STEP ON

STEP ON|新作解説と2年間のレビュー

2019-2020 BURTON STEP ONを徹底解剖

いよいよ発売、2019-2020モデル

踏み込むだけで装着完了。ワンタッチで滑り始められる新たなビンディングシステムBURTON STEP ON(ステップオン)が登場したのは、2017年秋のことでした。注目を浴びた初号機から早2年、いよいよ3代目がリリースされようとしています。先シーズンまではブーツとビンディングのセット販売のみでしたが、今期より単品販売が解禁となります。

発売日は2019年11月4日(月)、待ちわびていた方も、迷っている方も、是非最新STEP ONをチェックしてください。

SWATH STEP ON

新たにSWATHが仲間入り

新作STEP ONの中から、一足早く2019年9月30日(月)に発売されるニューモデルがSWATH(スウォッス)です。このモデルは、「ステップオンでもスケートライクな滑り心地を」というBURTONの次なる挑戦です。アウターの素材はSL-Xと同じウルトラウーヴン、足の甲とスネの部分を別々に締められるダブルボア仕様(余談ですが、SWATHの登場により”SL-X BOA”の登場を予感してしまいました)。

軽さと柔軟性が特徴のSWATHは、まるでスニーカーの様に軽やかですが、柔らかいブーツの可動域にSTEP ONビンディングがどう対応するかが注目ポイントとなります。

STEP ON

耐久性は合格です

STEP ONの発売以来、最も多い質問は耐久性に関して。ここで僕が断言できるのは、同価格帯のストラップバインディングよりも弱い点は1つもない、ということです。

初代モデルでは、RULER STEP ON(8.5)のリコールや、一部パーツ(クリート)の不具合がありましたが、すぐにアップデートされました。それ以降製品のトラブルは発生していませんのでご安心下さい。とはいえ、20-30mものビッグジャンプを想定したプロダクトではありません。あしからず。

STEP ON

満足度は使い方次第

STEP ONは、あらゆるレベルのスノーボーダーに対応していますが、全てのシチュエーションに適しているとは言えません。

僕は、行先と目的に応じてSTEP ONとストラップバインディングを使い分けています。例えば、コース案内やカメラワーク、ボードのテスト等、バインディングの着脱回数が多い日は、迷わずSTEP ON。作業効率が飛躍的に上がったと実感しています。特に、トラバースの多いゲレンデでは、その手軽さが際立ちました。
以前のSTEP ONレビューでもシーン別の使用についてご紹介しています。

僕の場合は、仕事としてのスノーボードにSTEP ONを活用していますが、一般的にはリフトに乗る回数が多い小~中規模ゲレンデをメインに行く人、家族や仲間たちとゲレンデで過ごす人、幅広いレベルのレッスンを行うスノーボードインストラクターのみなさんにとっても、必ずメリットがあるはずです。また、無駄のないシンプルなルックスも特徴で、ハイバックを折りたたむと厚み10㎝というスマート仕様。ミニマル志向のスノーボーダーにもお勧めです。

STEP ON

STEP ON対ストラップバイン

バインディングの買い替えを検討している方にとって、STEP ONとストラップバインディングの二者択一は、難しい問題です。「どっちが優秀だと思いますか?」というお問い合わせも少なくありませんが、その答えはユーザーのパーソナリティ次第。両者、全く異なるコンセプトだからです。

これまでスタンダードだったストラップバインディングは、スノーボードの誕生と共に、様々なブランドが思いつく限りのテーマで開発を続けてきました。特定の機能に優れたモデルや個性派も多く、自分好みの使用感を追求することが出来ます。一方、STEP ONには「もっと気軽に、簡単に、直感的にスノーボードを楽しもう」というテーマがあります。例えば、ストラップ装着の手間、ブーツとビンディングの相性、細やかなセッティング…そういった煩わしさから解放してくれる、純粋で自由なアイテムです。

僕はSTEP ONを使ってみて、ストラップバインディングの特徴を今まで以上に明確に感じるようになり、バインディングの面白さを再発見しました。まだまだ使えるストラップバインをお持ちの方がSTEP ONを取り入れるなら、行先やメンバーに合わせてバインディングを選択することで、ストレスフリーの便利なスノーボーディングが楽しめます。

もしも、これからスノーボードを始めようとしているなら、あるいは、長いブランクを経てスノーボードを再開しようとしているなら、僕は迷わずSTEP ONをお勧めします。ギアとの相性や好みが分かれるストラップバインディングは、スノーボードそのものに慣れてからでも遅くないからです。そして何より、身軽でスマートなスノーボードスタイルをお望みなら、STEP ONを選んで失敗はありません。

STEP ONとストラップバインディングに、使用感で優劣を付けることは出来ませんが、緊急時について一つ思う事があります。ケースとしては希ですが、事故や怪我、雪崩といったトラブルが起き、即座にボードを外さなければならない場面では、ストラップバインの方が外すスピードが断然早く、自分以外の誰かに外してもらうことも容易です。STEP ONの場合は、手でレバーを上げてロックを解除した後、足首を少しねじるようにスライドさせてフロントで固定している爪を外します。STEP ONの着脱の動作は、足元が踏める場所ならとても簡単ですが、不安定な場所ではコツが必要です。

STEP ON

パウダー重視ならストラップバインを

毎週欠かさずスノーボードへ行くハードユーザーにとって、北海道の長い冬をSTEP ON1つで乗り切るには、やはり不安がつきまといます。深いパウダーをメインに滑る人、ハードなライディングに没頭したい人、繊細なフィット感を大切にしている人は、STEP ONだけでは事が足りないかも知れません。

特に不便を感じたのは、深いパウダーでの装着です。STEP ONはつま先と踵を順に踏んで装着しますので、ふかふかのパウダーでは十分に踏み込めず、2段階あるヒールクリートがレベル1(トラバースモード)のまま、なかなかレベル2に達しません。即、装着可能なはずのSTEP ONに手こずって仲間を待たせるなんて、本末転倒。底当たりの無いパウダーデイはストラップバインをお勧めします。

STEP ON

STEP ONの使用感

僕は普段、SL-Xとやや硬めのビンディングを使っています。STEP ONではPHOTONを選び、ミディアムフレックスのボードに乗せて2シーズン使いました。使い初めは、ストラップが無いことで甲部分のフィッティングに寂しい感覚がありましたが、パウダー、沢、ツリーラン、グルームバーン、ゲレンデ内のどこに行っても問題はありませんでした。ターンからターンへの切り返しスピードも申し分なく、プレス、ボーンアウト、足首を使った操作にも違和感はありません。

乗り心地としては、ボードに直接ブーツを付けているような感覚で、通常のビンディングで乗った時よりもボードが軽く感じられました。クセが無く、ボードの性格がダイレクトに伝わってくるので、ボード比較にも最適だと思います。今後も色々なボードで試していく中で、これらの性質が抜群にハマるボードを見つけたいと思っています。

気になった点は、トラバース中のタイトなツリーランでの事。既に踏まれている雪面を細かく切替しながら滑っていくと、足元からカチカチと音が聞こえてきました。どうやらクリートの爪が接合部の中で左右に当たっているらしいのです。この音は不具合によるものではなく、故障の原因にもならないそうですが、不安に思う方もいるかも知れません(柔らかい雪上では音は鳴りませんでした)。また、同様の場所では、ストラップバインの方が地形をなぞって滑れるように感じました。例えば、ニセコモイワの見返りの沢、キロロの一番大きな沢のトラバースラインです。ただ、通常のビンディングではストップし易い場所なので、ストラップ着脱の手間が省けるだけで楽ではありました。

STEP ON

2019-2020版のラインナップ

さて、気になる新作2019-2020シーズンのSTEP ONについて解説していきましょう。
今年のSTEP ONは、ビンディング1型と専用ブーツ4型が用意されています(通常のブーツやビンディングとの互換性はありませんのでご注意を)。ブーツは3万円台から6万円台まで、価格帯も幅広く様々なレベルに対応しています。今回発売されるモデルから、ブーツとビンディングはそれぞれ単品購入が可能になります。これにより、ブーツ1足とビンディング2つというご要望にも応えられるようになりました。

STEP ONを初め使われる方の多くは、PHOTONかIONで迷うところですが、是非PHOTON STEP ONからスタートしてみてください。STEP ONに必要なホールド感、ブーツの耐久性、安心感が備わっています。因みに、僕は今回IONを選びました。STEP ONが持つレスポンスの速さにフォーカスして、ION STEPON x HOME TOWN HEROまたはCUSTOM-X FVというセットアップを試そうと計画中です。

STEP ON

STEP ON BINDING 42000円+TAX

PHOTON STEP ON 52000円+TAX
STEP ONのフラッグシップモデルのブーツです。ブーツに装着されたアンクルストラップでフィットを自在に操ることが出来ます。柔らかくも、硬くもない、最もニュートラルなモデルです。初めてのSTEP ONなら、まずPHOTONをチェックしましょう。
ION STEP ON 62000円+TAX
2018-2019シーズンにデビューしたハイエンドモデル、JAKE BURTONの肝入りブーツです。スピードゾーンレーシングのIONとSTEP ONを組み合わせる意味はあるのだろうかという疑問を持っていましたが、2019-2020シーズンはMOJANEのラインナップにも加わります。硬くてパワーのあるIONがどの様に反応するのかが楽しみです。
SWATH STEP ON 49000円+TAX
今年の新顔SWATHは、柔らかいブーツを好む方にオススメです。ビンディングのクリート部とのフィッティングに若干不安が残りますが、新たな使用感でSTEP ONの視界を広げてくれるはずです。
 
RULER STEP ON 39000円+TAX
PHOTON STEP ONと同時にデビューしたシングルボア。STEP ONを最も低価格で始められるセットアップとなります。デビュー作2018-2019モデルのRULER STEP ONの乗り心地はとても良かったと思うのですが、少し変わってしまったようです。個人的には当時の作りに戻して欲しいと願っています。
1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア