firewire

FIRE WIRE|北海道の波が楽しくなる
初中級向きの3モデル

ケリー・スレーター監修のハイテクサーフボードの選び方

FIREWIREで
サーフィンはもっと面白くなる!?

サーファーに立ちはだかる壁は人それぞれ。テイクオフだったり、ゲットアウトだったり、アップス&ダウンスだったり。FIRE WIRE(ファイヤーワイヤー)は、誰もが経験するサーフィンの「壁」をいとも簡単に飛び越えられるサーフボードです。

FIRE WIREのボードは、サーフィンに関するあらゆるデータを解析してデザインされた既製品です。フルオーダーが主流だったこれまでのサーフボードとは違い、数値を選ぶだけで自分にピッタリなスペックが手に入ります。

Akira Shindou

FIRE WIRE JAPAN | Akira Shindo

プロ集団が生み出す完璧な既成ボード

既製品でありながら、誰もが驚く乗り心地を実現しているFIRE WIRE。その開発は、サーフボードシェイパーやテスターの経験とアイディア、そして膨大なデータベースが元となっています。

中でも、現役チャンピオンシップ・ツアーライダーからのフィードバックは、ネームバリューに留まらない大きな指針となっているようです。

その一人が、世界チャンピオン11回という偉業を成し遂げるケリー・スレイター(KELLY SLATER)です。2016年、ケリー・スレイターがTHE CHANNEL ISLANDからFIRE WIREへ電撃移籍したというニュースは、スノーボード界にまで広がり、更に注目度を上げました。

トップサーファーの為だけでなく、サーフィンを楽しむ全ての人に最適なサーフボードが届くように。そんな思いが伝わってくるブランドです。 

firewire

初・中級者の
FIRE WIREの選び方

FIREWIREのサーフボードを選ぶ際に知っておきたい3つのポイントをまとめます。少し頭に入っていると、ショップで注文する際もスムーズに相談できるのではないかと思います。

【1】FIREWIREのラインナップ

FIREWIREは、大きく分けて5つのテーマに分けられています。PEFORMANCE, EVERY DAY, GROVELER, CROSS OVER、STEP UPです。その中で更に、日本限定モデル、SLATER DESIGNE(ケリー・スレーター監修)やTOMO(DANIEL THOMSON監修)、MACHADO(ROB MACHADO監修)、LONG BOARDというカテゴリがあります。

FIRE WIREの5つのカテゴリ
・PERFORMANCE パフォーマンスの向上を目的とした中上級者の為のショートボード

・EVERYDAY あらゆる波の状況で毎日乗ることを想定したオールラウンド性の高いショートボード

・GROVELER 小波やトロ厚いパワーレスな波でもパフォーマンスボードの様な動きを出すボード

・CROSS OVER ショートボードの性能とミッドレングス〜ロングボードの性能を掛け合わせたシリーズ

・STEP UP アベレージより大きくパワフルな波にチャージすることを想定したボード

初中級者向はEVERY DAY, GROVELER , CROSS OVERの中から選ぶ事となるでしょう。FIREWIREでは、上級者が大波にトライする為のシリーズも多くあります。いくらボリュームが合うとはいえ、それを選んでしまっては本末転倒です。

【2】ボリューム(容積・浮力)

サーフボードが海面でどれだけ浮くか、安定するかを数値化したものが、リッター(L)です。
適正なリッター数は、ボードの種類やレベル、体型によっても変わりますが、初心者向けとしては34L~38Lの間をチェックしましょう。

サーフィンを続けていると、レベルに応じたボードに乗り換える場面が何度もあります。リッター数はパフォーマンスを生むボード選びの鍵になりますので、マイボードのスペックを覚えておくと後々役立ちます。

【3】レングス(長さ)

初心者のサーフボード選びは、長さも重要です。基本的には、ボードのレングスが長い程、海面でバランスが取り易くなります。例えば最初の難関、テイクオフを早く習得したいと思うなら、長めのボードがおすすめです。浮力や安定性といったレングスの力を借りることで、テイクオフの成功率が上がります。ただ、実用性の上では車内に積める長さであることも大切です。事前に確認をお忘れなく。

また、レングスが短くリッター数が多いボードにはご注意を。テイクオフで体を反らす動作をマスターするまでは、レングスが短いとノーズが沈みやすくなり、ボードに立つ前に倒れてしまいます(パーリング)。短くボリュームのあるボードは、海のコンディションや波質の違いを理解し、自分の好きな波を選べるようになってから取り入れると、オールマイティーに使えるボードとなります。

北海道の波に合う初中級向き3モデル

2019年8月、北海道で初めてのFIRE WIRE試乗会が開催されました。MOJANEが注目しているのは、北海道のパワーレスな波でも機能を発揮するモデルです。数あるラインナップの中から、お勧めのボードをご紹介します。

まずは定番モデルの中から注目して頂きたいのが、GREEDY BEAVERとCAMBER(現在はTWICE BAKEDにリニューアル)。GREEDYは初心者に、CAMBERは初~中級者にフィットするモデルですが、パフォーマンス性が高いので、レベルが上がっても乗り続けられます。乗れば乗るほど発見があるので、レベルアップが実感できるところも楽しさに繋がります。

GREEDY  BEAVER

GREEDY
BEAVER

GREEDY  BEAVER

グレッディ ビーバーby DAN MANN 2015

FIRE WIREを代表するベストセラーボードの一つです。ロングボードを短くしたような、ボテっとしたアウトラインですが、オープンフェイスの波ではショートボードの様なマニューバーが可能。適正サイズで乗ることができれば、最高の小波ウェポンになります。

6’2(190cm以上)のレングスでは、ゆっくりな波で気持ちよくサーフィン出来るファンボードに変化します。僕の場合、身長体重で選ぶ適正サイズは5’10 ですが、長さが欲しかったので6`2をチョイスしました。長めのレングスはパドル力に自信がない方にもおすすめです。
シーズン始めに体を慣らしたり、肩の力を抜いて楽しめるボードです。スノーボードに例えると、YES NOW BOARDのTHE420!テイクオフができる方は、是非このボードに跨ってみてください。

CAMBER

CAMBER

キャンバーby DAN MANN 2016

日本限定モデルで、現在はTWICE BAKEDと名前を変えてアップグレードされています。CAMBERはFIRE WIREではグロベラー(ご機嫌とりという意味)というカテゴリーに属し、オンショアに叩かれたパワーレスな小波や、満潮で割れづらくなったポイントでも遊べるボードです。

後ろにボリュームがあり、ショートボードに挑戦する前のステップとして最適です。CAMBERのルックスはみた限りショート・ボードではあるものの、幅、厚みは通常のショートよりも大きく異なります。幅がありすぎると、パドリングがしにくくなるので、身長が低い方や手のリーチが短い方はボードの幅に注意しましょう。

僕は、首の怪我でサーフィンが出来ない時期がありましたが、このボードを踏み台に本格的なショートボードへ復活したい、という思いがあり、リハビリボードとして選びました。スノーボードで例えるなら、BURTON FAMILY TREEのボトム・フェダー150に乗っているイメージです。 

NO BRAINER

NO BRAINER

ノーブレイナーshaped by DAN MANN 2019

2019年の新作は、ケリー・スレイターが信頼を寄せるシェイパー、ダン・マン(DAN MANN)を招き、共同制作で完成させたノーブレイナー。直訳すると「空っぽの脳みそ」、つまり、何も考えなくてもサーフィンが出来るというコンセプトで作られたモデルです。

このボードを開発するにあたり、ケリーからのリクエストは、「地元フロリダの小波でもサーフィンが出来ること」だったそうです。フロリダの小波は、北海道でいうところの結構な大波ですが、それでも北海道に適していると感じた点がいくつかありました。


【POINT1】低いノーズロッカー

反り上りが低い事をローロッカーと呼びますが、ローロッカーはパワーレスな波でテイクオフがしやすい特徴があります。特に、浜厚真の様な波にフィットするのではないでしょうか?ロッカーがそり上がれば反り上がるほど、掘れた波(スノーボードのハーフパイプが内側に巻いているような波)に適します。


【POINT2】フラットセクション

ボードの真ん中部分は、ほぼフラットです。パドリングでは安定感があり、スピードを生み出します。初心者や中級者に必要なのは安定感、テイクオフでのパドリングでボードがフラつくとボードが進み出せません。


【POINT3】見た目以上の浮力

サーフボードには浮力が大切になってきます。初心者には初心者に必要な浮力、上級者には上級者の浮力が必要になります。このボードは見た目が経験者が乗る様なショート・ボードのパフォーマンスボードです。しかし、このボードはそんな見た目にも関わらず、パドルのしやすさ、ボードにまたがった時のバランスの良さが際立ちます。この見た目では感じられることのない浮力があります。もともと浮力のあるボードに乗ってきた自分が言うので間違いありません。 


【POINT4】SLATER DESIGN

SLATER DESIGNは、ケリー・スレイターが監修するラインナップです。彼のハイパフォーマンスなサーフィンを観れば、このボードが決してビギナーの為にあるボードではない事がお分かりいただけると思います。最終的にはリップアクションを目指せるポテンシャルを持ったボード、スノーボードで例えるとまさにBURTON CUSTOM-X FVが出た時の様なインパクトです。

ダン・マン(DAN MANN)
シェイプ歴20年以上の大ベテランのロングボーダー。ロングボードのシェイプはもちろん、ショート・ボードやファンボードのシェイプも得意とする。

注目度NO.1はNOBRAINER

NO BRAINERは、GREEDY BEAVERやCAMBERと同様、オンショアに叩かれたパワーレスな小波でも扱えますが、基本的には大胆なリップアクションを行う為のパフォーマンスボードです。ショートボードのルックスに、ファンボードの様な安定感が加わったとイメージしてください。ドルフィンは出来るし、テイクオフも驚くほど安定しているので、ボードの上に立つ動作を反復して練習している方に、最適なボードデザインです。

NO BRAINERは、パフォーマンス性が高いボードでありながら、脱ソフトボードを狙う初中級者、体力やバランス感覚の強化中のエントリー層やカムバック組にもお勧めできる珍しいモデルです。また、「大きなボードが欲しいけど車に乗らない」という方にも、チェックして頂きたいです。

NO BRAINERレビュー
過去に僕が手に入れた2本のFIREWIREも、Dan Mannがデザインしたモデルでした。彼が得意とするボトムコンツァー(水流を作るサーフボードの底のデザイン)は、パフォーマンスボードよりもファンライクなGOLOVERやCROSS OVERのラインナップボードで真価を発揮しているように感じます。名作GREEDY BEAVERをはじめ、CAMBERの基となったBAKED POTETOやSWEET POPTETO(FWでは廃盤?)は、彼のサーフィンのノウハウが凝縮されています。NOBRAINERは、それらの要素をパフォーマンスボードに持ち込み、見事に融合させたボードです。ボードが持つバランス感は圧倒的で、パドリングから楽しめます。僕はこのボードを、浜厚真ウェポン、ハイパフォーマンス・ファンボード!と呼びたいと思います。

shota morohashi
レビュアー 諸橋 正太
181cm/76kg
2時間に5~8本。カットバック練習中。
NSAサーフィン検定3級に挑戦できるレベルです。

Categories : SURFING
Tags:, ,

COMMENT

シェア