surf

【北海道版】サーフィンを始めよう!

ビギナーの為のサーフグッズと選び方

スノーボーダーの夏、何をする?

北海道の短い夏、スノーボーダーの皆さんはいかがお過ごしですか?スノーボーダーの夏の過ごし方としてMOJANEが提案しているのが、サーフィンです。

暖かい地域で行うイメージが強いサーフィンですが、北海道でも通年楽しむことが出来ます。3S(SNOWBOARD,SURF,SKATEBOARD)という括りだけでなく、天気図を見ながら波を予測したり、ロングドライブをしたり、道具のお手入れまで、スノーボードに行くプロセスにとても似ています。

サーフィンの魅力は、なんといっても全身で自然を感じられること。難易度の高いスポーツではありますが、海に浮かんでいるだけでもリラックスでき、波の上を走る感覚はスノーボード以上の快感があるかも知れません。今回は、北海道でサーフィンをゼロから始める為の道具を詳しくご紹介します。

surf

北海道のサーフィン事情

北海道の海水温は冷たく、夏でもスイムウェアでサーフィンが出来るほどまで上がりません。ですが、ウェットスーツさえ着用すれば、比較的人の少ない海で贅沢にサーフィンが楽しめるので、道外・海外からもサーファーが波を狙って訪れています。常に良い波があるとは限りませんが、冷たい海水温さえ攻略すれば、北海道はサーフィンに適した場所だと言えます。

surf

初心者の為のサーフ道具リスト

では、北海道でサーフィンを始めようとした時、どんなアイテムを揃えなければならないか。まずは必須アイテム6つと、おおよその予算を併せてチェックしていきましょう。

wetsuits

1.水温に合ったウェットスーツ

北海道のサーフィンは、ウェットスーツなしに始まりません。水温対策としてだけでなく、漂流物やクラゲから身体を守ったり、海で身体を浮き易くしてくれる大切な道具です。

ウェットスーツの生地は、水温に合わせて様々な素材や厚みのものがあります。適切なウェットスーツを着用すれば、真冬の海でもサーフィンが出来ます。最も重要なポイントは、寒冷地でテストを重ねた日本製のウェットスーツを選ぶ事。高品質な日本製は、海外のトップサーファーの御用達でもあります。水温が暖まる夏だけサーフィンをするのなら既成のウェットスーツでも十分ですが、水温が低い春・秋・冬は、自分の体に合わせたフルオーダーが好まれます。筋肉の付き方や体型により既成サイズでは不安がある方、各部のサイズに個人差が大きい女性は、身体にストレスが掛からないフルオーダーをお勧めします。
【種類】夏:フルスーツ 冬:ドライスーツ 春秋:セミドライスーツ
【価格の目安】既成サイズ:夏 3万~6万円 フルオーダー: 7万~13万円

wetsuits

2.ブーツ、グローブ、キャップ

ウェットスーツと併せて用意したいのがブーツ、グローブ、キャップといったウェットスーツアクセサリーです。冷たい海水から手足や頭部を守ります。北海道では、秋冬春はもちろん、地域によっては夏でも活躍するアイテムです。是非試着し、フィット感を試してから選びましょう。ウェットスーツ同様、MADE IN JAPANがお勧めです。ブーツやグローブは、ウェットスーツとの相性があるので、同一のブランドで揃えると安心です。他ブランドで組み合わせるときは、ショップで相談したりレビューを参考にすると良いでしょう。
【価格の目安】ブーツ:7000~15000円 グローブ:5000~9000円 キャップ:6000~8000円

MF softboard

3.サーフボード、2つの入り口

サーフィンの道具選びで、最も心が躍るアイテムがサーフボードです。サーフスタイルやレベルに応じて、様々な素材・形状のサーフボードがあり、今尚進化を続けています。基本的に、技術レベルに応じて数本を乗り換えていく人が多いです。今回はエントリーモデルのサーフボードを選ぶポイントをご紹介します。

(1)ソフトボード
サーフスクールでも取り入れられているビギナー向けのボード。スポンジ素材で覆われ、ビード版の様に浮いてくれるので、サーフィンのファーストステップにぴったりです。殆どの方はソフトボードで基礎を身に付け、通常のサーフボードに乗り換えます。MOJANEのお勧めは、見た目重視の方も納得のMFソフトボード。上達してからも手放すことなく長く遊べるスペックです。【価格の目安】3〜8万円

(2)サーフボード
通常のサーフボードからもエントリーすることができます。その場合、浮力と安定性を備えた大きめのボードからスタートしましょう。
サーフボードは、膨大なデータを元に作られた既製サイズと、自分の体形やレベル、色デザインを全て好みに仕上げられるオーダーメイドに分かれます。いずれも素材によって価格帯は大きく異なり、現在の主流はポリウレタン (PU)です。強度、しなり、生産性が高く低価格なのが特徴です。また、最新素材のEPSやハイデンシティーフォームは、高額ではあるものの、軽く浮力もあるため、初心者・体力に自身が無い方にもオススメの素材です。【価格の目安】12〜18万円

fin

4.多種多様なフィン選び

サーフボードの舵の役割を担うパーツです。フィンとサーフボードが一体となったクラシカルな「オンフィン」、フィンボックス(フィンカップ)が埋め込まれた「リプレイスメント・フィン」の2種類に分けられます。昨今のサーフボードは、リプレイスメント・フィンが主流で、フィンのサイズや硬さ、本数などを自由に変えて、ボードの乗り心地やコントロール性能を変えることが出来ます。

フィンには様々な大きさ、素材、形があり色やデザインも豊富でサーフボードのアクセントにもなります。初心者はソフトフィンと呼ばれる柔らかいフィンがお勧めです。【価格の目安】6000~24000円

leash

5.事故防止のリーシュコード

サーフボードと身体を繋ぐ命綱のことで、パワーコードとも呼びます。サーフボードが流れて接触事故が起きないようにする意味でもマストです。波のサイズやボードのサイズによって長さやコードの太さを選びます。サーフアクセサリーの中では特にブランド数が多く、使い心地やカラーリングも様々です。メーカー毎に特徴がありますので、信頼出来るリーシュコードを選びましょう。また、リーシュコードは消耗品です。使用後はよく流水で洗い、使用回数に関わらず安全の為に毎年交換しましょう。僕は、金属パーツが錆びついてきたら交換します。
【サイズ】6f, 7f, 9f, があります。6’3f以下のサーフボードには6f、6’3f以上のボードや大きな波にトライするときは7fがオススメです。9fのリーシュは、8f以上のロングボードで使います。

deck pad

6.操作性を上げるデッキパット

サーフボードのテール部に貼る滑り止めのことで、トラクションパッドとも呼びます。サーフボードを思いのままに操作する為には、足全体を使ったグリップで行うテールコントロールが重要です。基本的に6’2以下のサーフボードに貼りますが、もちろん例外もあります。お店の人に相談し、適切なデッキパットを選びましょう。サーフボードやリーシュとのカラーコーディネイトもお忘れなく。【価格の目安】6000~7000円

1 2
Categories : SURFING
Tags:, ,

COMMENT

シェア