burton speed date

来季バートン注目モデル”SPEED DATE”試乗レポート

2018-2019 BURTON SNOWBOARDS |Family Tree SPEED DATE

キーワードはサイズ選びとスピード感

前回のSPEED DATE解説に続き、MOJANEのテストライダーによるレビューをまとめます。
試乗日は2018年2月20・21日、札幌国際スキー場の各コースで行ったものです。両日の天気は雪曇、気温は麓でマイナス12℃を下回る寒さという、最高のコンディションでした。

SPEED DATEを試乗したテストライダーは4名。まずは、MOJANEアドバイザーとしてお馴染みの田中岳宏さん。スノーボード経験が豊富で、レビュアーとしてMOJANEを支える平山雅一くん、竹田礼くん、そして僕。それぞれに異なる得意分野を持ったメンバーが揃い、様々な意見が飛び交いましたが、SPEED DATEの共通評価は”スピード感”と”サイズ毎に違うキャラクター性”。また、数多くのボードを試乗した中で、全員が”インパクト大”と評した点もまた特徴的です。

burton speed date
TEST RIDER : Masaichi Hirayama

とにかく縦!とにかく高速が面白い!

SPEED DATE 156 / 151 テストコース|札幌国際スキー場・エコー脇 / スウィングコース
使用バインディング|X BASE(156) / カーテル(151)

攻めのラインが取れるボードです。高速での安定感が抜群で、フレックス、トーション共に固過ぎず、扱い易いボードでした。この”扱い易さ、ここまでの高速安定感”は、リブテックのボードや、YES PICK YOUR LINE(16シーズン以前の)、BURTON タフキャットのような、全体的にガッチリしたコンセプトのボードで感じられるものでした。そのクラスのボードと比較すると、僕の体型(174cm 65kg)では151と156で迷うところです。メインで使用するシチュエーションやスタイルによって、どちらもアリだと思います。

バンクで遊ぶなら、高速で突っ込んでバンク特有の”G”を存分に感じたり、思いっきりレイバック!なんていうのも楽しいボードです。十分なカービング性能を備えていますが、このボードはとにかく縦!また、低速域では操作が難しくなり、魅力は半減してしまいます。全ての動きを高速域で行うことがこのボードの性質を引き出すのではないか、と思います。そういった意味では上級向けかも知れません。

バインディングとの相性については、156ならカーボン系ハイバック、151ならカーテルやカーテルLTD等のオールラウンド系のバインディングを使いたいです。BURTON2018-2019のラインナップの中では一際異質なボードでしたが、個性のある魅力的なボードだと思います。

SPEED DATE 156:ターンを忘れてしまうほど直進性能が良い!直滑降で、波打つような地形や落ち込みをGO BIG!ストレートに飛んでいきたくなるようなイメージでした。

SPEED DATE 151:ボードを少し動かしながら、混んだ地形やツリーも攻め込みたいと感じました。パウダーでは、気持ちよく浮くというよりは、雪を割いてかき分けるように突っ込むボードです。

フレックス★★★☆☆(柔→硬)
テクニカル★★★★☆(易→難)
トーション★★★☆☆(柔→硬)
カービング★★★★☆
グラトリ ★☆☆☆☆
バンク  ★★★★★
ジャンプ ★★★☆☆
スイッチ ★☆☆☆☆
パウダー ★★★★☆

burton speed date
平山 雅一 Masaichi Hirayama
パーソナルデータ
1982年生 / 174㎝ / 65㎏ / スノーボード歴20年 / レギュラースタンス
「パウダー、ジャンプ、カービング、グラトリ、ボーダーレスに全てをリンクさせた滑りが好きです。」
好きなライダー / ニコラスミューラー, マークランドビック, エーロエッタラ
シーズン中のスノーボードは週2~3回ペース。
burton speed date
TEST RIDER : Rai Takeda

トタールバランスが良くターン遊びの幅が広がる。

SPEED DATE156 テストコース|札幌国際スキー場・ファミリーコース
使用バインディング|X BASE(24, +12, 56.5cm)

同モデルの161と比較して、ターンにメリハリがある印象です。小回りやバンクでの操作性も高く、気持ちよくスピードに乗せることができました。ターン中のレスポンスも程良く、ミドル~ロングターンでもスピード感と気持ちの良いターンが得られます。ゲレンデで遊ぶならトータルバランスの良い156がお勧め。ですが、使用する人の身長体重により左右されるので注意が必要です。小柄な人は151で同じ感覚を得られる可能性があります。個人的には、161の突っ込めるようなターン性能と156の操作性をマッチングさせた”158″というサイズ展開があれば、最強だったかなと思います。

フレックス★★★☆☆(柔→硬)
テクニカル★★★★☆(易→難)
トーション★★★★☆(柔→硬)
カービング★★★★★
グラトリ ★★☆☆☆
バンク  ★★★★★
ジャンプ ★★☆☆☆
スイッチ ★★☆☆☆
パウダー ★★★☆☆

SPEED DATE161 札幌国際スキー場|6下/ダスキン/スウィングコース
使用バインディング|ジェネシス リフレックス(24, +12, 56.5cm)

161でのパウダーは、浮力ではなく突き進む・切り裂く様な乗り心地です。ファミリーツリーシリーズのイメージを破り、フリーライディングスピードボード、という感覚でした。161は高速でのロングターン・ミドルターンが絶妙。小さなバンクのような小回りに対応する操作性も併せ持っています。ですが、主に高速ロングターンが武器になるので、適応するフィールドは限定的かも知れません。

フレックス★★★★★(柔→硬)
テクニカル★★★★☆(易→難)
トーション★★★★★(柔→硬)
カービング★★★★★
グラトリ ★★☆☆☆
バンク  ★★★★★
ジャンプ ★★☆☆☆
スイッチ ★★☆☆☆
パウダー ★★★☆☆

竹田 礼 Rai Takeda
竹田 礼 Rai Takeda
パーソナルデータ
1986年生/181cm / 58kg / レギュラースタンス
スノーボード歴 10歳から
「気持ちの良いカービングターンに比重を置いたライディングが好きです。」
好きなライダー / テリエ・ハーコンセン, 植村能成, 中井孝治, 藤本広海
シーズン中のスノーボードは月9回、滑走時間は4時間程度。
1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

2 thoughts on “来季バートン注目モデル”SPEED DATE”試乗レポート

  1. はじめまして。小枝と申します。
    大変興味深いBLOGばかりで読むのが楽しいです。
    今シーズンはFREE THINKERでカービング、パーク寄りな滑りでした。
    来シーズンはフリーライディングを主とし、よりキレのあるカービング、地形、パウダーも気持ち良く滑りたいと思っています。
    SPEED DATE か STUN GUN 、DEEP THINKER が来シーズンの候補かなと思っていて、今回のBLOGは大変参考になったのですが、何かアドバイスなどありばお聞かせ願いたいのですが、よろしくお願いいたします。

    1. 小枝 様
      はじめまして、諸橋と申します。ご覧頂きありがとうございます。

      SPEED DATE, STUN GUN, DEEP THINKER, それぞれ魅力的なボードですよね。今季FREE THINKERの切れ味やターンの感触(僕は楽にターンきっかけを作ってくれるボードだと感じました)はいかがでしたか?ターンの特性も3モデル各々ですが、現時点でSTUN GUNが視野に入っているのであれば、是非候補に加えて頂きたいのがオールマイティー性に優れたCUSTOM-X Flying-V(抵抗があるかも知れませんが)です。

      現在当BLOGでは、STUN GUN, DEEP THINKER, CUSTOM-X等各モデルの紹介とレビューを準備中です。それらもご参考にして頂けると、より煮詰まったお話しが出来るかと思います。今後の記事を楽しみにお待ち頂けると幸いです。

      MOJANE 諸橋

COMMENT

シェア