Blog


yasuhide kuroki BURTON

チューンナップの匠、黒木康秀さんが語るスノーボードの世界

BURTON PRODUCT SERVICE 黒木康秀さんインタビュー

Burtonが誇る
チューンナップスペシャリスト

スノーボードムーブメントが一気に花開いた1990年代、スポーツとしての認知度を上げた2000年代、そしてオリンピックの中でも一際注目を集める競技となった今。激動のスノーボード史を彩る世界のプロスノーボーダー達を、チューンナップによって支えてきた日本人がいることをご存知ですか?

yasuhide kuroki BURTON

黒木 康秀さんBurton Japan Team Technician / Repair Specialist

バートンプロダクトサービスで活躍する黒木康秀さんは、スノーボード界の歴史的瞬間を数多く創り出してきた陰の立役者です。
ヘイキ・ソーサー、ピート・ピロイネン、シャノン・ダン、テリエ・ハーカンセン…。彼のチューンナップで偉業を成し遂げたライダーの名を挙げれば、キリがありません。

今年2018年2月に行われた平昌オリンピックでは、日本代表Burtonライダーの板を担当していたそうです。

今回はそんな黒木さんをお招きし、これまでのキャリアや名場面の舞台裏、スノーボードメンテナンスの大切さについて伺いました。スノーボードのバックステージ、チューンナップの世界を覗いてみましょう。

INTERVIEW
YASUHIDE KUROKI

yasuhide kuroki BURTON

チューンナップの入り口はインスブルック

moro : Burtonプロダクトサービスは、保証・修理といった、ユーザーやショップとの窓口になる部署ですが、黒木さんは主にどんなお仕事を担当していますか?

kuroki : リペアスペシャリスト/ジャパンチームテクニシャンとして、主にサービスセンター内でリペア作業等を行っています。チューニングでは、Burtonメンバーやチームライダーなどのギアをメンテナンスしています。元々は、ヨーロッパの”スノーボードクリニック”という会社で、修理のスペシャリストとして働いていました。オーストリアのインスブルックでチューンナップを覚えたんです。スノーボードクリニックではボードのインサートを作っていて、Burtonとも仲が良かったんですね。それが今に繋がっています。

burton

トップライダーたちの板の秘密

moro : 2018シーズンはオリンピックというビッグイベントがあり、世界中がスノーボード競技や選手、ブランドに注目しました。平野歩夢、マーク・マクモリス…。僕たちエンドユーザーはトップ選手と同じボードに憧れを抱くものですが、スノーボード選びで重要なのはモデルでしょうか?サイズでしょうか?

kuroki : モデルとサイズ、どちらも大切です。多くのライダーは日頃から使用しているボード(同モデル&サイズ)を大会で使用しています。憧れも大事ですが、モジェーンのような専門店に足を運んで、自分のライディングスタイルに合ったギアを選んでもらうことも重要だと思います。

moro : 因みに、トップ選手が使う板とお店に並ぶ板は同じものですか?それとも選手の板はそれぞれカスタムされているんですか?

kuroki : Burtonのチームライダーが使っている板は、皆さんが手にされる板と全く同じですよ。プロトタイプではなく、そのままを使っています。ただ、商品は常に次の開発に向かっているので、サンプル(発売前に展示会や試乗会で使用する物)を使っている事が多いですね。マクモリスも、片山來夢も、藤森由香も、みんなそうです。その中で本社(Craig’s)が興味を持ったライダーがいれば、色々試そうか、ということになっていきます。

moro : なるほど。そこからライダーが商品開発に関わって、シグネイチャーモデルへと進んで行くわけですね。

kuroki : 売れるものを作り出すというよりは、まず彼らが良いと思うもの、欲しいと思うサイズを再現します。JGやテリエの時も、最初はディテールよりシェイプに拘って、そこから少しずつサイズを変えて作り込んでいきました。そうやって完成したものがBurtonFamilyTreeラインです。コンペはコンペで、ショーン・ホワイトは通常のボードもサンプルボードも使っています。そこから「もっと硬い方が良い」等といった要望に合わせてプロトタイプを作ることもあります。テリエも、ベーパーはプロトを作ったりしましたね。

yasuhide kuroki BURTON

ビッグコンペのヨコノリな舞台裏

moro : 今年2月に行われた平昌オリンピックでは、LIVE中継で時折映るコーチ陣やスタッフ、チューンナップ道具等にも注目していました。ズバリ、あのバックヤードでは何が行われているのですか?

kuroki : 朝の公開練習では、何本かドロップインした後に、スタッフが撮影したビデオをコーチと確認しながら調整を行います。雪上コンディションが前日と違うことがあるので、ライダーと相談しながら、変化に合わせてチューニングを行っています。

moro : スロープスタイルの時に、レッド・ジェラード(USA)の板をチューニングしていたスタッフ にマーク・マクモリス(CAN)が板を渡しているシーンがあったのですが、チューンナップスタッフは国別ではないのですか?

kuroki : オリンピックではアメリカはアメリカのサービスマン、カナダはカナダのサービスマンというのが通常です。なので、頼りに行ったんじゃないですか(笑)。僕もよくそういったことがありました。TOYOTABIGAIRの時は、オフィシャルのサービスマンがいる中で、僕がチューニングをしているライダーが調子良い、っていうのが選手たちの中で話題になったらしくて。「やってもらえば?」みたいな事です。チャズとかNITROライダーなど、イエロ・エッタラもそうだし。僕は全然ウェルカムですけど、他の人たちがいる手前、自分でやるならいいよって渡してあげたりしましたね。

moro : それは意外でした。大会の現場で、他の選手が有利になるアドバイスを選手同士でしているという事ですよね?

kuroki : 選手同士が仲が良いと、そういった事が起こります(笑)。日本ではなかなか無い事だとはと思いますよ。最近の日本は、ヨコノリというよりも”競技”になってしまって、本来のスノーボーダーのノリが失われてしまったように感じています。でも、世界にはまだまだそういったヨコノリの空気が残っているんです。

moro : カルチャー要素が強かった90年代から、現在の先進的でコンペティティブなスノーボーディングまで、たくさんの大会や選手を見てきたと思いますが、昔と比べてチューンナップの方法は変わりましたか?

kuroki : ライダーが気に入ったボードを使用し続けるのは、今も昔も変わりません。ただし、大きな大会では、バックアップ(予備)本数が増え、それに携わる体制も変化しています。

yasuhide kuroki BURTON

維持か追及か、チューンナップの分かれ道

moro : MOJANEでは、ボード本来の持ち味を生かし、乗る人の好みに近付けるチューンナップを目指しています。特にニューボードは”誰よりも走るプレチューン”を目標にしていますが、黒木さんはチューンナップの重要性をどう捉えていますか?

kuroki : チューンナップは、ボード本来の持ち味を生かすことが大切です。ワクシング作業を何度か繰り返し、実際にライディングした感覚を吸い上げ、ライダー(乗り手)に合わせて仕上げていく作業が重要だと考えています。Burtonのボードは基本的に工場でオンライド(すぐ乗れる状態)に仕上げています。工程としてはダリングと、ディテューンと、バリ取り、ベルトワクシング。本当に買ったまますぐに乗れます。ですが、1週間乗り続けられるかというと、メンテナンスが必要です。因みにMOJANEではどんなプレチューンを行っていますか?

moro : MOJANEのプレチューンは、まずソールクリーニングを行います。海外の工場からお店に届くまでの間に静電気等によって吸着した汚れを落とす為です。次にユーザーに合わせたダリング、要望に応じたエッジチューンを施し、ワクシング、という工程です。エッジに関しては、まずはデフォルトで乗ってもらい、乗り慣れてきたころに調整していきましょう、という方針です。

kuroki : ボードのチューニングには2種類あります。まず1つは、買ったままの状態を維持して使う為のチューニング(錆取りやワックスなど)。もう1つは、ボードをカスタムして深めていくチューニングです。掘っていく人はずっと掘っていくし、スノーボードの面だけでスケートの様に滑る人もいます。深めるチューニングというのは、ライダーやお店の経験によって生まれてくるものです。僕がラッキーだったのは、やはり良い選手たちと仕事が出来たこと。それが次へ、次へと繋がりました。

moro : MOJANEもアドバイザーやヘビーユーザーの方々に、チューンナップの実験に協力してもらっています。自分だけでは比較できない事も多いですし、様々なスタイルのレビューを集めて、みんなで作り上げている感覚です。

kuroki : 今は、WEBサイトで誰もが何でも買えてしまうし、値引きや特典も多い。ですが、その競争で淘汰されて最終的に残るのは、メンテナンスのサービスをしっかり行っているかどうか、だと思っています。クレーム対応という意味だけではなく、アクティブスポーツに必要なケアが出来るかどうか。メンテナンスやチューニング、お客様のケアは、お金に換えられない部分で、ネットでは絶対に出来ない事だと思うんです。本当にスノーボードが好きな人が集まって出来ていくコミュニティの中で強まっていくと思いますね​。

yasuhide kuroki BURTON

黒木さんの多彩なチューニング

moro : Burtonメンバーズプログラムでは、一般ユーザーのチューンナップも受付けていますよね。実は数年前、黒木さんが施工したCUSTOM X FVを見る機会があり、「MOJANEでもこんな風に仕上げたい!」と思ったんです。それから僕なりに色々試す中で、黒木さんにアドバイスを頂くこともありました。黒木さんがチューンナップで心がけている事はありますか?また、印象に残っているオーダーはありますか?

kuroki : 心がけている事はヒアリングです。お客様にボードの使用状況や次の予定等をしっかりと聞いた後にチューニング作業に入ります。お客様からのオーダーで最も多いのは、エッジを立てたいということですね。では、どのくらい鋭角にしたいのか、という話になると分からないんだけども、エッジを立てたい(笑)。あとは、お子さんの板を扱う際に親御さんとお話をする事もあります。ダリングをしたり、乗り易くしたり、直してあげたり…。 選手の中には、ダリングなしで全部のエッジを立てて欲しい、という子もいますよ。パイプの降旗 由紀ちゃんなんかは、1発目からのマックツイストをやりたいから、エッジに信頼を置きたいっていうことでダリングはほとんどしません。インパクトのある要望でした。

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, , ,

COMMENT

シェア

MOJANE [モジェーン]

営業時間 12:00-20:00 水曜定休
北海道札幌市 中央区南3条西1丁目12番地2F