STEP ON

STEP ON|新作解説と2年間のレビュー

2019-2020 BURTON STEP ONを徹底解剖

STEP ONユーザーの声

MOJANEには10~50代まで、幅広い世代のSTEP ONユーザーがいます。特にSTEP ONに関しては、新しいものに敏感な方、目的に合う方にお勧めしているので良いレビューを頂くことが多いのですが、その中からいくつかご紹介します。

「10年ぶりにスノーボードギアを一新しました。今まで使ってきたギアは何だったんだろう?と思ってしまうほど、身軽で簡単。足も痛くなく、操作しやすいと感じています。(40代男性) 」

「とても満足しています。もうストラップバインディングに戻れないかも。(20代男性)」

「面(ソール)で滑ることを意識している自分にとっては苦手な乗り心地でした。子供と一緒に滑るときに使います。(40代男性)」

「友達のSTEP ONを見て、影響されて買いました。リフト周辺の動きがスムーズで、小さなゲレンデが楽しくなりました。(20代男性)」

「膝を使う前にエッジが入ってしまうので、コントロールが難しかった。でも見た目がお洒落なので気に入っています。(50代男性)」

BURTON STEP IN

BURTON STEP IN

未だ向けられる疑いの目

僕と同世代~先輩世代には、まだまだこの新システムに抵抗を持っている方が多くいらっしゃいます。それもそのはず、BURTONでは過去にSTEP INという類似システムをリリースしていましたが、ユーザーを満足させる完成度には程遠く、わずか2シーズンでお蔵入りに。STEP INの開発を担ったJASON BROWN(元BURTONライダーでCAPITA創設者の1人) は、SNSが未発達だった時代に個人のウェブサイトを開設し、いち早くセフルプロモーションを取り入れた事でも知られています。STEP INは、プロダクトとしては成功しませんでしたが、時代を先駆けるJASON BROWNらしいプロジェクトだったことは確かです。

こうしてSTEP INの悲しい結末を目撃した僕たちは、それまで以上にストラップビンディングに信頼を置くようになったのです。その為、STEP ONとして再登場したストラップレスビンディングに興味を持ちながらも、「飛びついてはいけない、レビューを待とう」と冷静な判断を下していました。

STEP ON

STEP ON18-19MODEL

BURTONの汚名返上

今回も黒歴史になるのではないか。そんな厳しい意見もありましたが、僕は初年度から堂々とSTEP ONを取り入れました。BURTONが同じ失敗を繰り返すはずがないという信頼もありましたが、機能性や完成度を抜きに、ビジュアルが良いと思ったからです。

STEP ON

STEP ON19-20MODEL

一方で、STEP INの悲劇を知らない若いスノーボーダーには、画期的なニューアイテムとして響いている様子。2シーズン連続完売、少なくともMOJANEが受け付けたクレーム件数はゼロ。新しいプロダクトとして、テイクオフに成功したと言えるでしょう。ここからのSTEP ONがどんな風に発展し、僕たちをどう驚かせてくれるのか、期待が膨らみます。

STEP ON

STEP ONの未来予想図

昨今、アジア圏を中心に、スノーボードを含む「ウインタースポーツ人口を大幅に増加させよう」という動きが盛んになっています。そうした傾向から、誰もが簡単に使えるハードグッズはシェアをぐんぐん伸ばしていくだろうと予想しています。上質な雪質を誇る日本のスノーリゾートでも、近い将来にはSTEP ONを導入したレンタルサービスが開始され、初心者やキッズ、身体が不自由な人も、誰もが楽しめるスポーツとなるかも知れません。手ぶらで世界各地のスノーリゾートへ向かう上級者だって増えるでしょう。リフトを降りた後に、スキーヤーと同じテンポで滑り始められるという点でも、スキー、スノーボードの垣根を越えて仲間たちと過ごすゲレンデが楽しくなりそうです。

ユニバーサルデザインに一歩近づいたスノーボードギア、STEP ON。スノーボードの捉え方、遊び方も新時代へと向かっている様に感じます。このニーズが増えていくと、未来のストラップバインディングは、アスリートやハードユーザーの為だけのものになってしまうのでしょうか…?それは少し寂しい気がします。

STEP ON

モロのこぼれ話
2020-2021シーズンには、DCの参戦も決定しているSTEP ON。今後、システムのパテントを買い取るメーカーが増えてくると噂されています。その候補には、VANSやADIDASの名も挙がっているとか。個人的には、UNIONが出てくる事に期待しています。UNION STEP ON x CAPITAで、JASON BROWNをトリビュートするセッティングが見たいから!想像するだけでますます面白くなります。
1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア