Blog


サーフィンとスノーボードを独自の視点で結ぶ ローカルヒーロー、田中鬼軍曹の素顔に迫る。

THE CAST FILE NO.01 田中 岳宏

インストラクターやサポートライダーといった様々な顔を持ちながらも、プレーヤーとして探求し続ける田中岳宏氏。上達に対するストイックな姿勢から”鬼軍曹”の異名を持つ彼ですが、その厳しくも的確なアドバイスによってレベルアップした人は数知れず…。
そんな彼が北海道のローカルヒーローとして君臨するまでの道のり、上達の秘訣などを聞いてみました。

INTERVIEW
TAKEHIRO TANAKA

サーフィンを始めた頃は泳げなかった

moro : スノーボードを始めたきっかけについて聞かせてください。

tanaka : 学校を卒業して、塗装の仕事始めて2年目かな?20歳の時。それまでは釣りにしか興味がなかったんだけど、同僚がスノーボードをやってて、暇つぶしにやってみようかなって。最初はミナミスポーツでBURTON一式を揃えたんだ。


moro : :初めてMOJANEに来店したのはその後ですか?

tanaka : 友達のスノーボードを探しに、一緒にいろんな店を見に行って、そのうちの1つがMOJANEだった。なんか良さそうな店だな、という印象を受けたよ。当時の中島専務が担当して、友達は一式買ってたね。


moro : その頃のMOJANEは、まだサーフィンを取り扱っていませんでしたよね。サーフィンを始めたのはどの様な経緯でしたか?

tanaka : 会社の先輩がやってて、一緒に行ってみようと思ったのが最初。冬はスノーボードで盛り上がってたけど、夏にやることがなかったから22歳で始めたんだ。


moro : 僕たちは「初心者の田中さん」が想像できません。初めて行った時はどうでしたか?

tanaka : 海に行ってみて、単純に楽しくて続けられそうだと思ったのを覚えてるね。10回目くらいで当時ムラサキスポーツのアドバイザーだった岡島さんが「道東にいかない?」って誘ってくれたんだよね。


moro : 初心者にはハードなポイントですね。

tanaka : それまで、浜厚真とかの小波しか知らなかったから「こんなので盛り上がってんの?北海道ってちっちゃいんじゃないの?」ってナメてたんだけど、道東に行ったら波が頭半くらいあって「で、でけぇ~!」ってwww
その時のポイントは玉石のビーチで、そんなところに入ったことなかったから波の勢いに驚いた。でも、女の子とかも普通に出てくるんだよね。
※玉石の地形は、時にボードが壊れる程のパワフルな波が特徴。


moro : 田中さん、泳げないって言ってましたよね?

tanaka : そう、泳げなかった。パドルして、ちょっとアウトしたら足が届くかチェックして、足が付かなかったら戻る、みたいなのを繰り返してた。道東でも当然足は付かないし、インサイドで捕まって、アウトに出るまでにすごく時間がかかった。この波だったら行けると思っても、いきなり巻いてくるから「うぉ、こえ~」ってw


moro : 特に初めてのポイントでは、地形や波質を知る必要があります。

tanaka : そう、最初は何も分からないから、一緒に行った人に「こうだよ、ああだよ」って教えてもらいながら。結局その時は2本しか乗れなかった。その2本目で、バックサイドでターン出来たのを見ててくれた人がいて。「いまよかったね」って言ってもらえて「ハイ!!」みたいな。まぁ、当時は何が良いか悪いかも分かってなかったけど


moro : その言葉をもらえたのは上がりますね。

tanaka : 次に行ったポイントも波が頭くらいあって、初心者の俺らはカレント強すぎて流されてる状態だったよ。そうやって散々でかい波見てると、目が慣れてきてちょっと怖さも無くなって、だんだん普通にできるようになってた。


moro : 荒れた波や大きい波に入って恐怖心を無くす、というのは良い方法ですよね。そういった練習は、教えてくれる人の存在が大きいです。因みに、最初の道具はどうやって揃えたのですか?

tanaka : その時のサーフボードは、会社の先輩の物置にあった使ってないヤツ。昔にしてみたら斬新な5’9のデザインで、ストリンガー(真ん中の芯)からヘコんでるんだよね。黄色くてボロボロで、大丈夫これ?みたいな。遊びだからいいんだけど、皆みたいな白い板が羨ましかった。そこから2、3本買ったかな。それでだいぶ上手くなったな。

1 2

MOJANE [モジェーン]

営業時間 11:00-21:00 水曜定休
北海道札幌市 中央区南3条西1丁目12番地2F