UNION BINDINGS

UNION BINDINGが誇る代表作
とにかく軽いCONTACT PROとULTRA

UNION BINDING 2017-2018 / CONTACT PRO , ULTRA

CONTACT PROとULTRAの共通点とは?

UNION BINDING ULTRA

僕がUNION BINDINGで一番気に入っているポイントは、アンクストラップの内側にある”隙間”です。カートリッジパーツを余計なモノだと勘違いしがちですが、実はこの隙間が足首をしっかりとホールドするポイント、UNIONならではの構造です。他ブランドのバインディングでは、通常ヒールカップ横にブーツをなぞる様についています。この場合、締め付け感はあるのですが、正面からのプレッシャーというよりも、巻き込むように締めるイメージです。UNITONのストラップは、そこに隙間を設けることで、より密着度のあるホールド感を生みだしています。

UNION BINDING ULTRA

XOFRAME AIRはトゥストラップにも。

2ピース構造で作られるEXOFRAME AIR STRAPはトゥにも付いています。つま先に装着してもよし、オールドスタイルのように、足の甲にストラップし、ヒールサイドのレスポンスを上げてみるのもまた一興。僕の中ではUNIONのトゥ側のエグゾフレームストラップは他社のトゥストラップと比べても一つ頭出ている印象を持っています。

UNION BINDING ULTRA

前後にポジショニング可能なヒールカップ

UNIONは、ブーツサイズに合わせてヒールカップを前後にポジショニング出来る機能あります。ボードの幅に自分のブーツのポジションを設定できる、”センタリング”と呼ばれるセッティング方法です。他ブランドでは、ボードとバインディングを繋げる”ディスク”というパーツでセンタリングを行いますが、UNIONはこのセンタリングをヒールカップで行います。UNION(Mサイズ)のバインディングで、おおよそメンズブーツの7~10.5inch(ブランドやモデルにもよります。)まで幅広く対応します。

CONTACT PROとULTRAを
両方使用したユーザーのレビュー

今回ご紹介した2モデル、CONTACT PROとULTRAを実際に使用したMOJANEユーザー谷君に、その感想を聞いてみました。
「コンタクトプロとウルトラを比較すると、軽くて動きやすいのがコンタクトプロ。軽くて動きやすいプラス足元がしっかりしているのがウルトラ。ストラップとハイバックが良いんだね。使用感は似ているけどウルトラはガッチリしている。ストラップがかなり良いと思うよ。軽く操作したくて、壁とかで遊びたいけど、ジャンプや急斜面もコブも行きたい人はウルトラ。条件の良い時だけでトラバースもいかないし、楽しくフリーランしたいならコンタクトプロがいいと思います。パウダーは長峰のオープンパーンくらいならコンタクトプロ、モイワやテイネのトラバースあるハードな感じならウルトラが良いかな。値段が全く違うしコンタクトプロの進化版がウルトラだと思う。」

UNION BINDING

今期のUNION BINDINGは、ジャパンリミテッドとしてリリースされるULTRA LTDにも注目が集まります。また、FALCOR(ファルコア)というニューモデルもラインナップに加わり、より強力な布陣となりました。毎シーズン革新的なアップデートを繰り返すUNION BINDING。今後にも期待が高まります。

UNION BINDING公式サイトhttp://unionbindingcompany.jp/

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア