surfboard wax up

サーフボードのワックスアップで
パフォーマンスを向上させよう。

サーフボードのメンテナンス①ワックスアップ

ワックスアップで気分も一新!
サーフボードの性能を引き出す基本のメンテナンス

ワックスアップとは、サーフボードに塗り重ねたサーフワックスを綺麗に剥がして新たに塗り替えること。その手順や効果をご紹介します。
サーフボードの上では、両足の指先までをフルに使った、パワフルで繊細な体重移動を行います。そのバランス運動を助けるのが、サーフワックスのグリップ力。ワックスが滑り止めとなり、確実なボードコントロールへと繋がります。ワクシングが不十分なボードでは、足が滑ってボードから落ちてしまったり、テイクオフのポジションが掴めなかったり。心当たりのあるビギナーさんは、今一度ワクシングを試してみてください。サーフボードのワクシングは、サーフィン用の固形ワックスを塗り重ねるのが基本です。殆どの場合、ベースワックスと水温に合わせたトップワックスを重ね塗りします。海に入る前は、毎回トップワックスを塗りなおすのが一般的です。

waxing

サーフィン用のワックスは、グリップを効かせるための”粘着質”が特徴です。ベタつくワックスを数ミリの厚さに塗る為、砂や海中の汚れを吸着しやすく、その効果は使用するほどに低下していきます。汚れを含んだワックスの上にトップワックスを塗り重ねていくと、やがて不純物を多く含んだぶ厚いワックスの層が出来てしまいます。厚みを持ったワックスは、ボードの浮力に影響を与える程の重さとなっています。これでは、サーフボードの性能を十分に発揮することは出来ません。また、ワックスを厚く塗り重ねても、ワックスの効果は比例しません。気持ち良くサーフィンをする為にも、こまめなワックスアップをお勧めします!

ワックスアップの手順

surf board wax up
surf stands

サーフボードのワックスアップに必要な道具は、リムーバーとスクレイパー、ウェス、そしてサーフボードスタンド。サーフワックスの成分はエコロジーなものが多いですが、床や地面に落ちると張り付いてしまい、お掃除が大変です。特にアスファルトなどの凹凸があり熱を持ちやすい地面や屋内で行う場合はシートを敷く等、環境に合わせた準備をしてください。

surf board wax up
surf board wax up

スクレイパーを使い、ボードの中心に向かって汚れたワックスを剥がします。フットプリントがついたボードでは、凹みにワックスが残りますが、まず全体的にワックスを剥がしましょう。ワックスをボードの中央に集めるとワックスくずを床に落とすことなく作業が出来ます。

surf board wax up
surf board wax up
フットプリントに残ったワックスはレバーの端でこすりながら落とします。中央に集めたワックスくずをゴミ箱に落とし、リムーバーを噴射します。リムーバーを噴射すると、10秒程度で取り切れなかった頑固なワックスが溶けてきます。再度スクレイパーで全体をこすり落とし、ウェスを使って拭き上げます。

surf board wax up
surf board wax up

トップのクリーニングが終わったら、次はボトム(裏面)へ。ボトムに付着したワックスもしっかり拭き取りましょう。ボトム面をよく見ると、思いのほかワックスが付着して汚れていませんか?その主な原因は、サーフボードケースにあります。ケースに仕舞う際は、ワックスを塗ったサーフボードのトップ面と仕舞う際のケースの面を統一しておくことで、ボトムへのワックスの付着を防ぐことが出来ます。北海道でも夏は車内温度が高くなるため、移動中や保管中にケースに溶け移ったワックスがボトムに付着します。ボトムにワックスが付着すると、水の抵抗となり、テイクオフの妨げとなってしまいます。最後に、リムーバーが蒸発するまで、サーフボードスタンドなどを利用して、しっかり乾かしましょう。リムーバーが乾く前に新しいワックスを塗っても、滑ってワックスが乗らないのでご注意を。

ワックスアップの頻度について

surf board wax upこのサーフボードは極端な例ですが、汚れたワックスが何層にも重なっていることが見て取れると思います。黒ずんだワックスはどこか不潔な印象があり、妙にメンタルに響きます…。削り取ったワックスだけで、浮力に影響が出るのに十分な重さがありました。稀に、ワックスをゴテゴテに盛ったサーフボードを抱えている方を見ますが、サーフボードシェイパーへのリスペクトも忘れてはいけません。

僕の場合、5回に1回はベースワックスを剥がし、新たにワックスアップをして、気持ちも一新して次のサーフィンに望みます。サーフィンは自然環境の中で行うスポーツで、ボードの破損は大変危険です。ワックスアップを面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、傷や破損といったボードの状態を把握する上でも大切な情報源となります。黒ずみのない新しいワックスは気分が上がりますし、写真映りも格段に良くなります。

surf board wax up

再度、新しいベースをワックスアップし、次のサーフィンへ。さぁ、次の波へパドルアウト!

MOJANEのお勧めワックスアップツール
Surf wax remover liquid
Surf wax remover liquid
Scraper
Scraper
Fu wax
Fu wax
Categories : SURFING
Tags:, ,

COMMENT

シェア