YES NOW BOARD

YES NOW BOARD 2017-2018
注目の4モデルの解説とレビュー

YES NOW BOARD / Pick Your Line, STANDARD, 20/20, OPTIMISTIC

YES NOW BOARDのラインナップから
4本のボードを試乗しました

パウダー・フリースタイルを定義付けたYES NOW BOARDの2017-2018ラインナップ。MOJANEユーザーの中でも経験豊富な3名のスノーボーダーに協力していただき、試乗レビューをまとめました。
今回試乗したのは以下の4本。
1:Pick Your Line(ピック・ユア・ライン)
2:STANDARD(スタンダード)
3:20/20(トゥエンティー・トゥエンティー)
4:OPTIMISTIC(オプティミスティック)
レビュアーを引き受けてくれたテストライダーは斉藤君、ライ君、平山君の3名です。
2017年3月8日(水曜日) キロロスキー場にて試乗。前日から十分な降雪があった定山渓〜赤井川エリア。YESに乗るならパウダーで!申し分なしのコンディションでの試乗となりました。

1:YES NOW BOARD”PYL”Pick Your Line
(ピック・ユア・ライン)

YES NOW BOARD "PYL"  Pick Your Line
YES NOW BOARD “PYL” Pick Your Line/斉藤くん
YES NOW BOARD "PYL"  Pick Your Line
YES NOW BOARD Pick Your Line
YES NOW BOARDを代表するモデル”PYL”は、ファウンダーの一人であるDCPことDavid Carrier Porcheron(デイビット・キャリア・ポーチェロン)のシグネイチャー・ボードです。”ピック・ユア・ライン”というコンセプトがそのままモデル名になっており、DCPのスノーボードスタイルを表現しています。YES NOW BOARD初期からリリースされているモデルで、このブランドが好きなライダーは必ずチェックしているモデルです。
“PYL”には、昨シーズンよりテーパード・アンダー・バイトと呼ばれる機能が加わりました。これは、スノーボードに3つのサイドカーブを持たせたもので、ノーズがテールよりも大きく設計されています。ノーズからテールにかけて並ぶ大小のカーブが突起となりウィングを作ります。それによりアイシーなコンディションでもパウダーのようなストレートラインを刻むことが出来ます。ベンドは、足元はキャンバー、ノーズとテールがロッカーというCAM ROCK(キャムロック)。DCPはどこでも同じようなフィーリングで突っ込めるボードを作りたかったのだと想像します。多くのシングルサイドカーブのテーパードボードでは、ターン時にボードがずれやすく、気持ちの良いカーブが続きません。”PYL”は、そこに着目した新しいディレクショナルボードです。これまでは上級者向けのボードというイメージがありましたが、次年度のモデルはちょっと違うようです。


Pick Your Line TEST RIDER 斉藤君のレビュー

YES NOW BOARD "PYL"  Pick Your Line
Pick Your Line 斉藤君
DCPと言えばこの板。ゴリゴリ縦に落としながら滑る印象を持っていました。そしてまさにその通りの板ですね。パウダーラン向けですが、浮遊感を感じる板ではないので、テールを踏みながらグイグイ落として行くイメージです。2段階にテーパードが入っているのでテールが細く、ノーズを上げやすくなっていると思います。サイズの影響もあると思いますが、今までのPYLに比べて柔らかく感じました。今までの”乗り手を選ぶ板”ではなくなった様に思います。とは言え柔らかくはないので、ある程度の脚力がある人向けかも知れませんね。ただ、やっぱりこのボードはかっこいいので、気になってしまいます。

2:YES NOW BOARD/STANDARD
(スタンダード)

YES NOW BOARD STANDARD
YES NOW BOARD STANDARD/平山君
YES NOW BOARD STANDARD
YES NOW BOARD STANDARD
YESのエントリーモデル”BASIC”を基盤に、スペックをレベルアップさせたのがSTANDARDです。”ディレクショナル・ボリューム・ツイン”(DV・TWIN)と呼ばれるこのボードのデザインは、ノーズとテールのティップ(反り)の高さを変えていることと、ノーズとテールの大きさを通常のアウトラインよりも若干大きくしている点が特徴で、過去に”TDF”というモデルで高評価を受けています。
STANDARDには既存のDV・TWINからアップデート機能として、インサート・ホールパターンにエクストラ・ホールが付いています。最大にセットバックされたポジションでディープ・パウダーも難なく攻めることが出来ます。ベンドはCAMROCKですが、フリーライディングからパークまで、全てにおいてハイレベルな地形が揃う北海道のゲレンデで大活躍するのではないでしょうか?


STANDARD 156 TESTRIDER ライ君のレビュー

YES NOW BOARD STANDARD
STANDARD 156 ライ君
僕は、どんなボードでも後半に伸びてくる気持ちの良さを重視しています。STANDARDはピステンでの最初のターンで、このボードのターンとカービングの質が分かると思います。山周りターンの始まり~中盤にかけて弾力があり、踏み込んだ時に応えてくれるような反応の良さがあります。切り返してカーヴィングに入る時にはエッジが雪面を捉え中盤にスムーズに繋がり、ターンのポップ感(軽さではなく手応えのある踏み込み、反発の反応の良さ)と滑らかなカーヴィングターンを可能にしてくれます。
遅れがちな次のターンへの運びをうまく繋いでくれますし、壁遊びやギャップでのスピンも全くストレスを感じません。また、スイッチでも同様で、正直苦手なスイッチも、普段の2倍は上手くなった気になりました。自分の想像するターン弧に近いカーヴィングが出来るので、これからスイッチの練習をしたい人、貪欲にスイッチを磨きたい人にお勧めします。カービングの良さが特徴なので、大きくクルージングをしたいなら他のボードという選択肢もありますね。ターン後半での気持ち良さを狙うなら他のディレクショナルボードのほうが良いはずです。ピステンで気持ち良いカーヴィングが出来ただけに、パウダーエリアでは少しデメリットもあるのかなと思いましたが、パウダーエリアも問題ナシ。ノーズとテールの違い(DV・TWIN)によって、パウダーにも行ける感じなっているそうですが、僕レベルでは分かりませんでした。が、ピステンを気持ちよくカーヴィング出来て、なおかつ”普通”にパウダーライディングが出来るボードという点で押さえておきたいです。違いのわかる中~上級者で、スイッチにも比重を置きつつ、ポップなカーヴィングで山全体(パウダーエリア、ピステン、キッカー)で遊び回りたい人にオススメしたいです。このボード、惚れますねー!


STANDARD TESTRIDER 斉藤君のレビュー

YES NOW BOARD STANDARD
STANDARD
YESは何かに特化した極端な板が多いイメージがあったのですが、STANDARDはシンプルでオールラウンドに楽しめる板だと思いました。朝一のパウダーを頂き、ゲレンデでフリーランを楽しみ、キッカーで浮遊感を味わえる様な。1本の板でなんでもこなしたい人向けかなと思います。今年はどの板乗ろうかと悩んだら、これを選んでおけば問題ないですね笑。僕が選ぶとしたら、国際で朝イチのサラッとパウダー後にフリーラン、キッカーの様なルーティーンに使いたいです。
自分は163のBURTON LANDLOARDでもキッカーに入って練習するので、これくらいのロッカーであれば15m規模でも問題ないと感じます。ロッカーといってもキャムロックなので、エッジホールド感は抜群でした。キャンバーのようなエッジングだったので、後からロッカーベースのボードと知って驚きました。なぜかみんなと話が噛み合わないなと思っていたら…そういう事だったのですね笑。自分的には、浮力はやはり他のディレクショナルのキャムロックに比べて無かったです。エキストラ・インサートホールパターンを試してみたかったですね。


STANDARD 156 TESTRIDER 平山君のレビュー

YES NOW BOARD STANDARD
STANDARD 156 平山君
僕がキャンバーボードを試乗するときに意識するのが安定感と回転性です。STANDARDは、そのバランスがとても良いボードだと感じました。トゥルーツインキャンバーボードにしてはパウダーでの浮力感があり、ある程度の深さになってもポップ感のある動きが出せ、ピステンではクセのないクリーンなエッジホールド感、そしてもちろんスイッチでの操作性もバッチリでビッグジャンプでもある程度の信頼をおけるボードだと思います。パウダー、カーヴィング、キッカー、どのジャンルでも高いレベルのポテンシャルを出せるオールラウンドボードです。
過去の名板に例えて言うなら、X8Vキャンバーを更にハイエンドにしたようなイメージです。個人的にはどんなコンディションでも1本のボードでシーズンを過ごすならこのボードに乗りたいなと思いました。その反面、オールラウンドボードの宿命かもしれませんが、どのジャンルにおいても”そつなくこなす”ボードでもあります。突出した特長がないので、コンディションに合わせて複数のボードを使い分けている人にとっては、使い所の無いボードになってしまうかも…。どんな時でも1本でやるのがカッコイイしょ!っていうスタイルの方は是非!

1 2
Categories : SNOWBOARD
Tags:, ,

COMMENT

シェア