Blog


yuya hotta 堀田 雄也

真正面からサーフィンに向き合い続ける堀田 雄也のマニューバ

THE CAST FILE NO.03 堀田 雄也

NSA(日本サーフィン連盟)が行うサーフィン検定の中でも、2級以上の取得者は北海道で十数名という狭き門。2017年、晴れて2級に合格した堀田 雄也くんは、”今”の北海道サーフシーンに着実に足跡を残すMOJANE SURFの引率者の一人です。9月某日、日帰りサーフトリップにて、級検定当日の心境や日々の練習法、次に掲げる目標など、サーフィンへの熱い思いを語ってくれました。

INTERVIEW
YUYA HOTTA

yuya hotta 堀田 雄也

ついに手にした超難関
NSAサーフィン検定2級

moro : まずはNSA2級合格おめでとうございます。MOJANE SURFメンバー全員が待ち望んでいました。4年越しの挑戦となった今シーズンですが、「今回はイケる!」という感覚はありましたか?

yuya : 正直なところ、50/50でした。審査時間の15分間の中でポテンシャルのある波が1本か2本来てくれれば、メイクできる可能性はあると思っていました。


moro : 検定当日の波は、台風の影響もあって大きかったと聞いています。どのような意気込みで臨みましたか。

yuya : 波は胸~肩~頭くらいのサイズがあって、僕が得意とする波でした。波数も多かったですね。全部で4本の波に乗った中で、最初から良い波が来てくれて、パドルバックしつつ2本目、そして3本目もすぐにタイミングが合い、波待ちはほぼしませんでした。「リラックスして、いつも通りのサーフィンをやるだけだ」という気持ちでした。


moro : 級検定の審査では、各級で必要とされる技を全てクリアした人から名前を呼ばれていくので、その場で合否が分かります。合格を知った時の率直な感想を教えてください。

yuya : まずはもう、ホっとしましたw「よかったぁ…」っていう感じで、嬉しいとはまた全然違った感情でしたね。

yuya hotta 堀田 雄也

目標に一歩一歩近付いて行く
堀田流、スランプの突破法

moro : NSA2級を目指す中で、MOJANEメンバーは雄也くんが苦しむ姿も見てきました。

yuya : 全然上手くならない時期ってあるんですよね。そして同じ失敗をするんですよ、サーフィンって。僕の場合は、田中岳宏さんのコーチングを受けていたので、困ったときに聞ける環境がありました。アドバイスを聞いて、修正点が直るまで意識し続けるというか…出来ないことに向き合い続けて、一つ一つクリアしていく感じです。出来ないことをやろうとすることがサーフィンですから。でも、出来ない時期が長く続くと性格が暗くなるっすね。

堀田 雄也20歳、サーフィンとの出会い

moro : 雄也くんがサーフィンを始めたきっかけを教えてください。

yuya : アルバイトの取引先の方に誘われたのが最初です。20歳でしたね。流行もあって、僕もやってみたいと思っていたところだったので、中古の道具を譲ってもらって揃えました。


moro : サーフィンは上達にとても時間がかかるスポーツですが、最初は誰かに習いましたか?また、どんな練習をしていましたか?

yuya : 我流です。当時は誰かに教わるとかよりも、テクニック本で読んだことをスケートボードで練習して、影を見ながらフォームを確認して、それを海で試す。そんな方法でアルバイト仲間と一緒にサーフィンを楽しんでいました。

yuya hotta 堀田 雄也

行き詰った自己流のサーフィンに
風穴を開けたコンペティション

moro : これまで多くの大会で結果を残してきた雄也くんですが、大会に挑戦してみようと思ったのはいつでしたか?

yuya : 我流でサーフィンをやっていると、ある程度でストップしてしまうんですね。全く上手くならなくなったんです。大会に出たら上手くなるという話を聞いて、出てみようと思いました。緊張するのは凄く嫌でしたけどね、でも上手くなりたいじゃないですかw


moro : 大会や級検定に出場することで、様々な年代や他エリアからのサーファーを目にする事になったと思います。刺激を受けたライバルはいましたか?

yuya : 自分の中で勝手に決めたライバルはいました。大会は、ホームビーチ以外の人も多いので、見たことないサーフィンが見れるんですよ。個性あるサーフィンをする人もいるし、上手な人も多いから、ヒントは沢山あったかもしれません。具体的に誰かを目指すことよりも、試合で技を綺麗にメイクしたいという思いが強かったです。

yuya hotta 堀田 雄也

自己評価だけでは進まない
検定試験で行うサーフィンの答え合わせ

moro : NSA2級を目標に設定したのはいつ頃でしたか?

yuya : ある大会のAクラスで優勝して、2級保持者がいるSクラスにランクアップした時です。手が届かないものだった2級が身近になってきて、俺も取れるのかなって。まだまだ上手くなりたいという気持ちからでした。


moro : 大会で結果を出しても、より高い目標を掲げて練習していたんですね。

yuya : 検定は、技術的に最も分かりやすい目安になります。自分のサーフィンを見る機会って少ないので、自分では出来たと思って盛り上がっていても実は全然出来てなかった、なんてこともあるんですよ。目を覚まさせてくれるものが級検定です。級検定に受かれば、この技は確実に出来ているという証明になります。それは自信に繋がるし、次のステップに進むことが出来ます。

yuya hotta 堀田 雄也

頭で理解し、陸で覚えて、海へ向かう。

moro : サーフィンの上達には目標設定の他にどんな努力が必要だと感じていますか。

yuya : 田中さんのコーチングを受けるようになってからは、努力というよりも、言われたことを全部出来るようにするつもりで取り組んできました。でも、今も田中さんが言うことの半分くらいしか出来てないかな。2級を知っている田中さん指導の下、2級の演技を知ることから始めました。まずは頭で覚えて、次にスケート、最後にサーフィンで体に落とし込む、という順序です。

yuya hotta 堀田 雄也

サーフィンにおける
スケートボードの重要性

moro : 恐ろしく片減りした雄也くんのウィールには衝撃を受けました。このウィールからも雄也くんの練習量が伺えます。やはりスケートボードは重要な練習方法ですか?

yuya : サーフィンはスケボーがなかったら絶対に上手くならないです。いきなり海の上でアップスの動きをマネするって無理でしょう?体の動かし方が分からないじゃないですか。まずは陸で体に動きを覚えさせることが正確なフォームに繋がると思います。

yuya hotta 堀田 雄也

田中鬼軍曹による”2級に受かる為”のコーチング

moro : MOJANEのアドバイザー兼コーチを務める田中 岳宏さんとの出会いは?

yuya :高校時代のバイト仲間(安田祐介くん)が、海でケタ違いに目立っていたサーファーに「どうすればそんなに上手くなれるんですか?」って話しかけちゃったんです。それが田中さんでした。その時田中さんは「スケボーやる?」って、海から上がってそのままスケボーを教えてくれたそうです。僕はもともと海で田中さんを見ていたので、顔も名前も知っていました。だからその話を聞いたときは「お前、マジかよ。あの人に話しかけるなんて!」っていう感じでしたw 後日、MOJANEで田中さんのスケートボードのスクールに一緒に行かないかと誘われたのがきっかけになり、コーチングを受けることになりました。大きな出会いです。


moro : 田中さんのコーチングを受けて、良かった点はありますか。

yuya : 田中さんは、技術を見せるだけじゃなく言葉で説明してくれるので、とても分かり易くて無駄がないと思います。例えば「オフザリップはどうするんですか」という質問に、オフザリップという技を言葉にしてしまうんですよね。”レール”っていうワードが凄く難しく感じていた時も、「レールを使えばいいんだよ」ってよく聞くけど”使う”という体感が分からない。そこを言葉にして頭に入れてくれるんです。一つ一つの技の正しいフォームの実演と解説をしてくれますから、要は、波に乗った時にそのフォームが取れさえすれば、技は出来てしまうんですよね。敵わないっすね。

yuya hotta 堀田 雄也

1 2
Categories : SURFING
Tags:, ,

COMMENT

シェア

MOJANE [モジェーン]

営業時間 11:00-21:00 水曜定休
北海道札幌市 中央区南3条西1丁目12番地2F