような作業です。

クリーニング完了。ツヤツヤ、ピカピカの仕上がり

tune up sole cleaning
クリーニング後のソールは、ご覧の通り。汚れや酸化による色ムラがなく、スッピンの状態です。ソールを綺麗な状態に戻してからホットワクシングを行うことで、ワックス成分の浸透が高まり、狙い通りの効果が実感できます。ご自宅でワクシングをする際は、是非事前にソールクリーニングを行ってみてください。
SOLE CLEANING ¥2.000+TAX

※MOJANEでご購入頂いたニューボードのソールクリーニング/ワクシングは無料で行っています。

Categories : SNOWBOARD, SERVICE
Tags:, ,

COMMENT

シェア