stun gun Masaichi Hirayama

STUN GUN|スタック知らずのフリースタイル・パウダーボード

2018-2019 BURTON FAMILY TREE STUN GUNの解説とレビュー

ゲレパウ狙いの板選び、第一候補はSTUN GUN!

2018-2019シーズン、BURTON Family Tree(ファミリーツリー)ラインからSTUN GUN(スタンガン)と名付けられたパウダー護身用ボードが登場します。攻撃的なネーミングとは裏腹に、誰もがパウダーでの浮遊感を味わえるミディアム・ワイド。上級者向けのイメージが強かったFamily Treeがフレンドリーなモデルをリリースする点も、変化の兆しを感じます。

Burton stun gun 2019
BURTON FAMILY TREE STUN GUN ¥92,000+TAX

絶対に沈ませない!!というBURTONの熱意

結論から言うと、STUN GUNは技術向上を求めるボードではありません。パウダーを存分に味わう為の条件をこれでもかと詰め込んだ、絶対に沈まないパウダー専用ボードです。キャリアやスキル云々は抜きに、誰もがパウダーを楽しむべきだ!というBURTONのメッセージが伝わります。

ノーズ・キックは柔らかいフレックスで、雪を広い面で捉えて浮きます。その為、スピードはやや抑えられますが、斜度のあるツリーランでも安全に楽しむことが出来ます。更に、ショート・ファットボードの様な取り回しの良さが加わり、大きなゲレンデから小さなゲレンデまでしっかりと仕事をします。もし、メインの板では前に進まない程のゲレパウの日は「STUN GUNに飛び乗れば即、解決。」といった具合です。

Burton stun gun 2019
Burton stun gun 2019
Burton stun gun 2019

過去の類似モデルにはなかったライトな仕上がり

GATEKEEPER
STUN GUNは、ディレクショナルボードです。ベンドはキャンバー、ノーズからテールにかけて徐々に細くなる”テーパード”も入っています。このルックスから、過去にFamily TreeからリリースされたGATE KEEPER(2016-2017)やDUMP TRUCK(2017-2018)に似ている事に気付きます。GATE KEEPERやDUMP TRUCKは個性が強く印象的なモデルでした。GATE KEEPERは文字通り、ゲートを潜ってからが本番だぜ!というようなパワフルなボード。
BURTON FAMILY TREE DUMP TRUCK
DUMP TRUCK
一方のDUMP TRUCKは、荒れたバーンでもフルサスペンションでスムースにクリアしてみせる、とても器用なボードでした。これらと似た形状や要素を引き継ぐSTUN GUNは、柔らかなフレックスとやや張りのあるテールを持ちます。ウェストが太いボードは硬くなりがちですが、STUN GUNのトーションは硬すぎず、張りもそこそこ。GATE KEEPERやDUMP TRUCKと比較してプレイフルな乗り味で、乗る人のレベルやライディングスタイルを選びません。

Burton stun gun 2019

必ず浮かび上がる特徴的なノーズ・キック

STUN GUNは、一目でわかる大きなノーズ・キック(反り)を持ちます。通常、スノーボードのノーズやテールは、”アール”と呼ばれる逆放物線状にカーブしています。STUN GUNのノーズのキックはそれらに比べて反り上りが強く、長さもあります。かつてBURTONではこのこのようなノーズ/テールをウータン・キックと呼んでいた時代がありました。この形状に”沈ませない”というコンセプトが表れています。また、今季のFamily TreeでSTUN GUNの逆を行くのが、パウダーの底を潜り進むSPEED DATEです。同じシリーズ内で相反する性格を持つモデルが揃っているのも今季の面白さです。

Burton stun gun 2019
Burton stun gun 2019
Burton stun gun 2019

スイッチにも対応したバランス・フリーライド

STUN GUNに採用されている”バランス・フリーライド形状”は、過去モデルLAND ROAD(2013-2014)以降、多くのモデルに引用されてきました。バランス・フリーライド形状は、「テイパーの入ったディレクショナルボードでもスイッチ時に違和感のないライディングを提案したい」というBURTONの考え(LAND ROADを開発したテリエの提案かもしれませんが)によって生まれました。STUN GUNもディレクショナルボードですが、BURTONは今回もスイッチスタンスの存在を忘れていません。さすがにスイッチでパウダーを滑り続ける事は出来ないながらも、スイッチライディングには相応です。パウダーでのノーズバターや、グランドトリックをする際に、ノーズ・キックのフラット部分が役立ちます。ここはかなり使えるポイントでしたので、フリースタイル・パウダーボードとしっかりと明記します。

Burton stun gun 2019

注目サイズは150と155

STUN GUNは150,155,158の3サイズ展開のミッドワイドボードです。ショート・ファットボードのように、短かさを求めるサイズの選び方はお勧めしません。特に158は、体重85kg,足サイズ29cmという大柄な方の為のサイズになりますので、今回は150と155の2サイズに焦点を当てます。
155のサイズのウェストは25.5cm。これは現在の一般的なスノーボードの平均よりやや太めです。また、1サイズの違いで長さが5cmも開いてしまうので、サイズ選びは大切です。

参考までに、通常選ぶサイズが150~153の人はSTUN GUN150を。154~158の人はSTUNGUN155が妥当です。僕は181cm/75kg 足サイズ26.5cm、通常のボードは156-158を選びますが、STUN GUNなら155となります。身長/体重はもちろん、経験や脚力によっても変わりますので、サイズ選びに迷ったら専門店で相談しましょう。

シーズン真っ只中の北海道では、いつもどこかで”ドカ雪”が降っています。ホームゲレンデでも必ず数回、そんな日が巡ってきます。膝上、ゲレパウに備えて持っておくべき必需品的ボードです。また、トリップ・ボードとしてもオススメです。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

2 thoughts on “STUN GUN|スタック知らずのフリースタイル・パウダーボード

  1. ドストライクな面白い内容でした♩
    メチャクチャ参考になりました!
    スピードデイトと相反する性格とのことですが、どちらも魅力的で迷いますね⁉︎
    ちなみにスケルトンキーとスタンガンの違いはありますか?

    1. 小枝様

      いつもご覧頂きありがとうございます。
      SPEED DATEもSTUN GUNも、どちらも違う性質を持った良いボードだと思います!

      SKELTON KEYに関しては個人的な感想になりますが、STUN GUNよりも少し硬く、動きも重く感じます。日本人の平均的な体格で、STUN GUN155とSKELTON KEY154を比較すると、乗り易さでは断然STUN GUNです。
      SKELTON KEYはパワフルな中〜上級者向け、ボードの重さが欲しい方や大柄な方にフィットするかと思います。
      参考になれば幸いです。

      MOJANE諸橋

COMMENT

シェア