stun gun Masaichi Hirayama

STUN GUN|スタック知らずのフリースタイル・パウダーボード

2018-2019 BURTON FAMILY TREE STUN GUNの解説とレビュー

BURTON STUN GUN 試乗レビュー

2018年2月20-21日、札幌国際各コースにて行われた試乗会でのレビューです。当日は‐7℃-11℃曇雪、ゲレパウという絶好の試乗日和でした。MOJANEお馴染みのテストライダー田中岳宏さん、平山雅一くん、竹田礼くん、僕、諸橋の4名全員が試乗し、様々な感想が飛び交いました。

Burton stun gun 2019
TEST RIDER Masaichi Hirayama

THE POWDER BOARD!!

STUN GUN 155 / 158(12°,-12°,55~56㎝) テストコース|札幌国際スキー場 ダスキン / ファミリーコース
使用バインディング|ジェネシスリフレックス(158)/STEP ON PHOTON (155)

昨シーズンのダンプトラックからの流れを感じつつ、より気持ち良く、より楽しく、誰にでも扱いやすいパウダーボードでした。ダンプトラックよりは少しメロウで、ターンを楽しみながら雪面を気持ちよくクルージングするイメージになりました。もっと直進的に攻めたければ、SPEED DATE(2018-2019 BURTON FAMILY TREE)の役割になって来るかと思います。浮き感を重視しながらも攻めたい、ということならMOJANEのラインナップに並ぶYESのオプティミスティックに軍配が上がるでしょう。

僕は今回、155.158の2サイズに乗りましたが、サイズ選びに関しては、僕の体形(174㎝ /65㎏)では155がベストサイズだと感じました。皆が楽しめるボードだと思うので、親子や家族間で体型が近ければ、共有して楽しむのも素敵な使い方かもしれません。
類似モデルとして比較できるのは、BURTON DUMP TRUCK,SPEED DATE,YES.NOWBOARD optimistic。ビンディングとの相性は、158ではカーテル系、155はマラビータ・ジェネシス等のメロー系が良さそうです。

フレックス★★☆☆☆(柔→硬)
テクニカル★☆☆☆☆(易→難)
トーション★★☆☆☆(柔→硬)
カービング★★★☆☆
グラトリ ★★☆☆☆
バンク  ★★★☆☆
ジャンプ ★★★☆☆
スイッチ ★★☆☆☆
パウダー ★★★★★

パーソナルデータ
平山 雅一 Masaichi Hirayama 1982年生 / 174㎝ / 65㎏ / スノーボード歴20年 / レギュラースタンス
「パウダー、ジャンプ、カービング、グラトリ、ボーダーレスに全てをリンクさせた滑りが好きです。」
好きなライダー / ニコラスミューラー, マークランドビック, エーロエッタラ
シーズン中のスノーボードは週2~3回ペース。

Burton stun gun 2019
TEST RIDER Rai Takeda

FAMILY TREEの中でピカイチの浮遊感

STUN GUN 158 テストコース|札幌国際スキー場 ダウンヒルコース
使用バインディング|ジェネシス リフレックス(18°, +9°, 56.5cm)

朝一の最高のコンディションで試乗することが出来ました。158に乗りましたが、実際の長さよりも短く感じました。浮遊感はファミリーツリーの中で一番感じやすいボードです。ノーズから生まれてくる浮遊感に、テール側のソフトな操作性で高速~低速まで気持ちのいいルーズな乗り心地が楽しめます。ボードの形状や感触からある程度想像がつく分、インパクトには欠けてしまいますが、誰もが楽しむ為に無難にチョイスできるパウダーボードだと思います。

フレックス★☆☆☆☆(柔→硬)
テクニカル★★☆☆☆(易→難)
トーション★★☆☆☆(柔→硬)
カービング★★★☆☆
グラトリ ★★☆☆☆
バンク  ★★☆☆☆
ジャンプ ★★★★☆
スイッチ ★☆☆☆☆
パウダー ★★★★☆

パーソナルデータ
竹田 礼 Rai Takeda 1986年生/181cm / 58kg / Snow歴10歳から / レギュラースタンス
「気持ちの良いカービングターンに比重を置いたライディングが好きです。」
好きなライダー / テリエ・ハーコンセン, 植村能成, 中井孝治, 藤本広海
シーズン中のスノーボードは月9回、滑走時間は4時間程度。

Burton stun gun 2019
TEST RIDER Shota Morohashi

サブボードとして持っておきたい!

STUN GUN 158 テストコース|札幌国際スキー場 ファミリー/メルヘンコース 
使用バインディング|STEP ON(21°,-0)

今回の試乗会で、僕が最も長く乗ったモデルです。これまでに、様々なショート・ファットボードに乗って来た自分にとって、ダンプトラックの流れを汲むミッドワイドモデル、STUN GUNには興味がありました。ネーミングからハードなイメージを持っていましたが、実際にはどんなコンディションでも乗りやすいボードです。

158で25.8というウェスト幅にも関わらず、相当軽い乗り味でした。パワフルでありながらボード全体は硬くはないので、乗っていて疲れにくい気がします。しっかり踏み込めるテールがあるので、オーリーやウェーブも楽しく遊べます。ただ、前評判の通り、非圧雪エリアでスピードが出るボードではないので、速度重視の方には不向きでしょう。試乗したサイズは158ですが、僕の体型(181cm /75kg)で155でも十分にSTUN GUNの役割を果たしてくれるだろうと感じました。
「たっぷりと浮力が欲しいけれど、カービング要素も捨てがたい…」「いかにもショート・ファットなデザインにはちょっと抵抗がある…」という方にオススメします。

Burton stun gun 2019
バインディングはMALAVITAかGENESISSとの相性がよさそうです。GENESIS-X, X-BASEももちろんアリ。また、僕ならSTEP-ONと組み合わせます。ワンタッチでスピーディーに滑り始められるSTEP ONと、どんな場所でもスタックしないSTUN GUN、コンセプトからも良いコーディネイトになると思います。

フレックス★★★☆☆(柔→硬)
テクニカル★★☆☆☆(易→難)
トーション★★★☆☆(柔→硬)
カービング★★★☆☆
グラトリ ★★☆☆☆
バンク  ★★★☆☆
ジャンプ ★★☆☆☆
スイッチ ★★☆☆☆
パウダー ★★★★☆

パーソナルデータ
諸橋 正太 Shota Morohashi 1982年生 / 181cm / 75kg /レギュラースタンス
Snow歴 14歳からフリースタイルでスノーボードしています。怪我が怖いのでジャンプはしません。

Burton stun gun 2019

STUN GUNのMOJANEまとめ

MOJANEアドバイザーで、スノーボードテクニカルの選手としても活躍する田中岳宏さんにとって、STUN GUNはワクワクするボードではなかったようです。浮力はあれど減速感がある、とのことでした。上級者のパウダーボード選びで”速さ”を求めるなら、より攻めることをコンセプトにした他モデルとなるでしょう。

膝上の豪雪で、メインボードではストップしてしまう。STUN GUNの性能は、そんなコンディションでこそ発揮されます。パウダー初心者の人はもちろん、普段パウダーを重視していない人も、STUN GUNのようなパウダーボードをセカンドボードに持ち、ドカ雪の日は気分を変えて思いっきりパウダーを楽しんでみてはいかがでしょうか。また違った1日になるのでは、と思います。

似たタイプのモデルは、他のブランドからも数多くリリースされています。細かな性能に違いはありますが、OPTIMISTIC(YES NOW BOARD )420PH(YES NOW BOARD )Moutain Pig(RIDE)等が挙げられます。これらは新しいスノーボードのデザインでもあるので、今後も楽しみです。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

4 thoughts on “STUN GUN|スタック知らずのフリースタイル・パウダーボード

  1. ドストライクな面白い内容でした♩
    メチャクチャ参考になりました!
    スピードデイトと相反する性格とのことですが、どちらも魅力的で迷いますね⁉︎
    ちなみにスケルトンキーとスタンガンの違いはありますか?

    1. 小枝様

      いつもご覧頂きありがとうございます。
      SPEED DATEもSTUN GUNも、どちらも違う性質を持った良いボードだと思います!

      SKELTON KEYに関しては個人的な感想になりますが、STUN GUNよりも少し硬く、動きも重く感じます。日本人の平均的な体格で、STUN GUN155とSKELTON KEY154を比較すると、乗り易さでは断然STUN GUNです。
      SKELTON KEYはパワフルな中〜上級者向け、ボードの重さが欲しい方や大柄な方にフィットするかと思います。
      参考になれば幸いです。

      MOJANE諸橋

  2. 深雪のツリーランを楽しんだ後、コース脇の荒れ荒れ不整地をトラックものともせず駆け下りて、圧雪バーンに出てきたら高速でカービングを楽しみ、という使い方で、現在SCOOTERのDAYLIFE-VERNIER155cmからの乗り換えを探しています。
    スタンガンはダンプトラックと乗り味はほとんど同じと聞きましたが、ダンプトラックに比べて

    ・ダンプトラック 154㎝=54-82kg
    ・スタンガン 150㎝=54-82kg、155㎝=68-91kg

    と推奨体重が1サイズずれているようですが、同じレングス同士だとダンプトラックよりスタンガンのほうが硬いのでしょうか?

    幅やサイドカーブ、Sロッカー形状などDAYLIFE-VERNIER155cmに一番近そうなのがSTUNGUN155cmですが、カービング性能とフレックスがいまいち情報が無いので教えていただけたら幸いです。
    体格は172cm57kgです。

  3. 24ta 様
    ご連絡頂きありがとうございます。

    DAYLIFE VERNEIER155のフレックスには満足されていますか?また、不整地でノーズのバタつきを感じていますか?

    STUN-GUNは、DUMP TRACKよりも柔らかく感じられ、カービング性に関してはDUMP TRACKに軍配が上がります。本来STUN GUNはクルーズする為のボードなので、”カービングもできる”というイメージです。名前こそ攻撃的ですが、乗り心地はフレンドリーで、スノーボード初心者でもエントリーできてしまいます。24ta 様はスノーボードキャリアの長い方かと思いますが、ある程度硬めのフレックスを好まれるなら、レイトモデルとして今年1月に登場したSPEED DATE 156Wideを候補に加えてみてはいかがでしょうか。

    SPEED DATE
    https://www.mojane.com/snowboard/speed-date

COMMENT

シェア