再生可能素材から生まれた
サーフライクなスノーボード
WORKING STIFF

BURTON 2017-2018 FAMILY TREE ①WORKING STIFF

BURTONの中でも特別なラインナップとなっている”Family Tree/ファミリーツリー”。毎シーズン、ユーザーの意見や要望を積極的に反映した強力な顔ぶれが揃います。フリーライディングボードを中心に、ボードの発展を家系図(Family Tree)になぞらえて、そのDNAを受け継ぎ、次世代に託すことを目的としています。BURTONとディーラー、そしてユーザーがタッグを組んで生み出す参加型プロジェクトです。
2017-2018シーズンのFamily Treeは、過去最大のモデル数が発表されました。一体何があったのか⁉MOJANE注目モデルを3回に分けてレポートします。

参考ボードデーター 154cm ウェスト幅25.6cm サイドカーブ半径 8.0m

まずは、WORKING STIFF /ワーキング・スティフ。昨年度、ルスツリゾートで行われた試乗会で、開発者でもあるBURTON元契約プロスノーボーダーDAVE DOWNING/デイブ・ダウニング氏がプロトタイプを持参していました。プロトのボードは154でノーズからテールにかけてボードのコアが薄くなり、後ろ足にフィレオフレックス(バートンのテクノロジーの一つ)が搭載されていました。テールがベロベロに柔らかく、一方で、ノーズは硬く厚みが…。まるでサーフボードの様な作りに興味が湧きました。

試乗ボードの中でも人気が高かったWorking Stiffと田中アドバイザー。

この試乗会に参加した他ディーラー各位からも”楽に乗れる”という評判が聞こえて来ました。特に、サーフライクなライディングを好む方に好感触のようです。実際にこのボードを試乗してくれた平山君は、こんなレビューをくれました。

試乗会と言えばこの人。 豊富な知識と的確な分析でMOJANE SNOWを支える平山君。
「セッティングがとても大事でした。最初にREFポジションで乗った際、ノーズの重さとバタツキを感じ、エコー(札幌国際スキー場の中級者コース)を飛ばすには、物足りなさを感じました。そこで、セットフロント気味にセッティングし直したところ、ノーズのばたつきを抑え、テールの薄さが活きて、動きが出ました!見た目や常識にとらわれず自分の感覚でベストセッティングを探す楽しみがあります。レ・リズはノーズが本当に柔らかく、テールの足元が薄くセッティングされているので、よく動きます(トーションが効くイメージ)。実際にKnee Deep(膝上のパウダー)で使ってみたいですね!」

平山君のように、動くボードが好きな人はセットフロントで、また、ライディングスタイルによってはREFでも楽しいボードになるでしょう。

平山君が感じた後ろ足チャネルのディープコンケーブ。後ろ足のトーションをうまく使えば相当楽しいかも!?

WOKING STIFFは、BURTONの自社工場”CRAIG’S/クレイグス”でハンドメイドで作られています。再生可能素材をふんだんに使ったレ・リズのスノーボードは世界初。BURTONのサステナビリティへの積極的な取り組みにも期待が高まります!